福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

試合結果

2016 明治安田生命 J3 リーグ 第29節

試合会場:とうほう・みんなのスタジアム
試合日時:2016年11月13日(日) 13:00キックオフ

福島ユナイテッドFC 試合前 FC東京U-23
0 0 前半 2 2
0 後半 0
- 延前 -
- 延後 -
- PK -
STARTING LINEUP
シュート 選手 背番号 ポジション 背番号 選手 シュート
0 植村 慶 33 GK 13 榎本 達也 0
0
1
1
0
野田 明弘
杉野 健斗
岡田 亮太
茂木 弘人
3
25
2
7
DF 49
26
40
25
坂口 祥尉
柳 貴博
岡崎 慎
小川 諒也
0
0
0
1
1
0
1
0
橋本 拓門
前田 尚輝
石堂 和人
蓮沼 翔太
27
20
8
24
MF 34
43
19
32
42
野澤 英之
鈴木 喜丈
平岡 翼
ユ インス
生地 慶充
0
0
0
4
0
1
1
ロドリゴ
樋口 寛規
22
40
FW 23 林 容平 2
SUB
0 内藤 友康 34 GK 46 髙瀬 和楠 0
0
2
戸川 健太
梅井 大輝
4
39
DF 15 小山 拓哉 0
0
0
2
0
渡辺 匠
鴨志田 誉
星 広太
村岡 拓哉
5
6
14
15
MF 24
50
佐々木 渉
久保 建英
0
0
FW
GAME DATA
得点者 3分
41分
40 岡崎 慎
32 ユ インス
10 シュート 7
5 CK 7
12 FK 11
10 直接FK 10
2 間接FK 1
2 オフサイド 1
0 PK 0
24 蓮沼 翔太 ⇒ 14 星 広太
22 ロドリゴ ⇒ 39 梅井 大輝
27 橋本 拓門 ⇒ 15 村岡 拓哉
46分
65分
74分
交代 58分
65分
34 野澤 英之 ⇒ 50 久保 建英
19 平岡 翼 ⇒ 24 佐々木 渉
42 生地 慶充 ⇒ 15 小山 拓哉
7 茂木 弘人 64分 警告 32 ユ インス
退場
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
 3,052人  晴、弱風 21.1℃ 44% 良芝、乾燥  90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
新藤 一晴 須谷 雄三 眞鍋 久大 千葉 直史 田代 滉明 佐久間 慎一

試合後監督記者会見コメント

【試合後記者会見 栗原圭介監督コメント】

■総括
ホーム最終戦、是が非でもサポーターに笑顔をとゲームに入りました。色んな思いがある中で、前半選手たちが固くて一瞬一瞬一歩一歩相手より遅かったり、そういった中でセットプレーから2失点してしまいました。後半は0-2になっていたので思い切りいこうと割り切った結果、非常に良い形が作れていたと思います。前半からあれぐらい自信を持って思いきりプレーできれば良かったなと思います。後半はみんなの気持ちも感じることができましたが、やはり最後の部分で得点を取り切れなかったことが勝ち点に結びつかなかった原因です。これもまたプラスにして、精神状態も含めてどんな試合でもベスト持って行けることが出来るよう、選手たちにはこれからも成長していって欲しいと思います。残り1試合残っていますので、最後は勝って終わりたいと思います。

■質疑応答
――栗原監督が指揮したこの3年で得た手ごたえ、もう少しここが出来ればという心残りなどあればお聞かせください。

A:1年1年積み重ねていく上で、選手たちの成長を感じることができ非常に嬉しく思いますし、チームとしてもなかなか勝ちきることが出来ない試合も続きましたが、確実に強くなっているなと、サッカーを理解しながらプレーできる選手も増えてきたなと感じています。クラブ力も3年間にわたって全員の力で少しずつステップアップできていると思います。ただ、それを結果として繋げることが出来なかったことは私の責任で、私は今年で去ることになりますが、成長を感じていただだけに結果に結びつけることが出来なかったのは非常に悔しいです。結びつかなかった要因をしっかり自分の中で整理して、次に繋げていきたいと思います。


――今日の試合は今季を象徴する試合だったと思いますが、チャンスは多くあるのに決めきれないというのがあったと思いますが、今季の中でこれがあれば勝てたというのは例えばどのような要素になるのでしょうか。

A:一番は私お力がもっとあればというところです。


――福島ユナイテッドFCが置かれている状況(仮に優勝してもJ2へ昇格ができない)という環境の中で、監督してチーム全体を上へ上へ引っ張っていくことは難しかったと思いますが、改めて振り返ってみていかがでしょうか。

A:そうですね、そこを含めて引き受けた監督の仕事ですので、そこに対してどのように対処していくか、チームをマネジメントしていくかというのはとても勉強になりましたし、結果として上に導くことができなかったのはもちろん自分の至らなさです。昇格条件が無い、環境が整っていない中でいかに選手たちと向き合って成長を促しながら勝ちに繋げていくという難しさは非常に感じました。ただ、それに対して全力で尽くした結果なのでもちろん後悔はありません。本当に皆さんを喜ばすことが出来なかったのが非常に悔しいです。

 | 

Top