福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

ブログ

8月10日 HOME GAME vs.藤枝戦!!

2019年08月09日 (金)

今週末は、久しぶりのホームゲーム!!

今シーズン初の公式戦開催、Jヴィレッジスタジアムでの試合となります★

 

Jヴィレッジは2011年3月11日の東日本大震災以降、

福島第一原子力発電所事故の復旧作業における最前線基地としての役割を担い、

トレーニングセンターの機能を停止しておりました。

 

【震災後】スタジアム

 

震災後のスタジアムの様子。

DSC_0041

 

天然芝の美しいピッチも駐車場として使用されていました。

 

たくさんの方々のご協力により、

ついに、昨年の2018年7月にJヴィレッジはトレーニングセンターとして7年ぶりに再始動いたしました。

サッカーだけでなく、福島県のスポーツ文化の復興においてもこれほど喜ばしいことはありません。

 

DCIM102MEDIADJI_0509.JPG 20180911162949

 

S__4079626

 

こちらは、今年のキャンプ時の様子です♪

その節は、大変お世話になりました!

 

 

 

前節、AWAYで沼津相手に大量4得点で勝利!

 

夏の中断期間を前に、ここ4戦負けなしと好調をキープしております。

 

今回の相手は、現在暫定首位の藤枝MYFCさんとの戦い!!

 

開幕戦では残念ながら敗戦した相手・・・

 

今回はホームの力で必ず勝利をもぎ取ります!

 

 

さて、本日のブログは

ここまでの振り返りと熊本戦へ向けて、

松田監督・阪田選手・星選手・小牟田選手のコメントをお届けいたします!!

 

 

—————————————————————————

 

◆ 松田岳夫 監督 コメント

 

 

Q:今週の練習で意識させていることは?

A:基本的にいつもと変わりませんが、暑さが試合に影響しますので、

先日のゲームの課題修正に意識を高く持って行っています。

相手に合わせるのではなく、自分たちがイニシアチブを持ってプレーできたので、

きつかったとは思いますが、気持ち良く動けたと思いますし、嫌なきつさではなかったと思います。

 

 

 

Q:藤枝の印象と戦いのポイントは?

A:守備で人数をかけて全員で守る意識が高く、

攻撃は森島(康仁)が起点となっていて得点力があり、

最後はそこをどう抑えるかが勝負になってきますので、注意を払いたいです。

 

 

 

Q:Jヴィレッジで試合を行うことについて思うことは?

また、Jヴィレッジでの思い出があれば教えてください。

A:福島のチームである以上、福島を背負って戦わなくてはいけません。

チームの存在意義を忘れずに試合に挑みたいと思います。

サッカーの聖地でまた試合ができることに喜びを持って、全力を尽くしたいと思います。

Jヴィレッジの思い出は、日本クラブユースサッカー選手権(U-18・U-15)大会です。

Jヴィレッジと言ったらクラブユースでしょう。指導者のライセンスもここで取りました。

 

JFA05083_189

こちらは、日テレ時代の松田監督です!

 

Jヴィレッジでは、なでしこリーグ時代にマリーゼと対戦した際によくJヴィレッジに訪れていたそうです!

 

 

 

—————————————————————————

 

◆阪田章裕選手(DF/3)  コメント 

 

 

Q:沼津戦を振り返って。

A:気温が高い状況の試合で、うまく先制点を決められたのですが、

取って取られてという状況になり、うまく3~4点目を決められたのが大きかったと思います。

失点シーンはこちらのミスからで、今シーズン結構多い形なので、

そこはやり続けるしかありませんし、暑い中でも集中力を持たないとまたやられてしまいますから、

次の試合でもしっかりやっていきたいです。

相手陣内でやりきれないなら、相手陣地でボールを動かし、

相手を疲れさせ隙を見てスピードを上げるプレーを増やさないと苦しくなります。

 

 

Q:ここのところ4戦負け無し。好調の要因は?

