福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

試合結果

2019 明治安田生命 J3 リーグ 第24節

試合会場:Jヴィレッジスタジアム
試合日時:2019年9月29日(日) 13:00キックオフ

福島ユナイテッドFC 試合前 いわてグルージャ盛岡
2 1 前半 1 1
1 後半 0
- 延前 -
- 延後 -
- PK -
STARTING LINEUP
シュート 選手 背番号 ポジション 背番号 選手 シュート
0 堀田 大暉 1 GK 1 土井 康平 0
0
1
1
0
宇佐美 宏和
阪田 章裕
河西 真
星 広太
4
3
19
14
DF 23
4
3
8
太田 賢吾
米原 祐
福田 友也
菅本 岳
0
0
0
0
0
1
0
0
橋本 拓門
樋口 寛規
輪笠 祐士
田村 亮介
10
40
6
23
MF 14
13
5
6
嫁阪 翔太
梅内 和磨
石井 圭太
櫛田 一斗
1
3
1
0
1
6
雪江 悠人
武 颯
39
9
FW 16
10
平川 元樹
谷口 海斗
1
1
SUB
- イ ユノ 21 GK 21 射庭 康太朗 -
0
-
石堂 圭太
寺前 光太
15
22
DF 2
24
木下 高彰
鈴木 達也
-
0
- 吉永 大志 29 MF 17 廣田 隆治 0
1
-
0
小牟田 洋佑
イスマイラ
池田 昌生
18
20
27
FW 11
18
28
薮内 健人
宮市 剛
大垣 勇樹
0
-
-
GAME DATA
9 武 颯
9 武 颯
15分
75分
得点者  38分 オウンゴール
11 シュート 7
10 GK 13
8 CK 2
10 直接FK 13
0 間接FK 3
0 オフサイド 3
1 PK 0
23 田村 亮介 → 18 小牟田 洋佑
4 宇佐美 宏和 → 27 池田 昌生
39 雪江 悠人→ 15 石堂 圭太
66分
74分
88分
交代 69分
80分
85分
8 菅本 岳 → 24 鈴木 達也
6 櫛田 一斗 → 17 廣田 隆治
16 平川 元樹 → 11 薮内 健人
39 雪江 悠人
3 阪田 章裕
40 樋口 寛規
14 星 広太
27分
34分
70分
83分
警告
退場
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
 491人  曇のち晴、弱風  25.9℃  71% 全面良芝、水含み  90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
永田 亨  大原 謙哉  角田 裕之  千葉 直史  小松 拓也  丹野 恵

試合後監督記者会見コメント

■総括
前回対戦した時から、ボールに対してのプレッシャー、人に対してのプレッシャー、本当に盛岡さんは前から積極的に来るイメージがありまして、いくつか対策は考えていました。
実際に今日もスタートからプレスを受けましたが、開始の10分~15分くらいで相手の守備組織を裏返すことが比較的できたので、その中でPKをもらって得点に繋がり、そういう意味では入りはすごく良かったと思います。
ただ、前半はどうしてもプレッシャーの中で周りが見えなくなってボールスピードが上がりすぎてしまい、時間の経過と共にそういう現象が増えて、なかなかリズムを掴めず、そんな中での失点だったので、ゲームの進め方としては非常に難しくなったなという感じです。

少し両サイドバックが重かったので、左サイドバックを少し高めにプレーさせ、攻撃時に前向きでボールを受けるために少し前目の選手の意識を作って後半は挑みました。
良い時間帯にゴールを奪うことができたので、それが勝利に結びついたと思ってます。

選手はよく戦いましたけれども、やはり終盤のミスや単純なミスで危うく失点という場面も何度もあり、本当にこれから更に上を目指すためには、そういうところもしっかり潰していかないといけないと思いますので、次のゲームに向けてしっかりと修正して臨んでいきたいと思っています。

■質疑応答

ーーー今日輪笠選手をサイドハーフで起用した意図を教えてください。

今回は2週間準備期間がありましたが、その週良いパフォーマンスの11人が出るという部分に関しては、いつもと変わらないです。
宇佐美が怪我から復帰して、輪笠のサイドバックとしての攻撃での関わりをもっと前のポジションで活用したかったというところもあり、今回はこういう変化をつけました。
もちろん今回はこういう配置になりましたが、今日のメンバーでずっといくというわけではありませんし、また1週間それぞれ競争して次のゲームに臨んでいきたいと思ってます。

ーーー今日試合前とハーフタイムにも散水しましたけど、あれは意図的なものだったのですか?

開始前に雨が少し降っていましたが、ウォーミングアップ前既にグラウンドが乾いていて、自分たちとしてはボールを動かすという状況の中で、少し下が濡れていたりとか、そういう状況の方が動かしやすいですし、タイミングも取りやすいという部分もあり、今回は意図的にお願いしました。

―――先発のFW2人について、武選手は2得点、雪江選手はボールに絡むようなプレーが多かったと思いますが、2人の評価をお願いします。

当然FWですから、ゴールに向かうというところで、やはり相手の嫌なところに走る、そういういわゆるハードワークというか、ボールが来るか来ないかわからない状況でも、そういうアクションを起こしてくれるというところでは、非常にいい働きをしてくれたと思っています。
更にFWですけど、守備のところで切り替え、あるいはチームが高い位置で奪おうとする時にボールにアプローチをしてくれた、そういう意味では、プレーの質はもちろんですけど、どちらかというと前への推進力というところで2人の役割というのは非常に大きかったと思っています。

―――先制点のPKに繋がったセットプレーは、デザインしていましたか?

毎週試合前にいくつか自分たちで色々なパターンを考えながらやっていて、その中の1つです。

―――岩手がセットプレーが長所であり、今シーズンに限っては少し弱点にもなっているというのは、ある程度考えていましたか?

セットプレーに関しては、守備攻撃それぞれヘッドコーチ、キーパーコーチに色々デザインはしてもらっているので、彼らが本当によく分析してくれて、相手の弱点を突いたというところでは、本当にその思い通りというか、狙い通りになったなと思います。
今日の相手のメンバーを見ると、こちらが予想していたよりも身長が高かったので、そういう意味では、そこの準備が今日の結果に繋がったのかなと思ってます。

―――盛岡の身長が高いというところですが、そういう意味では、最終ライン特にセンターバック2人と堀田選手は集中してやっていたと思いますが、いかがでしょうか?

ミスもあって失点のところは非常に残念でしたけど、チームとしてはああいう部分をこだわっていかないと、もう1つ上の段階にいけないので、そういう意味では、勝ててよかったねじゃなく、そこも含めてしっかり反省して次に臨んでいきたいと思います。

 | 

Top