福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

試合結果

2015 明治安田生命 J3 リーグ 第23節

試合会場:維新百年記念公園陸上競技場
試合日時:2015年7月29日(水) 19:00キックオフ

レノファ山口FC 試合前 福島ユナイテッドFC
3 1 前半 0 0
2 後半 0
- 延前 -
- 延後 -
- PK -
STARTING LINEUP
シュート 選手 背番号 ポジション 背番号 選手 シュート
0 一森 純 17 GK 33 植村 慶 0
0
1
0
0
代 健司
小池 龍太
宮城 雅史
香川 勇気
32
4
2
26
DF 3
25
2
18
野田 明弘
杉野 健斗
岡田 亮太
星 雄次
0
0
2
2
0
1
0
3
5
庄司 悦大
小塚 和季
鳥養 祐矢
島屋 八徳
福満 隆貴
44
14
11
8
7
MF 14
8
7
橋本 拓門
石堂 和人
茂木 弘人
1
1
4
6 岸田 和人 9 FW 6
9
17
鴨志田 誉
横野 純貴
星 広太
0
1
1
SUB
0 森田 耕一郎 1 GK 34 内藤 友康 0
0
0
黒木 恭平
前田 晃一
6
31
DF 28 福岡 将太 0
2 平林 輝良寛 39 MF 24 安東 輝 1
1 原口 拓人 18 FW 11
29
金 弘淵
齋藤 恵太
0
1
GAME DATA
8 島屋 八徳
9 岸田 和人
39 平林 輝良寛
36分
75分
90+7分
得点者
19 シュート 14
7 CK 5
9 FK 13
8 直接FK 10
1 間接FK 3
1 オフサイド 3
0 PK 0
11 鳥養 祐矢 ⇒ 18 原口 拓人
8 島屋 八徳 ⇒ 6 黒木 恭平
32 代 健司 ⇒ 31 前田 晃一
14 小塚 和季 ⇒ 39 平林 輝良寛
62分
75分
79分
87分
交代 59分
72分
78分
81分
9 横野 純貴 ⇒ 11 金 弘淵
7 茂木 弘人 ⇒ 29 齋藤 恵太
14 橋本 拓門 ⇒ 24 安東 輝
3 野田 明弘 ⇒ 28 福岡 将太
18 原口 拓人
2 宮城 雅史
64分
90+6分
警告 25分
87分
25 杉野 健斗
25 杉野 健斗
退場 87分 25 杉野 健斗
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
 4,715人  晴、弱風 29.2℃ 70% 良芝、乾燥 90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
森津 陽太郎  清水 勇人  西橋 勲  日高 剛  内田 康博 國田 修好

試合後監督記者会見コメント

■総括
今日は負けてしまいましたが、良いゲームだったと思います。ただ、結果0-3なので良いゲームと言って良いかどうかは微妙なところですが、前半から良いゲームを展開してくれたと思います。首位の山口さんに受けずに立ち向かうという意味では、非常に良いゲームだった思います。ただ、結果的に攻守において最後の質の部分、山口さんは攻撃の連動性、決定力があり、守備では体を張って守ることが出来、うちは足りなかった。最後の質の部分の差で結果0-3というゲームになってしまいました。

■質疑応答
――連敗が続いている中での山口戦、そして前回の対戦では非常に惜しい結果だったと思いますが、今回はどう戦っていこうという意思統一だったのでしょうか。

A:受け身にならずに、自分たちから主導権を持って攻撃的にやるぞということで臨んだゲームでした。そういう意味では攻撃的な姿勢でプレーし、ゲーム内容は良く、選手たちは全力を出してくれたのではないかと思います。

――天候の部分で、蒸し暑さは気になりましたでしょうか。

A:そうですね。7時キックオフで良かったなと思いました。

――前回から先発メンバーを大きく入れ替えたかと思いますが、その意図を教えてください。

A:連戦というところと、どの選手が出ても良いパフォーマンスをしてくれるというところで、期待を込めて選手を入れ替えました。

――GK植村選手の本日のプレーはいかがでしたでしょうか。

A:実は今日スタメンを発表したのですが、そういう中でもチームを鼓舞しながら、彼自身のパフォーマンスも素晴らしく、良いプレーを見せてくれたと思います。

――3試合連続で3失点となりましたが、失点の多さについてはいかがでしょうか。

A:そうですね。そこは本当に課題なので、守備をもう一度見直していかないと感じています。ただ、守備が問題というよりは、ボールの失い方、場所、得点を取れるところで取れないことの方が問題となっています。合わせて修正していきたいと思います。

――レノファ山口 岸田選手は5試合連続ゴールということで、要注意だったかと思いますが、どういった対策をしていたのでしょうか。

A:岸田選手はもちろん、前線の選手の質が高く、コンビネーションも非常に良いという中で、そこはしっかりディフェンスラインで対応しようと戦い、良い場面も見ることができたと思います。ただ結果やられてしまったので、次こそなんとしてでも抑えたいと思います。

 | 

Top