福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

ブログ

7月7日 AWAY vs.ザスパクサツ戦!!

2019年07月07日 (日)

今節はAWAYでザスパクサツ群馬との対戦です!!

 

ナイターの試合は北九州戦に続いて、今シーズン2度目になります!

 

今節も熱いご声援よろしくお願いします!

 

 

さて、本日のブログは

ここまでの振り返りと群馬戦へ向けて、

松田監督・輪笠選手・星選手・武選手のコメントをお届けいたします!!

 

 

—————————————————————————

 

◆ 松田岳夫 監督 コメント

 

 

Q:今週の練習で意識させていることは?

A:力強さとしっかり判断すること、スピードをコントロールすることはいつもと変わりませんが、

力強さという部分で前節出せた部分は、引き続き出せるようにしていきたいと思います。

 

 

Q:輪笠を右SBからボランチへ移した理由とその効果は?

A:元々ポジションに誰かを当てはめるのではなく、

その選手がどこが向いているのかを練習の中で見極めて試合で使っています。

輪笠はサイドバックもできますが、ボランチもできます。

今の彼のプレースタイルを考えるとボランチが適任だと思ったので、そういう起用をしました。

まだ1試合ですが、ボールに対しての力強さは十分発揮してくれたので、今節も期待しています。

 

 

 

Q:群馬の印象と戦いのポイントは?

A:群馬は力強さを持っています。サイドからの攻撃が多く、

クロスも強いですので、そこでやられないようにしたいです。

当然横からの攻撃はサッカーにおいて大事な武器で、前節は自分たちもそういう部分を出せたので、

いろんな形でゴールを目指せるようにしていきたいです。

HATY7863

 

 

 

 

 

—————————————————————————

 

◆輪笠祐士選手(MF/6)  コメント 

 

 

Q:C大23戦を振り返って

A:状況が状況で、やりたいサッカーはできませんでしたが、

最低限普段からやらなければいけない部分がもろに出た試合だったので、環境は言い訳にできません。

1点の重みは試合前から意識していた中、簡単に失点して自分たちで試合を難しくしました。

でも後半は修正できてやるべきことをやって攻撃にも厚みを出せて、

環境に合わせてクロスを多めとか前に人数を増やすなどできて、攻撃に迫力を出せました。

 

 

Q:ボランチでプレーしてみての手応えと今後の修正点は?

A:念願のボランチでしたが、ピッチコンディションも悪くて、自分がやりたいような間で受けて、

ボールに多く触る部分は出せませんでしたが、自分も得意としている球際で強く行く部分は出せました。

ただ、球際の部分がもろに出た試合でもあったので、

もっとそこで自分が存在感を出せれば前半は楽だったと思います。

 

 

Q:群馬戦への意気込みは?

A:ナイトゲームというのは特に関係なく、明日から日々良い準備をして試合に臨めたら、と思っています。

昇格を狙っていて、モチベーションも高い相手に勝てれば、自分たちものって行けます。

まずは勝点3を絶対取れるように、その中で良い内容で勝てるようにしたいです。

(ボランチで出場したら)ボールに多く触って攻撃をうまく回して、

ゴールに絡むプレーも意識して出していきたいです。

 

輪笠

 

 

 

 

 

—————————————————————————

 

◆ 星広太選手(MF/14)  コメント 

 

 

Q:C大23戦を振り返って

A:前半なかなかうまくいかないことが多かったですが、後半チームとして修正して、

勝ちきれませんでしたが、同点に追いつけたのはチームとしての成長だと思いますので、良かったと思います。

自陣ではハッキリとしたプレーをして、

相手陣内では落ち着いて相手の嫌なことをやろうと後半意識してやったのが

少しはうまくいった部分があったので、その質を高められればゴールにつながると思います。

 

 

 

Q:前節ミドルシュートが多かったが、今攻撃で意識していることは?

A:サイドバックをやっていますが、自分の特長は前でゴールに絡むことなので、

自分でゴールを奪いたいという気持ちはすごくあります。それがシュートにつながっていると思います。

 

 

Q:群馬戦への意気込みは?

A:個人的にナイトゲームは動きやすくて、コンディションは持って行きやすいです。

これ以上、上と離されたくないですし、上に行くには勝たなければいけません。

上位のチームですが勝てるようにチーム全員で戦いたいと思います。

 

 

星

 

 

 

 

—————————————————————————

 

◆武颯選手(FW/9)  コメント

 

 

Q:1アシストのC大23戦を振り返って

A:ピッチコンディションが悪かった中で、自分たちはいつものようにパスをつなぐサッカーができなくて、

割り切った状態で前の長身FWに対してボールを当てて

それに対して前向きにサポートしたりクロスを多くしたりして、シンプルな攻撃をしました。

クロスに対して必ず触ろう、一発で決まらなくても前が触れば何かが起きると触った結果

カカ(イスマイラ)が決めてくれて良かったです。

 

Q:サイドハーフに入っての手応えは

A:最近練習でもサイドをやることが多くて、FWよりボールをもらえますし、

仕掛ける、パスをする、クロスをするという役割がハッキリしていてやりやすいので、楽しくできています。

 

Q:途中出場が続いているが、出場した時一番意識していることは?

A : 途中で入るので、体も頭もフレッシュです。

苦しい時間帯に自分のプレーでチームを元気づけ、パワーアップできるように意識しています。

 

Q:群馬戦への意気込みは?

A : 前節引き分けましたが、自分たちは高い順位にいるわけではありません。

自分たちのサッカーをして、勝点3を必ず取って帰りたいと思います。

 

SPHT9568

 

 

 

—————————————————————————

 

2019明治安田生命J3リーグ 第15節
7月7日(日) 18:00キックオフ
ザスパクサツ群馬 vs. 福島ユナイテッドFC
@正田醤油スタジアム群馬

 

 

 

—————————————————————————

 | 
Top