福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

ブログ

9月29日 vs.岩手戦!!

2019年09月28日 (土)

 

 

明日はJヴィレッジスタジアムへ岩手を迎えてのホームゲームです!

 

 

今節は急な会場変更により、

多くの皆様へご迷惑をお掛けしておりますことお詫び申し上げます。

 

 

ご来場いただく皆様、応援していただく皆様への

感謝の気持ちを熱いプレーで表現し、勝利の喜びを共に分かち合えるよう

全力で戦いますので、今節もご声援をよろしくお願いいたします!

 

 

 

さて、本日のブログは

前節の振り返りと長野戦へ向けて、

松田監督・河西選手・橋本選手・池田選手のコメントをお届けいたします!!

 

 

—————————————————————————

 

◆ 松田岳夫 監督 コメント

 

 

Q:2週間のトレーニングで意識させたことは?

A:チームとしてはもちろんですが、

一人一人がやれることを増やすことにテーマを置いています。

ここまで試合を継続してくると、相手に抑え込まれるシーンも多く見られたので、

プレッシャーがかかった時にできることを増やしています。

個人の戦術的な駆け引きも必要なので、強調しています。

 

 

 

Q:Jヴィレッジのピッチでは福島のスタイルを出しやすいか?

A:サッカーのゲームの中で攻撃も守備も得点も相手を圧倒することを目指しているので、

グラウンドが良い方がやりやすいですし、表現しやすいです。

スタジアムもサッカー専用なので、観客の方も近く、

サポーターの皆さんの声もよく届くので、一体感があり、

福島のみんなで戦っている感じのスタジアムです。

 

 

Q:岩手の印象と戦いのポイントは?

A:2週空いて相手がやり方を変える可能性もありますが、

前回対戦した時から相手は3バックから4バックに変えて、

どちらかと言うとガツガツしたサッカーをやってきました。

プレッシャーのかかった中何ができるかが単純にポイントとなると思いますし、

そこで上回れば結果に表れてくると思います。

 

A12X9208

 

—————————————————————————

 

◆河西真 選手(DF/19) コメント 

 

 

Q:北九州戦を振り返って。

A:グラウンドの状況もありましたが、

自分たちのサッカーがちゃんと出せなかったのが大きかったです。

そんな中でできることもあったので、そうしたチャレンジをもっとやっていきたいです。

 

 

Q:守備の安定のためにさらに改善していきたいことは?

A:一番は失点しないことだと思いますので、

ゴール前の守備、ゴール前まで行かせないところの守備など、

チーム全体としての守備意識をもう一回確認していければ良いと思います。

中盤やFWの選手の守備の質をもっと高めていけば

無失点の試合は増えると思いますし、

全部前の選手が止められるわけではないので、

できなかった時後ろがしっかり抑える準備ができれば良いと思います。

 

 

Q:岩手戦への意気込みは?

A:前回アウェイで負けているので、

借りを返す意味でも良い準備をして気合い入れて戦っていきたいと思います。

 

A12X8839

 

 

 

—————————————————————————

 

◆橋本拓門 選手(MF/10)コメント 

 

 

Q:北九州戦を振り返って。

A:芝が悪い中で、自分たちがやりたいことがなかなかできなくて、

それは相手も一緒だったと思うので、その中でも勝たなければいけない試合でした。

少し縦に速くなってしまったので、中盤のところを使ってから展開することが必要だったと思います。

 

 

 

Q:樋口とボランチコンビを組むことが多くなったが、どうバランスを取り合っているか?

A:ヒグ(樋口寛規)が少し前目でやれる時は

チームが上手く回っていると思いますので、

後ろでプレーさせずに、前でプレーさせることを自分ができれば良いと思います。

人に対して強いので、頼りにしていますので、そうした部分をどんどん出してもらえればと思います。

 

 

Q:岩手戦への意気込みは?

A:前回対戦で何もできず終わってしまいました。

負けられない相手ですし、自分たちのやりたいことを前回やらせた分、

やり返し、圧倒できれば良いと思います。

昔からのライバルチームとは聞いていますし、

他のチームと対戦するよりも勝つ気持ちを出さないといけません。

良いピッチでできるのは自分たちも望んでいましたし、

良い状況だと思うので、どんどんチャレンジして行ければ良いと思います。

 

A12X9200

 

 

 

—————————————————————————

 

◆ 池田昌生 選手(FW/27)コメント

 

 

Q:北九州戦を振り返って。

A:あのピッチコンディションの中で

自分たちのサッカーをするのが難しかったですが、

球際、ハードワークの部分が相手より劣っていました。

そこで上回れないと結果がついてこないのは試合前から分かっていたのですが、

上回れなかったのがあの結果につながりました。

 

Q:ゴールに絡むプレーを増やしていくために必要なことは?

A:もっとゴールに近い位置でボールに関わろうと

意識して重点的に取り組んでいます。

練習中からシュートを打つ回数も徐々に増えていますし、

前を向く回数も増えてきていますので、それを試合でどれだけ出せるかだと思います。

 

 

Q:岩手戦への意気込みは?

A :前回アウェイで負けていますので、

ホームで借りを返したいという気持ちですので、絶対勝ちたいと思います

 

A12X9252

 

—————————————————————————

 

2019明治安田生命J3リーグ 第24節
9月29日(日) 13:00キックオフ
福島ユナイテッドFC vs. いわてグルージャ盛岡
@Jヴィレッジスタジアム(福島県双葉郡広野町大字下北迫字岩沢31-81)

 

 

0929、1019 Jヴィレッジ招待-サイズ変更

 

 

 | 
Top