福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

ブログ

1ヵ月ぶりのホームゲーム☆

2018年06月01日 (金)

 

 

 

 

皆さん、こんにちは!

 

 

 

今週も1週間、お疲れ様でした(*^。^*)

今週末は1ヵ月ぶりのホームゲーム!

 

 

 

とうほう・みんなのスタジアム 

 グルージャ盛岡  さんを迎えての東北ダービーです!!

 

 

 

 

 

 

 

マッチデースポンサーは「明治安田生命 郡山支社」さん

そして、「伊達市・桑折町DAY」として開催されます!

 

 

 

イベント・ブース盛りだくさん♪

ぜひ、お友達・ご家族お誘いあわせの上、ご来場ください!

 

 

 

☆詳細はこちらの画像をクリック☆

2018nextgame_12_Sec

 

 

 

さて、本日のブログは

振り返り、そして盛岡戦へ向けての監督・選手コメントをお届けします。

 

 

—————————————————————————

 

◆田坂 和昭監督コメント

 

 

Q:前節沼津戦を振り返って

A:内容自体はわれわれのサッカーを終始展開していました。

結果こそ点を取れませんでしたが、

シュート数10本を越えた中であともう一息というゲームだったので、

そこを次の試合で改善していきたいと思います。

 

 

Q:2週間の調整で意識したことは?

A:試合にずっと出ている選手と出場機会の無い選手で

コンディションの差があったので、

2週間かけて各自の状況に合わせてコンディションを

盛岡戦に持って行くことを考えました。

負傷者が戻ってきて層が厚くなったのはチームにとってプラスですし、

より競争が激しくなったのはチームを活性化させるために良いと思います。

 

 

Q:盛岡の印象と戦い方のポイントは?

A:リーグ戦で勝ちきれず、天皇杯でシステムを変えていますので、

どういう戦いをしてくるか正直分かりません。

個々で光る選手はいますし、J3はちょっとした差で順位関係無しに

内容自体ひっくり返せると考えておかないと厳しい試合になります。

順位を考えたり「勝てるだろう」と考えて準備したりすると、

今季は負けていますので、自分たちのサッカーができるかできないかが大きなポイントです。

 

 

 

vsTOYAMA-0427

 

 

—————————————————————————

 

◆ 東隼也選手(DF/25) コメント

 

 

Q:前節沼津戦は無失点。自身のプレーを振り返って

A:勝てませんでしたが、無失点は次につながると思います。

ラインコントロールやチャレンジアンドカバーがしっかりできていたので、

大きなチャンスを与えずできたと思います。

 

 

 Q:守備の安定を続けていくために必要なことは?

A:攻撃をしていて奪われた後の切り替えをもっと早くして、

早めに相手の攻撃の芽を摘むことが大事です。

 

 

Q:盛岡戦への意気込みは?

A:前節引き分けて、負けてはいませんが勝ちきれませんでしたので、

次はしっかり勝って次につなげるように頑張りたいです。

 

 

vsTOYAMA-0050

 

—————————————————————————

 

◆ 前田尚輝(MF/17) コメント

 

 

Q:前節沼津戦を振り返って

A:自分たちが主導権を握っている中で、

もうちょっと決定機を作って1点取れたらもっと楽なゲームになったと思います。

天皇杯で負けて悔しい思いをして、リーグ戦しか残っていませんので、

リーグ戦は最後良い形で終われるように、

1試合1試合頑張ろうという姿勢が見えたと思います。

 

 

Q:前節は無失点。守備を安定させるために意識していることは?

A:ニウドが前に行く分、自分が真ん中のセカンドボールや、

アーリークロスがはね返ってきたボールを、相手のボランチよりも多く拾って、

サイドに振って二次攻撃三次攻撃につなげることを毎試合意識しています。

沼津戦はセカンドボールを拾えて、自分たちが押し込む時間が増えたと思います。

 

 

Q:盛岡戦への意気込みは?

A:盛岡は長年因縁の相手として戦ってきています。

何としてでも勝ちたい気持ちはありますが、

だからと言って戦い方を変えるのではなく、

沼津戦同様自分たちが主導権を握って押し込める時間帯を増やせれば勝てると思います。

 

 

vsTOYAMA-0099

 

 

—————————————————————————

 

◆ 武颯選手(FW/9) コメント

 

 

Q:前節沼津戦を振り返って

A:少しずつ自分の良いところを出しながら

チームの特長も出して行けていると思います。

その中で自分自身が点を取れず、まだまだ改善しなければなりません。

改善できなければ頂点に立つことができないと思います。

まずは自分のシュートチャンスを増やしたいです。

 

 

Q:1トップでの出場が続いているが、意識していることと改善点は?

A:1トップなので自分がサイドに流れすぎず、動き回りすぎないようにしています。

前にいなくなってしまうとターゲットがいなくなります。

さまざまなプレーに関わりつつも、

ターゲットを周囲に意識させるような動きや声かけをしていきたいと思います。

 

 

Q:盛岡戦への意気込みは?

A:やることは何も変わらず、自分たちのサッカーをやるということと、

自分の特長である得点力をしっかり出していき、

自分も得点を決めてチームも勝利できれば良いと思います。

 

 

vsTOYAMA-0095

 

 

—————————————————————————

 

 

 

会場へお越しいただくことが出来ない…という方は

クラブTwitterの速報、そしてDAZNでチェックして下さい(*^_^*)

 

 

 

<お知らせ>

■下記URLからDAZNにお申込みいただくと、ご利用料金の一部がチーム強化費に充てられます!

ぜひ、こちらのURLからご入会ください!

http://prf.hn/click/camref:1100l39ci/creativeref:1011l20497

 

 

 

今節も熱いご声援をよろしくお願いいたします!

 

 

 

vsTOYAMA-0205

 

 

 

 

 

2018明治安田生命J3リーグ 第12節
6月3日(日) 13:00キックオフ
福島ユナイテッドFC vs. グルージャ盛岡
@ とうほう・みんなのスタジアム

 

 

 

 | 
Top