福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

ブログ

11月10日 HOME vs.カマタマーレ讃岐戦!!

2019年11月09日 (土)

今節は、カマタマーレ讃岐を迎えての一戦!!

 

前回対戦時は、惜しくも1-2で敗戦。

 

前回対戦時よりもパワーアップした福島のサッカーで

 

今節は何としても勝利したい!!

 

サポーターの皆さん、久しぶりの勝利に向かって共に戦ってください!

 

今節も熱いご声援よろしくお願いいたします。

 

試合情報はこちら⇒http://fufc.jp/news_cat/201911032000

 

さて、本日のブログは

前節の振り返りとカマタマーレ讃岐戦へ向けて、

松田監督・星選手・吉永選手・武選手のコメントをお届けいたします!!

 

 

—————————————————————————

 

◆ 松田岳夫 監督 コメント

 

 

Q:富山戦を振り返って。

A:言い訳にしたくないですが、風とグラウンドが、

自分たちが集中してできる状況でなかったのは事実です。

それをなんとか乗り越えようとするあまり、

スピードが上がってしまったり周りが見えなくなったり悪循環に陥ったのが前節だったと思います。

 

 

Q:積み上げたことを出せない時もあるのは若さ故なのか?

A:若い選手は今年スタートしてからやれることも増えて変化し、

成長していますが、まだまだ全然な部分もあります。

成長の途中段階にありますので、空回りすることも通過しなければいけません。

継続すれば時間が解決するというイメージはあります。

 

 

 

Q:讃岐の印象と戦いのポイントは?

A:今、ケガ人が多いようですが個々はしっかりしています。

勝負強さがあるチームで、昨年J2にいたので、嫌な相手です。

前節はうちがボールを持つ時間が長かったのにそういう印象がありません。

もっとゴールに近づくべきですし、自分たちがやるべきことをやって

相手の良さを消すよりまず自分たちの良さを出したいです。

グラウンドや風で全て積み上げたものができなくなる部分を修正したいです。

 

SPHT3520

 

 

—————————————————————————

 

◆星広太 選手(MF/14) コメント 

 

 

Q:富山戦で1ゴール!富山戦を振り返って。

A:Fをやっていますが、攻撃に特長のある選手なので、

ゴールやアシストでチームに貢献したいといつも思っています。

次の讃岐戦もチームの勝利につながる活躍をしたいです。

 

 

Q:今月から天然芝グラウンドで練習できることについて。

A:試合も天然芝ですし、試合と同じ環境で練習できるのはメリットですから、

そのメリットを試合で生かしたいと思います。

 

 

Q:讃岐戦への意気込みは?

A:まだ1回しか対戦していないのであまり印象は無いですが、

ミーティングでスタッフが特長を出してくれるので、

自分の中で整理しながら試合に臨みたいです。

相手どうこうよりまずは自分たちのサッカーをするのが大事です。

それができれば自ずと結果がついてくると思います。

 

SPHT4239

 

 

—————————————————————————

 

◆ 吉永大志 選手(MF/29))コメント 

 

 

Q:初先発の富山戦を振り返って。

A:初スタメンで、結構緊張していました。

緊張がプレーに影響してしまって、自分のプレーが思うように出せませんでした。

ハーフタイムの際に、松田監督からメンタルの部分を指摘され、

後半はいい意味で吹っ切れてプレーすることが出来ました。

 

 

 

Q:今月から天然芝グラウンドで練習できることについて。

A:すごくありがたいです。

今まで天然芝で練習というのは、特別な時しかなかったので、

天然芝で毎日トレーニングできるのは環境にすごく恵まれていると思いますので、

試合に生かせるようにトレーニングからしっかりと取り組んでいきたいです。

 

 

Q:讃岐戦への意気込みは?

A:自分のプレーをしっかり出して、チームに貢献できるよう精一杯頑張ります。

今節もHOMEですので、サポーターの皆さん引き続きご声援よろしくお願いします。

 

SPHT3863

 

 

—————————————————————————

 

◆武颯 選手(FW/9)コメント

 

 

Q:J3得点王を狙える位置をキープしていますが、今シーズンゴールを取れている理由は?

A:昨年よりは確実にシュートを打つ回数が圧倒的に多いです。

打っているからゴールが入っていると思います。

自分たちがボールを持っている時間が多いので、攻撃の回数も多いですし、

いろんな動きを出しやすくなり、たくさんチャンスがあるので得点が取れています。

背後へのランや、守備から攻撃への切り替えが上がってきているので2桁得点につながっています。

 

Q:シュートを打つ部分でこだわっていることは?

A:昨年よりシュートを打つ感覚が上がっていると思います。

シュート練習でもいろんな形のシュートをやりながら、

どんな形でも点が決められるよう練習していますし、

ヘディング右足左足ボレーといろんな形で決めていますので、

感覚は鋭くなってきていると思います。

 

Q:讃岐戦への意気込みは?

A :自分たちはどんな相手でもやることは変わらず、

自分たちのボールを持っている時間を長くして攻撃的なサッカーを見せていきたいです。

相手の背後への動きや流動的な動きなど、いろんなパターンのシュート、アイデアを出していきたいです。

 

A12X9319

 

 

—————————————————————————

 

2019明治安田生命J3リーグ 第30節
11月10日(日) 13:00キックオフ
福島ユナイテッドFC  vs. カマタマーレ讃岐
@とうほう・みんなのスタジアム

 

 

 | 
Top