A:4試合とも先制点を取っていますので、そこが重要になってきます。

前線から良い守備をしてくれているのも大きいです。

 

 

Q:藤枝戦への意気込みは?Jヴィレッジでの思い出は?

A:ホームなのでしっかり勝たないといけませんし、連勝すると上の順位に行けますので、

首位相手ですが、自分たちのサッカーをして勝てるように良い準備をしていきます。

Jヴィレッジの思い出は、Jリーグの新人研修が思い出です。

 

CO07_010

新人研修を終え、初のプロ生活を迎えたセレッソ大阪時代の阪田選手です!

JL08102_157

若いですが、トレードマークのおひげはこの頃から変わっていないようです。笑

 

 

 

 

 

—————————————————————————

 

◆星広太選手(MF/14)  コメント 

 

 

Q:1ゴールの沼津戦を振り返って。

A:結果的に自分が決められましたが、チーム全員で戦った結果なので、勝てて嬉しく思います。

サイドバックだと前を向いてフリーでボールを受けられるので、自分が違いを出すことを意識しています。

 

 

 

Q:4戦負け無し。好調の要因は?

A:全員がハードワークして同じ方向を向いて戦えているのが結果につながっています。

監督も求めているので、もっと質を高めていきたいと思います。

 

 

Q:藤枝戦への意気込みは?Jヴィレッジでの思い出は?

A:数少ないJヴィレッジでの試合なので、チーム全員で勝てるように頑張るので

サポーターの皆さん、応援よろしくお願いいたします!

中高の全国大会(日本クラブユースサッカー選手権大会)がJヴィレッジであったので、

そこで試合をできて嬉しいです。

広太 マリノス

こちらはマリノスユース時代の星選手♪ 若いですね~!!

A12X1835

福島を引っ張るプレーに期待です!!

 

 

 

 

 

 

—————————————————————————

 

◆小牟田洋佑選手(FW/18)  コメント

 

 

Q:2アシストの沼津戦を振り返って。

A:チームも調子が上向きだったので、

リズムを変えないように勝ちにこだわってやることを意識していました。

自分としても点を取るのが一番ですが、とにかくゴールに絡めれば良いと思ったので、

アシストという形がついて良かったと思います。

 

Q:FWの競争が激しい中、どんなプレーを心掛けたいか?

A:やっぱりFWの一番の仕事、点を取ることがまず一番です。

シュートチャンスがあったらどんどん打っていきたいです。

自分が監督に求められているのはポストプレーなので、

そこでミスを少なくすればチームの勝利につながると思うので心掛けていきたいです。

 

 

Q:藤枝戦への意気込みは?Jヴィレッジでの思い出は?

A : 相手は首位で波に乗っていると思いますが、

そのチームを倒せば僕らももっと上の順位に行けると思います。

一桁順位に行けるかもしれないので、次勝って波に乗りたいと思います。

Jヴィレッジはキャンプで今年行ったのが初めてでした。

設備も整っていますし、すごく快適にキャンプ生活を送ることができました!

今年のプレシーズンではいわきFCに敗れてしまったので、良い思い出に書き換えたいです。

 

SPHT5785

 

A12X1848

 

 

 

—————————————————————————

 

JFA08131_d19

 

こちらは震災前、Jヴィレッジをホームスタジアムとしていた

東京電力女子サッカー部マリーゼさんの写真です。

 

JFA07175_008

 

震災後、原発の影響によりチームは解散となりました。

福島県で活動するJクラブとして、サッカーができずにチームを離れた選手やスタッフ、

関係者の方々の思いを胸に

『ひたむきに全力で戦う』

サッカーを通じて、福島の皆さんに元気と笑顔を届けられるよう頑張ります!!

 

 

 

—————————————————————————

 

2019明治安田生命J3リーグ 第20節
8月10日(土) 16:00キックオフ
福島ユナイテッドFC vs. 藤枝MYFC
@Jヴィレッジスタジアム

 

—————————————————————————

 | 
Top