福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

試合結果

2015 明治安田生命 J3 リーグ 第19節

試合会場:沖縄県総合運動公園陸上競技場
試合日時:2015年7月5日(日) 18:00キックオフ

FC琉球 試合終了 福島ユナイテッドFC
1 0 前半 1 2
1 後半 1
- 延前 -
- 延後 -
- PK -
STARTING LINEUP
シュート 選手 背番号 ポジション 背番号 選手 シュート
0 今野 太祐 21 GK 34 内藤 友康 0
0
0
0
前田 晃一
川邊 裕紀
浦島 貴大
5
3
4
DF 2
25
13
岡田 亮太
杉野 健斗
大原 卓丈
0
2
0
0
1
4
3
屋宮 大地
富所 悠
岩渕 良太
浅田 大樹
6
10
14
2
MF 6
8
14
17
18
鴨志田 誉
石堂 和人
橋本 拓門
星 広太
星 雄次
0
1
1
1
0
1
0
2
田中 恵太
中山 悟志
松尾 昇悟
7
9
17
FW 7
9
茂木 弘人
横野 純貴
2
2
SUB
0 高野 純一 1 GK 33 植村 慶 0
DF
0
0
1
小幡 純平
藤澤 典隆
田辺 圭佑
11
15
8
MF 15
24
村岡 拓哉
安東 輝
0
0
1 藤井 貴 24 FW 11
29
金 弘淵
齋藤 恵太
0
1
GAME DATA
17 松尾 昇悟 66分 得点者 20分
72分
8 石堂 和人
7 茂木 弘人
13 シュート 10
9 CK 3
10 FK 14
10 直接FK 13
0 間接FK 1
0 オフサイド 1
0 PK 0
6 屋宮 大地 ⇒ 8 田辺 圭佑
9 中山 悟志 ⇒ 15 藤澤 典隆
3 川邊 裕紀 ⇒ 24 藤井 貴
7 田中 恵太 ⇒ 11 小幡 純平
33分
46分
57分
67分
交代 53分
61分
71分
77分
8 石堂 和人 ⇒ 24 安東 輝
9 横野 純貴 ⇒ 11 金 弘淵
17 星 広太 ⇒ 29 齋藤 恵太
13 大原 卓丈 ⇒ 15 村岡 拓哉
警告 25分 13 大原 卓丈
退場
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
 1,092人  曇時々雨、中風 30.7℃ 84% 良芝、乾燥 90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
津波古 昌勝  川俣 秀  淺田 武士  濱川 恒二  結城 貴志 町田 宗太

試合後監督記者会見コメント

【試合後記者会見 栗原圭介監督コメント】

■総括
前半は非常に入り方をして、自分たちの流れでゲームを進め、点をとることもでき、非常に良かったと思います。ただ、やはりあそこでもう1点、2点と取るチャンスがあったのですが、ものに出来なかったことが、こういった難しいゲームになってしまった要因の一つだと感じています。後半は琉球さんがパワーを持って少し前にかけてきたり、形を変えてきたりと、色んなことで主導権を握られてしまいました。最後、きれいな形ではありませんでしたが、今までの課題であった最後逃げ切るという部分を、体を張って守り切り、結果として繋げてくれたとは、これまでの課題を克服して、一歩前進することができたかなと思っています。

■質疑応答
――課題であった守りきるというところで、スタートの布陣についてどのような意図があったのか教えてください。

A:対琉球さんということで、今節はこれでいこうとトレーニングしてきたので、前半は非常に機能したかと思います。守備についても、プレッシャーのかけ方等をやってきたのですが、前半は良くできていたかと思います。ただ、やはり球際のところで弱さが出てしまい、そこでひっくり返されるということがあったので、そこは課題として取り組んでいかなくてはなりませんし、1対1の部分で押し込まれてしまうこともあるので、そこの強さという部分を今後出していかなくてはいけないと思います。


――久しぶりの出場だった安東選手について、本日のプレーはいかがだったでしょうか。

A:久しぶりにしては、ゲームにすんなり入ってくれて良いプレーをしてくれたと思います。


――ボールを動かしながら積極的にシュートを打つ印象を受けましたが、琉球戦に向けてどのようなプランで臨んできたのでしょうか。

A:琉球さんもボールを動かすことが長けているチームなので、どちらがボールを持てるかというのが勝負になるかなと思っていました。前半はトレーニングしてきたことを主導権を握りながら出せたと思います。ただ、そこでゴールを決めきるというというところが大事になるなということはより感じました。後半に関しては逆に琉球さんがボールを動かしながら攻めてきて苦しい時間が続いていたんですが、今回に関してはそういったところが勝負になるなと思っていたので、トレーニングでやったことを選手たちが積極的にトライしてくれたと思います。

 | 

Top