福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

試合結果

2015 明治安田生命 J3 リーグ 第15節

試合会場:とうほう・みんなのスタジアム
試合日時:2015年6月7日(日) 13:00キックオフ

福島ユナイテッドFC 試合終了 いわてグルージャ盛岡
1 0 前半 0 1
1 後半 1
- 延前 -
- 延後 -
- PK -
STARTING LINEUP
シュート 選手 背番号 ポジション 背番号 選手 シュート
0 内藤 友康 34 GK 21 横山 卓司 0
0
0
0
0
野田 明弘
杉野 健斗
岡田 亮太
星 雄次
3
25
2
18
DF 2
4
3
5
木村 勝太
岡田 祐雅
小林 亮太
田中 舜
1
0
0
0
0
1
0
石堂 和人
橋本 拓門
鴨志田 誉
8
14
6
MF 14
16
10
林 勇介
森 英次郎
谷村 憲一
1
0
0
1
2
1
村岡 拓哉
金 弘淵
田村 翔太
15
11
19
FW 13
17
8
チョン フンソン
住田 貴彦
松田 賢太
0
0
0
SUB
0 植村 慶 33 GK 1 田端 信成 0
0
0
大原 卓丈
福岡 将太
13
28
DF 23 守田 創 0
MF 27
15
6
益子 義浩
松本 圭介
森川 龍誠
0
1
0
1
0
茂木 弘人
横野 純貴
7
9
FW
GAME DATA
7 茂木 弘人 75分 得点者 84分 林 勇介
6 シュート 3
6 CK 1
14 FK 23
14 直接FK 19
0 間接FK 4
0 オフサイド 4
0 PK 0
19 田村 翔太 ⇒ 7 茂木 弘人
15 村岡 拓哉 ⇒ 9 横野 純貴
3 野田 明弘 ⇒ 28 福岡 将太
8 石堂 和人 ⇒ 13 大原 卓丈
56分
82分
87分
90+4分
交代 82分
82分
17 住田 貴彦 ⇒ 15 松本 圭介
10 谷村 憲一 ⇒ 27 益子 義浩
横野 純貴 88分 警告 82分
85分
90+5分
17 住田 貴彦
13 チョン フンソン
16 森 英次郎
退場
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
 1599人 晴れ、弱風  26.7℃  44% 良芝、乾燥  90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
小畑 穣  塩津 祐介  篠藤 巧  辛島 宗烈  馬上 一彦  佐久間 慎一

試合後監督記者会見コメント

【試合後記者会見 栗原圭介監督コメント】
■総括
どちらも2連勝、そして東北ダービーということで、是が非でも勝ちたいという中での戦いだったと思います。前半は福島の選手たちがアクションを起こして、良い形で進めてくれましたが、最後の部分の質が低く、得点を奪うことが出来ませんでした。ただ良い形でゲームを進められたと思います。
後半に関しては、盛岡さんが徐々にセカンドボールを取り始めて、押し込まれる時間帯が多くなってしまいましたが、自分たちの時間帯になった時、ロングスローからの茂木のシュートで点を取ることができました。最後の失点シーンはミスからのカウンターで、守備に対して飛び込んで、入れ替わった結果なので、そこの判断の部分で非常にもったいなかったなと感じています。

■質疑応答
――茂木選手が今季初得点ということですが、後半ピッチへ送り出す時はどういった指示を出したのでしょうか。

A:ここ2戦途中出場しコンディションも整ってきていたので、普段通りプレーしてくれれば必ず良いプレーをしてくれると思っていたので、特に何も言わずに送り出しました。ただ、そこでしっかり点を決めてくれたということは今日一番の大きな収穫です。そのためにも勝利したかったので、非常に悔しいです。


――後半途中から、茂木選手と村岡選手の位置を逆にしたことで、それが結果的にゴールに繋がったかと思いますが、そこの意図はあるはあるのでしょうか。

A:ロングスローのために村岡が移動して、そのままその位置に戻った中で、選手たちが自由に移動してやってくれたと思います。特にこちらからは指示はしていません。

――ホームで連勝が止まってしまったということで、何か思うことはありますでしょうか。

A:ホームでまた勝つことが出来ませんでした。勝ち点1を取れたことを一歩前進ととるか、勝てない悔しさが大きいので、非常に残念です。ただ、今日の試合を前向きに捉えて、次の試合に向けて準備していきたいと思います。

――次節の秋田戦に向けて修正のポイントなどはありますでしょうか。

A:盛岡さんと秋田さんではスタイルが違いますので、準備の仕方も変わってくるかと思います。ただ、今後の勝利のためにも、ベースの部分はしっかりしてきましたので、最後の質の部分、反応のスピード感を上げていくことが必要になってくるかと思います。


――ここ数試合は4バックで戦われていますが、固定でいくのでしょうか。

A:基本的にはこの形でいきますが、もちろん主導権を握って戦うため、試合の流れによって変えたほうが良いと思えば、変化させていきます。

 | 

Top