福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

試合結果

2015 明治安田生命 J3 リーグ 第28節

試合会場:とうほう・みんなのスタジアム
試合日時:2015年9月13日(日) 15:00キックオフ

福島ユナイテッドFC 試合前 AC長野パルセイロ
0 0 前半 1 1
0 後半 0
- 延前 -
- 延後 -
- PK -
STARTING LINEUP
シュート 選手 背番号 ポジション 背番号 選手 シュート
0 植村 慶 33 GK 31 田中 謙吾 0
0
0
0
岡田 亮太
戸川 健太
福岡 将太
2
4
28
DF 4
3
2
内野 貴志
大島 嵩弘
松原 優吉
0
0
0
1
0
3
0
鴨志田 誉
石堂 和人
安東 輝
星 雄次
6
8
24
18
MF 8
6
25
28
33
菅野 哲也
仙石 廉
有永 一生
パク ゴン
山田 晃平
1
0
3
1
0
0
1
3
齋藤 恵太
横野 純貴
茂木 弘人
29
9
7
FW 13
7
勝又 慶典
佐藤 悠希
1
0
SUB
0 内藤 友康 34 GK 21 金 永基 0
0 大原 卓丈 13 DF 27 小山内 貴哉 0
2
0
0
橋本 拓門
村岡 拓哉
星 広太
14
15
17
MF 14
19
金久保 彩
向 慎一
0
0
FW 10 宇野沢 祐次 0
GAME DATA
得点者 6分 13 勝又 慶典
10 シュート 6
13 CK 0
15 FK 4
13 直接FK 4
2 間接FK 0
1 オフサイド 0
0 PK 0
28 福岡 将太 ⇒ 13 大原 卓丈
4 戸川 健太 ⇒ 14 橋本 拓門
9 横野 純貴 ⇒ 17 星 広太
6 鴨志田 誉 ⇒ 15 村岡 拓哉
19分
30分
58分
84分
交代 73分
73分
80分
88分
13 勝又 慶典 ⇒ 10 宇野沢 祐次
6 仙石 廉 ⇒ 14 金久保 彩
8 菅野 哲也 ⇒ 27 小山内 貴哉
14 金久保 彩 ⇒ 19 向 慎一
7 茂木 弘人 28分 警告 83分 3 大島 嵩弘
退場
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
 920人  曇り、中風 22.5℃ 54% 良芝、乾燥 90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
榎原 徹夫 山岡 良介  森川 浩次 馬上 一彦 名取 洋典 佐久間 慎一

試合後監督記者会見コメント

■総括
選手たちは本当に力を出し切って、全力で戦ってくれたと思います。結果0-1にはなってしまいましたが、決して下を向く内容ではなかったと思いますし、次につながるゲームだったと思います。ただ、負けという結果をしっかり受け止めて、次にゲームに向けて準備していきたいと思います。

■質疑応答
――後半、圧倒的に攻めながらも得点できなかったというのは、どのような点が足りなかったと思いますか。

A:あそこまで引かれてしまうと、なかなか難しい状況にはなってしまいますが、その中でもトライしてくれていたと思います。トライした結果、コーナーキック、フリーキックなど多くチャンスを作ることが出来ましたが、結果として得点を挙げることが出来なかったのは、精度を上げていくしかないと思います。

――今日試合を見ている中で、積極的にミドルを打っていたという印象はあったのですが、それは何か監督の方から指示があったのでしょうか?

A:こちらが押し込んでいる状況で相手が下がったら、必ずボランチが空くので打っていこうと、話をしていました。選手たちの判断が非常に良かったという部分で、大変うれしく思います。

――前半早い時間帯に背後をとられる形で失点してしまいましたが、逆に長野の高いラインの裏を狙っていたということでしたが、その辺の失点シーンについてはいかがでしょうか。

A:長野さんの立ち上がりはスピード感があり、受けてしまった時に失点してしまいました。まだまだ自分たちのスピード感や、反応が遅いのが明らかになった失点だと思います。後半、相手がペースダウンした中で、こちらがゲームの主導権を握れるようにはなるのですが、相手のスピード感が上がっている時にどのように対応するかというのは、今後の課題として取り組んでいきたいと思います。

――前半、予期せぬ負傷交代がありましたが、なんとか乗り切ることが出来たということでしょうか。

A:そうですね。1試合でDFが二人いなくなるのは本当に珍しいケースだと思いますが、そこに代わりで加わった選手、位置を変えてプレーした選手が、順応して対応してくれたおかげで、ゲームを進めることが出来ましたし、後半より良いゲームになったと感じています。

――本日の結果を踏まえて、次節富山戦へ向けた意気込みを教えて下さい。

A:目標であるベスト5に向けて1戦1戦が勝負ですので、最高の準備をして、内容だけでなく、結果として勝てるようにしたいと思います。

 | 

Top