福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

ブログ

今週はアウェイで首位!FC琉球戦

2018年10月11日 (木)

 

 

 

皆さん、こんにちは!

 

 

 

 

今週はアウェイ沖縄県:タピック県総ひやごんスタジアムにて

首位  FC琉球   さんとの戦いです!

 

 

現地に行かれる皆さん、お気をつけてお越しください!

 

■試合情報や観戦ルールについては、FC琉球さんのホームページをご覧ください◎

( http://fcryukyu.com/

 

 

 

さて、本日のブログは

前節の振り返り、そしてFC琉球戦へ向けて監督・選手コメントをお届けします。

 

 

—————————————————————————

 

◆田坂和昭 監督 コメント

 

 

Q:前節の結果を受け、選手にどのようなアプローチをしているか?

A:足りないところもあった試合だったが、

かといって悲観することもなく積み重ねが大事です。

残りのシーズン、積み重ねることは積み重ね、

足りないところは補う努力をしなければなりません。

何もブレることなくわれわれがやっていることをやるしかないという話を選手にしました。

 

 

Q:今節以降上位チームと連戦となるが、重要となるところは?

A:上位だから、と言うより目の前の敵とどう戦うかが大事です。

次節の琉球は調子が良く今1位ですが、

その要因が何なのか目を向けていかなければなりません。

上位の連戦だからといって特別何か変えるつもりは全くありませんし、

われわれは目の前の敵にわれわれのやり方で戦うということをやっていきたいです。

 

 

Q:琉球の印象と戦い方のポイントは?

A:好調の原因は得点が取れていることで、

どの試合を見ても完全に圧倒しているわけではなく、

ピンチも招いていますが、それを何とかしのいでチャンスで得点を決め、

相手が前に出ることでまたカウンターを決めています。

攻撃陣5人はクオリティとアジリティがあるので注意したいです。

こちらも守り一辺倒になるつもりはなく、

チャンスを数多くつくって得点を取りに行きたいと思います。

 

 

 

vsFCtokyoU23_0539

 

 

—————————————————————————

 

◆ 宇佐美宏和選手(DF/4)  コメント 

 

 

Q:前節は出場停止。スタンドからチームを見て思ったことは?

A:上から見ていても何もできていない感じがありました。

ボールをずっと回されているだけで、止める蹴るの能力や、

ボールの取りどころを決めないといけません。

そういったところを中に入って自分ができれば、と思います。

 

 

 Q:残り試合どういったプレーでチームに貢献したいか?

A:センターバックであれば失点しないような守備をしたいです。

失点しなければ負けません。

サイドバックであれば攻守上下動してしっかり走りたいと思います。

 

 

Q:琉球戦への意気込みは?

A:琉球は勢いに乗っているチームですし、

そのチームを叩ければ自分たちも上の順位に行く可能性はあると思います。

アウェイの地で勝点3絶対取る覚悟を持ってやっていきたいと思います。

 

 

vsNAGANO_0189

 

—————————————————————————

 

◆ 池田昌生選手(FW/27)  コメント

 

 

Q:前節は途中出場。F東23戦を振り返って

A:攻撃の部分ではいつも監督から求められている

流れを変える役目を意識していましたし、

流れが変わっているのは自分でも分かっていて、それはできていたと思います。

自分としては2失点目で自分のバックパスを相手に取られたので、

そこは反省しないといけませんが、もう次に切り替えています。

 

 

Q:残り試合どういったプレーでチームに貢献したいか?

A:サイドから仕掛けて行ってチャンスメイクしつつ、

自分自身も結果にこだわって得点やアシストなどしたいです。

チームももう後がないと思いますので、

チームの勝利に貢献できるようにやっていきたいと思います。

 

 

Q:後半頭からとラスト15分の出場では違いがありますか?

A : ラスト15分は試合の展開的にも攻守が激しく変わり、

どんなに良いアップをしても乳酸が一気に溜まるので頑張るしかないのですが、

後半頭からだと流れが激しくなく体力的には楽なので、

長い時間出た方が良いパフォーマンスが出せると思います。

 

 

vsFCtokyoU23_0547

 

 

—————————————————————————

 

◆ 三橋秀平選手(MF/13) コメント 

 

 

Q:前節は途中出場。F東23戦を振り返って

A:久しぶりのJ3公式戦でしたが、緊張と言うより楽しみな気持ちが強くて、

ケガ明けから時間はかかりましたが、感覚的には大丈夫でした。

結果は残していませんが、自分の中で納得いくプレーもあったので、

続けていきたいと思います。

途中出場の時は自分がどういう役割なのかを考えますが、

前節は負けていて短い時間だったので、

アクションの頻度を高くしてチームに貢献しようとしました。

 

 

Q:残り試合どういったプレーでチームに貢献したいか?

A:サッカーは点を取るスポーツですが、

ゴールだけでなくアシストを含めて、チームに必要な選手になりたいと思います。

 

 

Q:琉球戦への意気込みは?

A:結果にこだわってチャンスがあれば

ゴールやアシストができるようにしっかり準備して試合に備えたいです。

ゴール前での判断やドリブルを見て欲しいです。

 

 

vsFCtokyoU23_0507

 

 

—————————————————————————

 

 

 

今回はNCV福島センターにてパブリックビューイングを行います!

現地へ行けない・・・という皆さん、福島からパワーを送りましょう!

ぜひ、パブリックビューイング会場へお越しください~(*^_^*) ♪

■詳細はこちら( http://fufc.jp/news_cat/201810091112

 

DSC_0064

 

 

 

<お知らせ>

■下記URLからDAZNにお申込みいただくと、ご利用料金の一部がチーム強化費に充てられます!

ぜひ、こちらのURLからご入会ください!

http://prf.hn/click/camref:1100l39ci/creativeref:1011l20497

 

 

 

今節も熱いご声援をよろしくお願いいたします!

 

 

 

vsFCtokyoU23_0003

 

 

 

 

2018明治安田生命J3リーグ 第27節
10月13日(土) 18:00キックオフ
FC琉球 vs. 福島ユナイテッドFC
@ タピック県総ひやごんスタジアム

 

 

 

 | 
Top