福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

試合結果

2017 明治安田生命 J3 リーグ 第13節

試合会場:とうほう・みんなのスタジアム
試合日時:2017年6月18日(日) 15:00キックオフ

福島ユナイテッドFC 試合終了 ギラヴァンツ北九州
0 0 前半 2 3
0 後半 1
- 延前 -
- 延後 -
- PK -
STARTING LINEUP
シュート 選手 背番号 ポジション 背番号 選手 シュート
0 内藤 友康 34 GK 21 高橋 拓也 0
0
1
岡田 亮太
杉野 健斗
2
25
DF 3
13
17
41
福森 健太
浦田 樹
加藤 弘堅
刀根 亮輔
0
0
0
0
2
1
3
0
0
0
0
川上 竜
鴨志田 誉
三橋 秀平
平 秀斗
前田 尚輝
橋本 拓門
4
6
13
14
15
17
27
MF 15
20
24
29
神崎 大輔
花井 聖
小野寺 達也
小谷 健悟
0
0
1
3
3 アレックス 9 FW 9
11
水永 翔馬
池元 友樹
2
1
SUB
0 安田 亘佑 32 GK 1 山岸 範宏 0
0 木下 高彰 30 DF 2
4
石神 直哉
鈴木 翔登
0
0
0
1
0
0
0
渡辺 匠
石堂 和人
金 功青
橋本 裕貴
へナン
5
8
10
18
20
MF 10
22
井上 翔太
中原 秀人
0
0
FW 7
25
茂 平
小松 塁
0
0
GAME DATA
得点者 14分
41分
62分
11 池元 友樹
29 小谷 健悟
29 小谷 健悟
11 シュート 7
5 GK 12
3 CK 4
19 直接FK 12
1 間接FK 2
0 オフサイド 3
0 PK 0
6 鴨志田 誉 ⇒ 18 橋本 裕貴
27 橋本 拓門 ⇒ 8 石堂 和人
14 星 広太 ⇒ 10 金 功青
58分
71分
90+2分
交代 73分
83分
89分
15 神崎 大輔 ⇒ 7 茂 平
11 池元 友樹 ⇒ 22 中原 秀人
29 小谷 健悟 ⇒ 10 井上 翔太
25 杉野 健斗
18 橋本 裕貴
15 平 秀斗
20分
85分
90+1分
警告 84分 29  小谷 健悟
退場
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
 1,304人 曇、弱風 21.8℃ 56% 良芝、乾燥 90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
 星野 務  松澤 慶和  俵 元希  伊勢 裕介 馬上 一彦  丹野 恵

試合後監督記者会見コメント

【試合後記者会見 田坂和昭監督コメント】

■総括
本当に情けないゲームでした。サポーターの方がわざわざ足を運んで応援しに来てくれているのに、期待に添えられない、気持ちも見せられないということは私自身、非常に悔しいです。全て私の責任ですが、下を向いている暇はないので、前を向いてやっていくしかないです。

■質疑応答
――今日はセンターバックの人選はかなり迷ったかと思いますが、結果的に3失点。岡田選手と杉野選手を起用した理由と、結果を受けていかがでしょうか。

A:今日の結果は、正直言ってしまえばセンターバックの問題というよりは他の問題だと思います。これから映像を見て確認はしますが、彼ら2人をチョイスしたのは、もちろんトレーニングから良いパフォーマンスをしていますし、今週のトレーニングも踏まえて今日出たメンバーが今のベストメンバーです。正直言えば、力不足で負けたというところですが、その力不足を補う安定したプレーだったり、メンタルだったりを持っていましたので、今日は起用しました。


――相手の2トップが経験もパワーもあり、動きだしも早いという中で、前半は特に後ろが重たいなという印象があったのですが、この辺りは何故あのようになってしまったのでしょうか。

A:一言では言えませんが、トレーニングや映像で我々のスタイルは前からプレッシャーをかけに行くと。特にサイドに入ってきた時、バックパスをした時はラインを上げるというところで今シーズンやっていますが、なかなか前半行けなかった。特にサイドハーフがプレッシャーをかけに行けなかった。遅れながらFWが行くんですが、どうしてもサイドのスライドやアプローチが遅い。行っているんですが北九州の選手のレベルにしてみれば全然プレッシャーに感じていないのが現状であって、客観的に見て正直言えば、スピードの差・実力の差を感じました。彼らは余裕でやっていましたので。けど、それを補うのは我々が今シーズン掲げている「ひたむきに戦う」とか「走力」であるとか、そういった部分を出さなければいけなかったんですが、後ろが重くなった原因は私が見ている中では、ちょっと言い方が悪いかもしれませんが、なにビビッてるの、と。冒頭にも言ったように、本当に情けない試合をしたと思います。例えば、相手の技術でやられるんであれば、それは納得いきますし、次からトレーニングしていきましょうとなりますが、今日のように後ろが重たい形でやられてしまうのは、以前の秋田戦や藤枝戦でもあったように、同じことを繰り返してしまっているので…。もうそれは見たくありませんので、ここは早急に改善しなくてはいけないと思います。


