福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

ブログ

12月1日 AWAY vs.ロアッソ熊本戦!!

2019年11月29日 (金)

今節は、ロアッソ熊本との一戦!!

熊本は、J2昇格のかかった中で絶対に負けられない一戦。

 

そんな熊本相手に選手達も気合十分!

必ず勝利し、ホーム最終戦を迎えます!!

 

サポーターの皆さん、熱いご声援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

さて、本日のブログは

前節の振り返りとロアッソ熊本戦へ向けて、

松田監督・堀田選手・橋本選手・田村選手のコメントをお届けいたします!!

 

 

—————————————————————————

 

◆ 松田岳夫 監督 コメント

 

 

Q:八戸戦を振り返って。

A:グラウンドの問題は仕方ありませんが、

1週間トレーニングしてきたことが朝の状態ではできないと思いましたし、

できないことが前提でゲームに入りました。

その中でできるとなった時のプレーの使い分け、判断の変化で対応するのはすごく難しかったです。

それでもゲームは数字上は支配していたので、

もっとゴールに近づかねばならず、課題の多いゲームでした。

 

 

Q:DFを3人入れ替えて戦うことについて。

A:3人出られないのは痛いですが、

この1年間ずっと一緒にトレーニングしてきて、やるべきことはしっかり理解していますし、

今まで出場機会の少ない選手が出ることは全く心配していません。

逆に空回りしないよう冷静にプレーして欲しいです。

プレッシャーの中で何ができるか未知数ですし、

マイナス方向に行くこともありますが、

プラス方向に行く想像の方がしやすいですし、楽しみです。

 

 

 

Q:残り2戦昇格争い中の相手との対戦で心掛けたいことは?

A:勝ちを求めていくことは大前提ですが、

チームのスタイルや1年間やってきたことを考えると、

守備はもちろん、攻撃でボールを意図的に動かし、相手を動かし、

ゴールへの道をたくさんつくることをゲームの中で出したいですし、

そこにこだわりをもってしっかりやっていきたいです。

 

SPHT9691

 

 

—————————————————————————

 

◆堀田大暉 選手(GK/1) コメント 

 

 

Q:八戸戦を振り返って。

A:最初グラウンドに水たまりがあったので、

割り切ったプレーで入って上手く点が取れましたが、

時間が経つとボールを回せるということにみんなが気づき始めて、

サッカーを変えようとしたのですが、変え始めてから上手くシュートまで行く機会が減り、

後半は相手に長い時間ボールを握られて逆転を許し悔しい敗戦でした。

序盤良かったのはシンプルに背後を狙い全体を押し上げ前で起点をつくれたからだと思います。

 

 

Q:DF3人が入れ替わる中、意識したいことは?

A:1年間このメンバーでずっと練習してきて、

考えてやってきたことはみんな共通していますし、誰が出ても求めるサッカーは変わりません。

監督が言っているようにもう一個上に進化していくためには

要所要所でチャレンジが必要になります。

試合の中でチャレンジするところはしっかりチャレンジして、

もう一個上の段階に行けるように頑張って行きたいと思います。

 

 

 

 

Q:熊本戦への意気込みは?

昇格がかかっていて意気込みが強い状態で、

チーム全体で上に上がるという気持ちのある相手に、僕たちは何もプレッシャーが無いので、

チャレンジャーとして、思い切り自分たちの目指しているサッカーに向かって

勝ちを求めてやってきたいですし、(元福島で熊本の)田村翔太とは同い年なので

負けたくない気持ちがあります。

今季ダブル(同じ相手に2勝)がまだできておらず、達成したいので頑張ります。

 

SPHT0004

 

—————————————————————————

 

◆橋本拓門 選手(MF/10)コメント 

 

 

Q:八戸戦を振り返って。

A:先制するところまでは立ち上がりということもあって、

前への意識があって良かったと思いますが、それ以降は相手に主導権を握られたので、

もっとチームとしてボールを動かす意識をもってやらないといけません。

自分たちのスタイルであるボールを動かすというところで、

前への意識が高くなって速い攻撃になってしまい、ゲームが落ち着かなかったと思います。

 

 

 

Q:DF3人が入れ替わる中、意識したいことは?

A:3人出場できませんが、いつも通りやることは変わらずやっていきたいです。

みんなチームとしてやるべきことは理解していると思います。

チームで連携していつも通り自分達のサッカーをやりたいと思います。

 

 

Q:残り2戦昇格争い中の相手との対戦で心掛けたいことは?

A:1年間自分たちがやってきたことを、昇格のかかっている相手にどれだけできるか、

チャレンジしていきたいと思います。

 

 

Q:熊本戦への意気込みは?

A:熊本は昇格の可能性があって必死に来ると思いますが、

それを上回れる戦いができれば良いと思います。

どんどんボールに関わってゲームをつくれれば良いと思います。

 

SPHT6207

 

 

—————————————————————————

 

◆田村亮介 選手(MF/23)コメント

 

 

Q:八戸戦を振り返って。

A:立ち上がり裏を狙いに行くと言っていたのですが、

グラウンド状況的にボールがつなげるとなったので、

そこで全体の把握が上手くいっていなかったのもありますし、

自分たちがボールを持つことを認識してやれればもっと良くなったと思います。

相手がプレッシャーに来る場面で自分たちがスペースを一歩二歩左右に動くとか、

相手のプレスを外すという場面が少なかったので、ボールが回らなかったと思います。

 

Q:残り2戦昇格争い中の相手との対戦で心掛けたいことは?

A:相手も前からどんどん来ると思いますし、

絶対J2に上がりたいという気持ちで来ると思います。

自分たちは失うものも何も無いので、思い切ってできます。

相手が来るのを楽しみながらワクワクしながら、前向きに積極的にプレーできたら良いと思います。

 

Q:熊本戦への意気込みは?

A :相手が上手くてつないできますが、自分たちもそういうサッカーをしたいので、

どれだけ自分たちの色を出して積極的にできるかが大事だと思います。

 

SPHT0019

 

 

—————————————————————————

 

2019明治安田生命J3リーグ 第33節
12月1日(日) 14:00キックオフ
ロアッソ熊本 vs. 福島ユナイテッドFC
@えがお健康スタジアム

 

 

 | 
Top