福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

試合結果

2018 明治安田生命 J3 リーグ 第30節

試合会場:藤枝総合運動公園サッカー場
試合日時:2018年11月3日(土) 13:00キックオフ

藤枝MYFC 試合終了 福島ユナイテッドFC
1 1 前半 1 2
0 後半 1
- 延前 -
- 延後 -
- PK -
STARTING LINEUP
シュート 選手 背番号 ポジション 背番号 選手 シュート
0 杉本 拓也 30 GK 28 石井 綾 0
1
1
0
秋山 貴嗣
浅田 大樹
阿渡 真也
4
5
17
DF 25
3
4
東 隼也
阪田 章裕
宇佐美 宏和
0
0
0
0
2
1
1
2
水野 泰輔
大竹 隆人
養父 雄仁
齊藤 隆成
川上 盛司
7
13
15
22
25
MF 29
8
22
輪笠 祐士
石堂 和人
ニウド
2
1
2
1
1
谷口 堅三
遠藤 純輝
9
28
FW 27
40
10
11
池田 昌生
樋口 寛規
橋本 拓門
田村 翔太
2
1
3
0
SUB
0 佐藤 隼 21 GK 23 伊藤 剛 0
0 光永 祐也 24 DF 33
7
サントス
茂木 弘人
0
0
0
0
0
0
1
大迫 希
鮫島 晃太
越智 亮介
稲垣 雄太
出岡 大輝
10
16
19
32
34
MF
FW 9
13
武 颯
三橋 秀平
0
0
GAME DATA
13 大竹 隆人 45+1分 得点者 33分
77分
29 輪笠 祐士
27 池田 昌生
11 シュート 11
5 GK 9
4 CK 3
11 直接FK 7
1 間接FK 6
1 オフサイド 6
0 PK 0
28 遠藤 純輝 → 34 出岡 大輝
13 大竹 隆人 → 32 稲垣 雄太
17 阿渡 真也 → 10 大迫 希
78分
84分
90分
交代 67分
78分
82分
4 宇佐美 宏和 → 7 茂木 弘人
11 田村 翔太 → 9 武 颯
8 石堂 和人 → 13 三橋 秀平
警告 23分
79分
3 阪田 章裕
40 樋口 寛規
34 出岡 大輝 85分 退場
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
 1,090人 曇、無風 18.2℃ 53% 全面良芝、乾燥 90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
 石坂 慎之介  野堀 桂佑 松澤 慶和  大橋 侑祐  石坂 慎之介  引田 ちひろ

試合後監督記者会見コメント

【試合後記者会見 田坂和昭監督コメント】

■総括
なかなか勝ち点が取れず、連敗している中でしたが、今日も多くのサポーターが駆け付けてくれて、我々のバスがスタジアムに入ったところから熱い応援をしてくださったこと、改めて感謝したいですし、皆さんに我々がどれだけ励まされているかということ、本当に今日は勝って皆さんに感謝を伝えることができて良かったです。
苦しい中でも、チームとして色々試行錯誤してやっています。若いチームであったり勝てない時に浮き沈みがあるので、選手と話をしたり色んな形で模索をしているのですが、そういう中で今週も良い準備をして結果を出せたことは、選手たちの頑張りと、じっと耐えてこの勝利をもぎ取ったのかなと思います。選手にも良く頑張った、おめでとうと言いたいですし、残り3試合、チームとして良い準備をしてやらなくては我々は勝てませんので、今週のようにチーム・スタッフ・選手一丸となって準備していきたいと思っています。

■質疑応答
――今日の藤枝戦に向けてどのような対策をしてきたのでしょうか。

A:監督が石崎さんに変わって、球際だったり切り替えだったり、戦う姿勢がすごく変わったなと。あとはコンディションが凄く上がっている印象でした。システムで言ったら2トップ2シャドーになっているので、DFが4枚の相手になると、前回のFC東京戦もそうですし、他の試合を見させてもらっても、サイドバックが空くなと。その中で我々はサイドバックがインナーに入ってボランチの横で構えるので、そこを起点にして相手を揺さぶらないと、5枚のディフェンスがなかなかスペースを空けない印象があったので、そういうところを攻撃は意識していました。守備のところは逆に2トップ2シャドーとアンカーの養父が非常に良い距離感になれば力を発揮するので、今日も危ないシーンは何度かあったのですが、そこはしっかり抑えなくてはいけないよ、という話はミーティングでしていました。


――中盤ではある程度藤枝にボールを持たせて良いという考えだったのでしょうか。

A:そんなことはありません。ミスマッチになるので、まず養父のところが空くんですが、そこにトップ下が来てしまうと、ずっと押し込まれてしまうということと、2トップ2シャドーが本当に良い距離感と良い四角形を作ってくるので、ボランチが引っ張られてしまうとスペースが出来てしまうので、これは紅白戦でも実践していたんですが、押し込まれたら少し我慢しなくてはいけないよと。とった後に逆にミスマッチを使って相手を掻い潜っていくかと。もちろん石崎さんのチームでハイプレスということは分かっていたので、そこをどう掻い潜るかという話はしていました。持たせて良いわけでは無いんですが、プレッシャーに行ってもミスマッチで、どうしても動かされてしまうというのは想定内でした。


――そういった部分も含めて冷静に戦えていたということでしょうか。

A:そうですね。先ほども言ったように冷静でしたし、我慢して我慢して、チャレンジ&カバーであったりとか、特に逆サイドが良く絞ってカバーしていましたし、どうしても我々のシステムと藤枝さんのシステムは中盤がミスマッチになりますので、本当に良く選手たちが耐えたなと思います。

 | 

Top