福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

試合結果

2018 明治安田生命 J3 リーグ 第18節

試合会場:あいづ陸上競技場
試合日時:2018年7月16日(月) 15:00キックオフ

福島ユナイテッドFC 試合終了 アスルクラロ沼津
1 0 前半 1 1
1 後半 0
- 延前 -
- 延後 -
- PK -
STARTING LINEUP
シュート 選手 背番号 ポジション 背番号 選手 シュート
0 堀田 大暉 16 GK 16 牲川 歩見 0
0
0
0
岡田 亮太
阪田 章裕
宇佐美 宏和
2
3
4
DF 22
7
27
徳武 正之
谷口 智紀
松藤 正伸
0
1
0
0
0
0
2
2
前田 尚輝
ニウド
橋本 拓門
樋口 寛規
星 広太
17
22
10
40
14
MF 18
14
17
24
47
29
尾崎 瑛一郎
普光院 誠
太田 一輝
砂森 和也
富田 康仁
畑 潤基
0
1
1
0
1
1
0
0
武 颯
田村 翔太
9
11
FW 10 青木 翔大 0
SUB
0 伊藤 剛 23 GK 1 福留 健吾 0
0 平 秀斗 15 DF 2
3
21
藤嵜 智貴
熱川 徳政
藤原 拓也
0
0
0
0
0
0
石堂 和人
川上 翔平
輪笠 祐士
8
41
29
MF 6
11
前澤 甲気
沓掛 勇太
0
0
2
1
三橋 秀平
池田 昌生
13
27
FW 9 田中 直基 1
GAME DATA
13 三橋 秀平 81分 得点者 41分 14  普光院 誠
7 シュート 6
8 GK 6
4 CK 6
11 直接FK 11
1 間接FK 1
1 オフサイド 1
0 PK 0
17 前田 尚輝 ⇒ 27 池田 昌生
3 阪田 章裕 ⇒ 13 三橋 秀平
11 田村 翔太 ⇒ 29 輪笠 祐士
56分
75分
84分
交代 74分
84分
29 畑 潤基 ⇒ 9 田中 直基
47 富田 康仁 ⇒ 11 前澤 甲気
17 前田 尚輝 28分 警告
退場
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
 1,395人  曇、中風 33.1℃ 49% 良芝、乾燥  90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
 鈴木 茂  上原 直人 辛島 宗烈  長田 望 中村 悠二  佐久間 慎一

試合後監督記者会見コメント

【試合後記者会見 田坂和昭監督コメント】

■総括
まずはこの度の、西日本豪雨で被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。また、1日でも早い復興を切に願っています。前回の会見でも言いましたが、我々はサッカーさせていただいていると。もちろんサッカーどころではないよという方もいる中でも、我々はこういう興行をやらせてもらっているのは本当に感謝しかないですし、選手たちにも今日は話をしました。なぜ、喪章をつけるのか。被災された方はいるけれど、我々がサッカーをさせていただいているという事は、今日のこの環境の中でも感じなくてはいけません。暑いから動けないとかしんどいとかっていうのは、それはもう言い訳です。どんな中でも我々らしい、今日は年に1度の会津開催ですし、なんとか会津の方々に良い試合をみせなくてはいけないという気持ちで臨みました。相手が効率良く点を取って、我々がビハインドの中で、特に守備が固い相手に対して、どう点を取るかというのが今日の試合のテーマでした。最後は選手全員が一丸となって、粘り強く戦って1点もぎ取りましたし、我々は引き分けの試合が非常に多いですが、今日の試合は価値ある勝ち点1だと感じております。もちろん、もったいない引き分けというのもあると思いますが、今日の試合は環境・暑さ・対戦相手を踏まえれば、よくビハインドの中勝ち点1を取ったのではないかと思っています。次の試合で1度中断期間に入りますが、なんとか今のメンバーで良い結果を残したいなと思います。

■質疑応答
――今季初ゴールとなった三橋選手について。阪田選手のアクシデントもあり交代となりましたが、起用の意図がありましたら教えてください。

A:たらればかもしれませんが、実はもう交代しようとしていました。今日に限っては、彼に時間を沢山与えれば点をとるのではないかと感じていました。彼は今シーズンなかなか出場する機会がありませんでしたが、トレーニングからひたむきに努力していましたし、特にここ数週間をみると、先週のトレーニングマッチは非常にパフォーマンスが高かったです。昨年から彼をみている中で、何か持っているなと感じていましたので、今日も少し長めの時間を与えれば、もしかしたら得点に絡むかもしれないし、攻撃は自由にやって良いよと彼には話をしていました。カテゴリーはJ3かもしれませんが、その中でも何か持っている人間の一人かなと思います。もちろん足りないところがあるから、なかなか試合に出れなかったり、彼も努力しなくてはいけない部分があるんですけど、今日は本当にチームの為によくやってくれましたし、勝ち点1を取れたのは三橋の努力だと思います。


――今日は岡田選手を左サイドに持っていく布陣でしたが、今日の対沼津というところに対してのメンバーの選択・布陣というのは、どういう考え方からだったのでしょうか。

A:もちろんメンバーを選ぶときに、我々の良さを出しつつ、相手のストロングも消さなくていけないというところで、前回の沼津の試合を観させていただいて、やはりサイドハーフがすごく力を持っていて、前回の我々のF東23戦を見れば、うちの右サイドをかなり突かれていたというのはあるので、その辺の駆け引きをしました。その中で岡にしても拓門にしてもサイドバックは左右どちらもできますし、輪笠を後に持ってくることによってクローザーだったり、彼はユーティリティプレーヤーなので、今日この試合と中4日で相模原戦がありますので、2試合の連戦と考えて彼を1度サブにまわしてというところでメンバーを決めました。やはり相手のストロングの左サイド、富田選手のドリブルが非常にポイントになると思っていたので、拓門と翔太でサイドをケアしようかなというところで、今日の布陣になりました。


――前半終了間際の失点でしたが、前後半で戦い方にどんな変化をつけたのでしょうか。

A:前半も失点はしましたが、全然だめかというと決してそうではありません。我々らしい形で、その中でボール運びが遅くなったりというのを相手が分かっていて、変に飛び込まずブロックを作られていたんですが、我々のペースで運びながら時折チャンスは作れていましたが、先制されてしまいました。後半は同じような形で少しパワーアップしなくてはいけないと。同じような形でもリスクを冒して攻撃に出るのか守備でも早めのアプローチで早い段階で止めなくてはいけないよという話をしました。今のペースだと悪くは無いけど逆転は出来ないよという話をしました。大きな戦術の変更はありませんが、少しパワーアップしようということは伝えました。


――三橋選手の同点弾もですが、他の選手で今日の試合良い収穫はありましたでしょうか。

A:誰がというよりは今日のこの暑い条件の中で選手が一丸となって戦ったということはみんなが良く頑張ったなと思います。

 | 

Top