福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

ブログ

選手インタビューブログ

2016年09月10日 (土)

 

今回の選手インタビューブログは

パウロン選手、ロドリゴ選手、アレックス選手。

 

先日の天皇杯2回戦vs.横浜F・マリノス戦では3人揃ってスタメン出場しました。

 

160907_032

 

 

———————————————–

 

■パウロン選手インタビュー

 

 

≫≫天皇杯2回戦 vs 横浜F・マリノス 試合の振り返り

 

J1のチーム相手に拮抗した良い試合が出来て、チャンスもたくさん作れたと思います。

あれだけシュートを打っていても入らないというのは、

サッカーでは良く起きることだし、今回はボールがゴールに入りたくない日だったのかもしれない。

シュートが決まらなかったという事も大切だけど、

もっと細かいところを今後詰めていかなくてはいけないなと感じました。

今回これだけ戦えるというのを実感出来たので、

その経験を活かして今後のリーグ戦に活かしてやっていきたいなと思います。

 

pa3

 

 

≫≫前半立ち上がりからかなり厳しくプレッシングをかけていて、

かなり気合が入っていたように感じましたが?

 

ゲームのスタートのタイミングで、相手を怪我させたいとかそういう感じでは無いけど、

もちろんリスペクトも込めて自分達は

今日プレーするんだという意思を示すことは大事だと思っています。

特にセンターバックの選手は、試合の立ち上がりに気概というか

気持ちを見せる事は大事だと思っています。

 

pa2

 

 

≫≫次節、琉球戦に向けて

 

今回のマリノス戦の経験を活かして、

チームには今勝利が必要なので勝ちにいきたいと思います。

最後10試合は、とても大事な試合になると思うので、

しっかりと結果を出していきたいと思います。

 

pa

 

 

————————————————

 

■ロドリゴ選手インタビュー

 

≫≫天皇杯2回戦 vs 横浜F・マリノス 試合の振り返り

 

4ヶ月間プレーをしていなかったので、難しい試合になるというのは分かっていたけど、

チーム全体で強い意思を持って、強いやる気を持って前向きに試合に臨めたので、

すごく良い試合になったと思います。

復帰して久しぶりの試合だったのでとても疲れましたけど、

これからのチームにとってすごく前向きな良い試合になったと思います。

 

rd

 

 

≫≫前線からかなり厳しくアプローチにいっていたように感じましたが、

そこは監督から指示が出ていたのですか?

 

相手が攻撃しづらい状況を作って簡単にビルドアップさせないということは、

いつも監督が言っていることで、そこに対しては今回、

自分自身でもその課題に対して完遂出来たと思うので幸せです。

チームを助けるためのプレーが出来たことは良かったと思うけど、

結果が出なかったのは本当に悔しいです。

 

rd2

 

 

≫≫4ヶ月間ピッチを離れていて悔しい時間を過ごしてきたかと思いますが、

今回復帰してピッチに戻って来ることが出来ました。率直な感想を教えて下さい。

 

常に試合に出れる状況になったということが、

どんなに幸せで嬉しいことかということを実感しています。

それと同時に、4ヶ月間ゲームをしていなかったので、

自分の身体に対してどこまで時間的にもつのか、

どこまで身体のフィジカルが戻っているのかという不安もありました。

特に今回強いチームが相手だったので、チームに求められている部分の一つである、

前線からのプレッシャーという部分で、いつも以上に頑張らなくてはいけないという気持ちがあったので、

その不安というのと、試合に出れる喜びというのが同時にありました。

 

rd3

 

≫≫次節、琉球戦に向けて

 

それぞれの試合で難しさがあって、

例えばJ1のチーム相手に今回良い試合が出来たから次もやれるとは限らないと思っています。

各チームの持っている性質であったり、

戦術なんかはそれぞれ違うので、カテゴリーがどうだったら難しいとか、

それだったら簡単だというのは存在しないと思うし、

だからこそそれを解って準備をして、ゲームに集中して入らなければいけないと思います。

最後10試合しっかりした結果を出して、

今シーズンが終わる時に顔を上げて胸を張っていられるように、

これから結果を出し続けないといけないと思っています。

 

————————————————

 

■アレックス選手インタビュー

 

 

≫≫天皇杯2回戦 vs 横浜F・マリノス 試合の振り返り

 

カテゴリーの違う相手に対して良い試合が出来て、チャンスも作れたので、

福島のサッカーの質であったりレベルを見せられた試合になったかなと思います。

結果に関しては、細かい部分で勝敗を分けたのかなと。

僕達はゴール前でシュートをたくさん打ったけど、入らなかった。

ただ相手はしっかりとゴールを決めれた。

そういう細かい部分で、差が出てしまったなと思います。

 

al

 

 

≫≫結果は敗戦という形にはなりましたが、J1のチーム相手にゴール前まで迫り

ゴールを脅かす場面も多く見られました。

アレックス選手自身、ここは通用したなと感じた部分はありましたか?

 

個人的にはすごくコンディションも良くて、自分のところでボールを収めて

他の選手に対して選択肢を増やすプレーや、

カウンターの起点になれたかなと思います。

自分を起点にして始まった攻撃で、チャンスを演出する場面も作れたので、

そこは今後も続けていきたいと思います。

 

al2

 

 

≫≫次節、琉球戦に向けて

 

どの試合も簡単な試合は無いと思うし、

次の試合も気持ちの部分が大切になると思っています。

僕自身はどの試合に対しても常にFINAL・常に決勝戦という気持ちで臨んでいるので、

次節も全力で臨みたいと思います!

 

al3

 

 

 

 | 
Top