福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

試合結果

2015 明治安田生命 J3 リーグ 第16節

試合会場:あきぎんスタジアム
試合日時:2015年6月14日(日) 13:00キックオフ

ブラウブリッツ秋田 試合終了 福島ユナイテッドFC
2 2 前半 0 3
0 後半 3
- 延前 -
- 延後 -
- PK -
STARTING LINEUP
シュート 選手 背番号 ポジション 背番号 選手 シュート
0 松本 拓也 21 GK 34 内藤 友康 0
0
0
0
0
江﨑 一仁
新里 彰平
下田 光平
3
13
43
DF 3
25
2
18
野田 明弘
杉野 健斗
岡田 亮太
星 雄次
0
0
0
0
0
0
0
0
川田 和宏
島川 俊郎
熊谷 達也
峯 勇斗
14
4
8
17
MF 8
6
14
石堂 和人
鴨志田 誉
橋本 拓門
1
0
2
0
5
1
平井 晋太郎
米澤 令衣
前山 恭平
11
36
7
FW 15
11
7
村岡 拓哉
金 弘淵
茂木 弘人
1
4
2
SUB
0 浅井 俊光 1 GK 33 植村 慶 0
DF 13
28
大原 卓丈
福岡 将太
0
1
1
0
0
斎藤 純平
半田 武嗣
アグスティン オルテガ
6
15
19
MF 17 星 広太 1
0 船川 琢之介 33 FW 9 横野 純貴 0
GAME DATA
36 米澤 令衣
7 前山 恭平
5分
28分
得点者 51分
72分
77分
11 金 弘淵
14 橋本 拓門
11 金 弘淵
7 シュート 12
4 CK 2
10 FK 17
9 直接FK 13
1 間接FK 4
1 オフサイド 3
0 PK 0
11 平井 晋太郎 ⇒ 6 斎藤 純平
4 島川 俊郎 ⇒ 19 アグスティン オルテガ
14 川田 和宏 ⇒ 15 半田 武嗣
7 前山 恭平 ⇒ 33 船川 琢之介
67分
74分
78分
83分
交代 46分
65分
90+2分
90+3分
3 野田 明弘 ⇒ 28 福岡 将太
15 村岡 拓哉 ⇒ 17 星 広太
14 橋本 拓門 ⇒ 13 大原 卓丈
11 金 弘淵 ⇒ 9 横野 純貴
斎藤 純平 90+4分 警告
退場
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
 1813人 曇り  25.8℃ 59% 全面良芝、乾燥  90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
榎原 徹夫 日比野 真  鶴岡 将樹  佐藤 紳弥  高橋 俊二  安宅 輝世

試合後監督記者会見コメント

【試合後記者会見 栗原圭介監督コメント】

■総括
前半は秋田さんのハイプレッシャーを受けてたってしまい、本当に苦しい状況で主導権を握られたまま2失点し、良い形がないまま終わってしまいました。後半は見事に選手たちが気持ちを切り替えてパワーを持ってプレーしてくれたことで、3点とって逆転勝利という素晴らしいゲームにしてくれたと思います。それは出ている選手だけでなく、サブのメンバーたちがチームのために声を掛けてくれて、チーム一丸となって掴んだ勝利だと思います。非常に嬉しいです。


■質疑応答
――昨シーズンはゴール前の精度などが低く、なかなか点をとることが出来ず苦しんだと思いますが、今シーズンに関しては昨年に比べると点がとれているというイメージがあります。いかがでしょうか。

A:最後の質という部分は昨年からの課題としてやっていこうという中で、良い形が少しずつ増えてきたのと、今回に関しては、形を変えて攻撃するということがうまく機能したという部分があると思います。前線の選手の質が高くなったことで、ゴールが増えているというところもあると思います。


――前半と違って、後半はかなり動きが速かったと思いますが、後半に向けてどのような指示を送ったのでしょうか。

A:割り切って、切り替えてやるしかないと。あとは選手が動きやすいように少し動いたこと、選手のメンタリティ、チームのやり方がスムーズにいったので結果に繋がったかなと思います。


――前回の対戦も1点先制されてから同点に追いつき、今日の試合でも追いついて逆転勝利でしたが、監督として負けられない試合だったのでしょうか。

A:そうですね。東北ダービーですし、もちろん勝ちたいというのは秋田さんも同じだと思います。その中で、2点先制されながら3点取り返すことは、選手たちが頑張ってくれた結果だと思います。


――相手のプレッシャーに苦しんだ中でシステムや人の配置を変えたりしましたが、その狙いを教えてください。また、システム以外の部分でどういった部分を気を付けていたのでしょうか。

A:まずシステム以外のところでは、相手のプレスがあるところでも不用意にボールを動かしながら引っかけられてはまってしまったと。パワーを助長したプレーが多かった。だとしたら、割り切って、背後に押し上げると、もしくはもっと素早く動かして外すという判断が間違っているというところを修正しました。ただ、それで上手くまわらなかったので、形を変えて動きやすくするようにしました。それは、こういった戦いになることが分かっていたので、GW中の6試合でその形をやっていたことによって、今回成果が出たと思うので、嬉しく思います。


――茂木選手が初のフル出場でしたが、監督から見て状態はいかがでしょうか。

A:ケガ等で少し遅れましたが、コンディションは確実に上がってきていると思います。離れた期間でしっかりと整理をしてくれて、福島のサッカーに対しての理解がより深まり、質の高い動きをみせてくれていると思います。90分やれたということが、彼にとってもチームにとってもプラスになると思います。

 | 

Top