福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

試合結果

2019 明治安田生命 J3 リーグ 第20節

試合会場:Jヴィレッジスタジアム
試合日時:2019年8月10日(土) 16:00キックオフ

福島ユナイテッドFC 試合終了 藤枝MYFC
3 3 前半 0 1
0 後半 1
- 延前 -
- 延後 -
- PK -
STARTING LINEUP
シュート 選手 背番号 ポジション 背番号 選手 シュート
0 堀田 大暉 1 GK 1 杉本 拓也 0
0
0
0
1
輪笠 祐士
阪田 章裕
河西 真
星 広太
6
3
19
14
DF 4
6
22
秋山 貴嗣
秋本 倫孝
川島 將
0
0
0
3
1
2
0
橋本 拓門
樋口 寛規
池田 昌生
田村 亮介
10
40
27
23
MF 7
13
30
3
14
29
水野 泰輔
大竹 隆人
松岡 亮輔
鈴木 準弥
谷澤 達也
星原 健太
1
0
0
1
1
1
3
1
武 颯
小牟田 洋佑
9
18
FW 20 森島 康仁 3
SUB
イ ユノ 21 GK 21 大畑 拓也

0
石渡 旭
石堂 圭太
寺前 光太
13
15
22
DF 36 那須川 将大

1
川中 健太
吉永 大志
11
29
MF 10
16
23
8
大迫 希
鮫島 晃太
片岡 爽
岩渕 良太
3
0

1
1 雪江 悠人 39 FW 24 安東 大介
GAME DATA
18 小牟田 洋佑
9 武 颯
9 武 颯
2分
20分
22分
得点者 74分 10 大迫 希
13 シュート 11
11 GK 5
4 CK 5
12 直接FK 9
4 間接FK 1
4 オフサイド 1
2 PK 0
9 武 颯 →  39 雪江 悠人
10 橋本 拓門 → 29 吉永 大志
14 星 広太 → 15 石堂 圭太
64分
77分
85分
交代 46分
60分
72分
14 谷澤 達也 → 10 大迫 希
13 大竹 隆人 →  8 岩渕 良太
7 水野 泰輔 → 16 鮫島 晃太
29 吉永 大志 79分 警告 2分
86分
89分
1 杉本 拓也
16 鮫島 晃太
6 秋本 倫孝
退場
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
 927人  曇、無風 26.2℃  81% 全面良芝、乾燥  90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
松浦 敏夫  松澤 慶和  池田 一洋 畠山 大介 馬上 一彦  佐久間 慎一

試合後監督記者会見コメント

■総括
首位の藤枝が相手ということで、開幕戦でロングスローでやられて、その悔しさをしっかり持ち、今日単純に同じ相手に2度負けられないというつもりで戦ってきました。
ゲームの入りがすごく良く、ここ何試合かですけど暑さの中でしっかりボールを動かそうと、相手を動かして自分達が意図的にゲームを支配する、そういう展開というのが今日もスタートから出来たと思っています。
いい時間帯にゴールが決まって、そういう意味ではそれが結果的に勝利に繋がったんですけど、3点取ってから少し守るような、メンタル的にそういう部分が少し覗いて、ゲームが崩れてしまいました。
後半少し持ち直しながら、また自分達のゲームに戻れたというところでは、1失点に抑えられたのかなと思っています。
ゲーム全体で考えれば、切り替えもそうですし全体がコンパクトにプレーできていたので、非常にいいゲームだったなと思います。ただ、課題も多いと思ってますので、次は修正してまた勝利を求めて頑張っていきたいと思ってます。

■質疑応答
―――相手のアンカーの脇を、FWが斜めに走って、2点目なんかもその形が出たと思いますが、そういったところは狙いとしてあったのでしょうか?

相手が3バックであるということ、その相手をまず、5枚になる前に攻めたかった、ただ当然自分達が優位にボールを運べれば今度は逆に相手を5枚にさせる、5枚にさせてボールを動かすと、相手の3人に中盤が横にずれながら、結果的にアンカーの両脇が空くという当初からそういう分析をしながら、ゲームに臨んでいきました。そういう意味ではFWだけじゃなく、後ろからも外からもそこのスペースをうまく使えたというのがゲームをうまく支配できた要因だったのかなと思います。

―――これで5試合負けなし、4勝1分ですが、好調の要因は監督自身どう感じているかというところと、今日も武選手が2点とりましたが、得点以外のところもいいところがたくさんあったと思いますが、武選手の評価を聞かせてください。

まずチームが好調ですけど、要は点が取れているか取れていないかというのが1番大きな要因で、ゲームプランであったり、そんなに飛躍的に選手たちの技術が上がるわけでもなく、そういう意味では自信を持ってプレーできるようになったというのは非常に大きいと思います。
今シーズン始まってから、やり続けたことが、少し結果として繋がってきたのかなという印象です。
武に関しては、当然FWですからゴールという評価、それから攻撃のところでは、彼の大きな動きによって、相手の守備組織に乱れが生じると、たとえ彼にボールが来なくてもそれ以外の選手にパスコースができる、そういう意味で彼のアクションするプレーというのはチームにとってはすごくプラスだと思ってます。
その中でゴールという結果を続けているわけですから、彼の力だと思いますし、もっともっと伸びる選手だと思うので、また次に向かって頑張ってほしいと思います。

―――Jヴィレッジで初開催ということでしたが、いかがでしたでしょうか?

Jヴィレッジでこうやって、以前のようにまたサッカーができるということで、同じ福島県のチームとして非常に感慨深いものがあります。
サッカー界では聖地ですし、そういう意味ではここで公式戦を開催することに関われたということは、非常に意義のあることでしたし、更に勝利することもできた。
そういう意味では、今日観に来ていただいた方も含めて、全員で喜びを分かち合えたのかなと思います。もっともっといろんな意味で福島に貢献したいですし、そのための第一歩だと思ってます。

 | 

Top