――前節の鹿児島戦のパフォーマンスが良かっただけに、今週は裏の顔が出てしまったなという印象です。単純にホームとアウェーの違いなのか、何か別の要因があるのか、今日戦ってみて思うところをお聞かせください。

A:それは、ハーフタイムに選手たちに聞きました。なぜこんなにも違うのかと。遠いアウェーの鹿児島へ行って、非常に暑くスリッピーなグラウンドで走れていたのに、今日ホームになって何故こんなに動けないんだと。その辺りはもう一度検証していきたいと思いますが、一つ言えるのは、私はずっと技術の部分よりもメンタルの部分を言っていて、もちろんやっている選手もいます。今日はあえて名前を言いますが、新しく入った選手たち、川上・三橋・平。なぜ彼らがやっているかといえば彼らは悲壮感があります。本当に行くチームが無くてギリギリこのチームに入ってきて、最後のサッカー人生をかけてやっています。申し訳ないけれど、前からいた既存の選手たちがトレーニングでは良いんです。みんなが良い中で先ほども言ったようにベストメンバーを選びました。しかし、いざこの舞台に立った時に、私はヒーロー・主人公という振る舞いをしている。水も用意してもらって全、着替えも用意してもらって、食事も用意してもらって、私はスーパースターというような振る舞いで試合をしているので、それが非常に悲しかった。そこはまだ、チームになりきれていないので、私がこのチームを率いている以上、徹底的に直さなくてはいけないなと感じました。彼らのことを思えば、このまま終わる選手はいないし、ステップアップしていって欲しい選手もいますので。サッカーというのは「心・技・体」というように技術も鍛えなくてはいけない、体も鍛えなくてはいけない中で、今は心を鍛えている段階なので、一番苦しい時かもしれませんが、私自身、彼らと必死に向き合ってやっていきたいと思います。そううれば、今日のような結果にはならないと思います。もちろん勝敗はつきますが、もっと違った内容になったと思います。


――ホームで4連敗となりましたが、アウェーとのパフォーマンスの違いという意味では、やはりメンタル的な部分が大きいのでしょうか。

A:ここ数試合みると、私はそう感じます。ホームで特別なことをしているわけではありません。ホームでどうしても勝たなくてはいけないというプレッシャーがのしかかっているのかもしれませんが、それをリラックスさせる方法とか、気持ちを高揚させる話をしたりしていますが、なかなかそれが結びついてきませんので、そこは私の実力不足だと思います。あらゆる手段、スタッフを使ってやっていますが、なかなかグランドで出せていないので、引き続きやっていくしかないと思います。今日の試合に関しては、走行距離やスプリントの数値もとっているので、ぜひその辺りも検証して、誰がみても鹿児島戦とスピード感が違ったと思いますが、私は決してあきらめることなく、みんなは出来るよというところをもう一度伝えていきたいと思います。


――4節以降、失点が多くなってきていますが、守備の部分をどのように修正していくのでしょうか。

A:システムを含めて考えていかなくてはいけないと思います。やられ方や狙われているところは分かっていますし、失点シーンを並べてみれば、どこがやられているかというのは分かるので、人を変えるのかシステムを変えるのか、今いるメンバーの中で考えなくてはいけないです。ただ、守備だけやっても攻撃が追いつかないというゲームもありましたので、その辺りのさじ加減も考えてやっていかなくてはいけないと思います。


――逆に北九州さんも90分見ていれば、100点では無かったと思います。ただ、決め所や防ぐところの差があったと思いますが、今日の相手から学んでほしい部分、参考にしてほしいことはありますか。

A:彼らは1年で昇格しなくてはいけないということは強く言われていると思いますし、もちろん今までの経験とか、相手がこう来るというようなオプションは各自で持っていると思います。そういうところはこのチームに来てからずっと言っていますが、我々のコンセプトはこうだけど、サッカーは全部がサインプレーではないので、自発的にアイディアをだしていくのが面白いところだよと。J2、J1とか上に行けばいくほどアイディアを持っていると思いますが、そういった差が大きかったかなと思います。先ほども言ったように北九州の選手は余裕でやっていますから。プレッシャーをうまく受けたり、かわしたり、そういうところの差もまだあるので、色んな手段を使いながら、選手を育成する為にやっていかなくてはいけないと思います。

 | 

Top