福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

試合結果

2015 明治安田生命 J3 リーグ 第32節

試合会場:とうほう・みんなのスタジアム
試合日時:2015年10月4日(日) 13:00キックオフ

福島ユナイテッドFC 試合前 Y.S.C.C.横浜
3 1 前半 0 0
2 後半 0
- 延前 -
- 延後 -
- PK -
STARTING LINEUP
シュート 選手 背番号 ポジション 背番号 選手 シュート
0 植村 慶 33 GK 1 高橋 拓也 0
0
0
0
1
野田 明弘
岡田 亮太
大原 卓丈
星 雄次
3
2
13
18
DF 13
4
15
6
藤川 祐司
松田 康佑
宗近 慧
小澤 光
0
0
0
0
1
1
3
1
橋本 拓門
石堂 和人
安東 輝
星 広太
14
8
24
17
MF 32
10
9
14
29
仲村 京雅
吉田 明生
友澤 剛気
大泉 和也
友澤 貴気
1
1
2
2
1
1
1
茂木 弘人
齋藤 恵太
7
29
FW 18 梅内 和磨 2
SUB
0 内藤 友康 34 GK 30 守山 健二 0
DF 2 渡邉 三城 0
0
0
村岡 拓哉
鴨志田 誉
6
15
MF 28 工藤 由夢 0
0
2
田村 翔太
ロドリゴ
19
22
FW 11
22
井上 和馬
青田 翔
0
0
GAME DATA
17 星 広太
18 星 雄次
29齋藤 恵太
45分
62分
81分
得点者
11 シュート 9
3 CK 7
12 FK 15
9 直接FK 14
3 間接FK 1
2 オフサイド 0
0 PK 0
17 星 広太 ⇒ 22 ロドリゴ
7 茂木 弘人 ⇒ 19 田村 翔太
29 齋藤 恵太 ⇒ 6 鴨志田 誉
79分
89分
交代 63分
82分
89分
14 大泉 和也 ⇒ 11 井上 和馬
29 友澤 貴気 ⇒ 28 工藤 由夢
32 仲村 京雅 ⇒ 22 青田 翔
警告
退場
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
 818人  曇りのち晴、中風  20.2℃ 49%  良芝、乾燥  90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
内田 直人  森川 浩次  長谷 拓  渡辺 隼人  井上 幸寿  佐久間 慎一

試合後監督記者会見コメント

【試合記者会見 栗原圭介監督コメント】
■総括
ホームで3-0での勝利ということで、素晴らしいゲームをすることができ非常に嬉しく思います。記憶によると初めてではないかと思います。立ち上がりから良い形で入ってくれ、もちろん決めるべきところで決めていれば、もっと良い展開になったということもあります。後半は相手の前への人をかけて攻めていこうというところに対して守勢にまわっている場面がありましたが、しっかりそこを我慢してくれて、カウンターで追加点を取ったというところでは良かったと思います。持ち直して自分たちの時間帯が来たところで3点目を奪うという非常に良い形で進めることができたゲームだったと思います。

■質疑応答
――最初は2トップで入りましたが、後半茂木選手が左に流れて、星広太選手が真ん中で、相手と布陣を合わせてきたように感じましたが、その変更の意図を教えて下さい。

A:前半しっくりきてないなという感じが見受けられたのと、前半の最後で点を取って1-0の状況になったところで、茂木の守備力が高いところと、広太のモビリティー、前に置いた方が相手も嫌がるかなというところで、変えました。その通りに、変えた方が良いシーンが増えたかなと思います。


――開幕当初はベンチにも入れないことがあった星広太選手の初ゴールでしたが、監督からご覧になって彼の成長をどのように感じていますえしょうか。

A:モビリティー、ドリブル、反応の速さという部分で良いものを持っていると思います。ただ、最初はチームのやり方・状況把握の力がまだまだ足りない部分があって、そういう話をしていく中で、彼なりに考え、見える力がついてきてので、今試合に出ているという状況です。まだまだ、見えているところと見えていないところの差が激しいので、これからもっと成長していってほしいと思います。ただ、初ゴールなので、本当におめでとうと言いたいと思います。


――5位までは勝ち点差も開いていいませんが、残りのゲームはどのように戦っていきますでしょうか。

A:今季の目標であるベスト5に達成するために全員で戦っています。今日も試合前に先を見ずに1戦必勝で目の前の試合に全力を尽くそうと話をしました。その上で結果が出ると思いますので、まずは次の相模原戦に向けて準備していきたいと思います。


――後半のロドリゴ選手と田村選手の投入は、リードしている中でも攻め続ける意識があったのでしょうか。

A:押し込まれる時間帯も続いたので、少し変化も出していきたいと思ったところと、そしてもう1点を取ったらゲームを決定づけられるので、是非点を取って欲しいという思いで投入しました。あとは、少し運動量的な部分もありました。


――齋藤選手が1ゴール1アシストの活躍で、後半の運動量も衰えずに動いていましたが、彼の動きについてはいかがでしょうか。

A:本当に彼のスピード、パワーを全力で出してくれたと思います。試合を重ねるごとに、がむしゃらだけでなく、本当に自分がどんな状況なのか、状況把握力が彼なりに分かり始めて、ボールに触るだけでなく引き出す力も出てきたことがこういった結果に繋がっているのだと思います。本当にこれからどんどん成長していって欲しいですし、チームとして結果を出し続けていって欲しいです。

 | 

Top