福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

ブログ

11月17日 AWAY vs.ガイナーレ鳥取戦!!

2019年11月16日 (土)

今節は、ガイナーレ鳥取との一戦!!

 

前回対戦時は、先に得点したものの1-2で敗戦。

 

今節は前回の仮を返し、必ず勝利します!!

 

サポーターの皆さん、2連勝に向かって共に戦ってください!

 

今節も熱いご声援よろしくお願いいたします。

 

さて、本日のブログは

前節の振り返りとカマタマーレ讃岐戦へ向けて、

松田監督・堀田選手・田村選手・雪江選手のコメントをお届けいたします!!

 

 

—————————————————————————

 

◆ 松田岳夫 監督 コメント

 

 

Q:讃岐戦を振り返って。

A:良かったのは勝利、失点0。

それはみんなが頑張った成果だと思いますが、自分たちが思うような展開にはなりませんでしたし、

実際相手の方がボールを持っていて、まだまだという思いが強いです。

実際数字でも出ていてパスを回せていないのは事実です。

広い展開ができなくて、グラウンドの状況も影響していますが、

味方同士の距離感が悪いなどの要因もあります。乗り越えなければいけない壁です。

 

 

Q:今シーズンも残り4戦。どんなゲームを見せたいか?

A:ここからの対戦相手は全て上の順位で、そのうち3つは昇格がかかりモチベーションが高いチームです。

そうした相手に臆せずやるべきことができるか、

そして相手のエネルギーを感じることは若い選手にとってプラスです。

ギリギリの状態を肌で感じられる機会なので、全力で戦って何が足りないか確認するチャンスで、

良いことがたくさんある残り4試合です。

 

 

 

Q:鳥取の印象と戦いのポイントは?

A:フェルナンジーニョが前でいろんな味付けをしてくるのが嫌なところで、

ボールも上手に動かせて良いチームです。

ただ、相手は全部勝たないといけない状況なので、

綺麗なサッカーではなく泥臭く必死にサッカーしてくると思います。

うちが受けて立つのではなくて、同じ思いを持って戦わないとやられてしまいます。

メンタルが大きな要素を占める試合になると思います。

 

SPHT5485

 

 

—————————————————————————

 

◆堀田大暉選手(GK/1) コメント 

 

 

Q:クリーンシートで終わった讃岐戦を振り返って。

A:ここ何試合かずっと失点が続いていた中で、無失点で抑えられました。

ワンチャンスで得点を取って、自分がやりたかったゲーム展開ができたので、

結果には満足しています。

良いイメージを持っているので次に行かせるよう頑張ります。

ゴール前まで来られても焦らず体を張るとか、最終ラインのマークの受け渡し、

コンパクトさなど細かいところを徹底できたのが無失点につながりました。

 

 

Q:今シーズンも残り4戦。どんなプレーを見せたいか?

A:前節のような無失点の試合を続けていきたいのと、残り4戦昇格のかかった相手が多く、

プレッシャーがかかるので、相手の圧に負けないよう、次節の鳥取も攻撃力があるので、

前節守備でできたことにプラスしてもっと体を張る部分が出てくるので、

最後のところでしっかりしのぎきって、残り4節連勝していけるように頑張って行きたいと思います。

 

 

Q:鳥取戦への意気込みは?

A:フェルナンジーニョが嫌らしいプレーヤーなので、

隙を与えてしまうと自由にやられてしまいます。

隙を与えないのと、最後のところで踏ん張るところを意識してやっていきたいと思います。

 

SPHT5439

 

 

—————————————————————————

 

◆ 田村亮介 選手(MF/23))コメント 

 

 

Q:1アシストの讃岐戦を振り返って。

A:奥のヒグさん(樋口寛規)も見えていたのですが、

雪江(悠人)はヘディングが強いのでどうにかしてくれるだろうと、

ちょっと後ろでしたが、めがけて蹴ったら入れてくれたので良かったです。

自分たちがボールを持てない状況で相手の方が支配率も高い中、

我慢してゲームを進めて勝てたのは良いことです。

今までより声が出ていてまとまりがあり、意思疎通もできていたので、継続していきたいです。

 

 

 

Q:今シーズンも残り4戦。どんなプレーを見せたいか?

A:ゴールを取ることもありますし、4戦全部勝つ気持ちなので、

相手が上位のチームで自分たちは昇格できない中、

ここで苦戦させてやろうという気持ちがあります。

こちらは思い切って戦うだけなので、積極的にプレーできたら良いと思います。

 

 

Q:鳥取戦への意気込みは?

A:勢いを持ってくると思いますので、自分たちも負けずにマイボールを長くして

シュートいっぱい打ってゴールをいっぱい取って勝ちたいです。

 

SPHT5413

 

 

—————————————————————————

 

◆雪江悠人 選手(FW/39)コメント

 

 

Q:1ゴールの讃岐戦を振り返って。

A:自分たちのサッカーはさせてもらえませんでしたが、

全員で声をかけて意識を統一して守備ができていましたし、

最近失点が続く中無失点で勝てたのは大きかったです。

ゴールシーンは(田村亮介選手と)目が合ったので、上がってくるかなと思ったら合わせて入って良かったです。

 

Q:今シーズンも残り4戦。どんなプレーを見せたいか?

A:最近結果を出せてきていると思いますので、

継続してやって、チーム全体の自分の役割をもう少し徹底してやりたいです。

 

Q:鳥取戦への意気込みは?

A :鳥取は勢いもあって、前線からプレッシャーもかけてくるので、

厳しい試合になると思いますが、自分たちのサッカーをやって勝てれば良いと思います。

 

SPHT5847

 

 

—————————————————————————

 

2019明治安田生命J3リーグ 第31節
11月17日(日) 13:00キックオフ
福島ユナイテッドFC  vs. ガイナーレ鳥取
@とりぎんバードスタジアム

 

 

 | 
Top