福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

試合結果

2015 明治安田生命 J3 リーグ 第14節

試合会場:ニッパツ三ツ沢球技場
試合日時:2015年5月31日(日) 13:00キックオフ

Y.S.C.C.横浜 試合前 福島ユナイテッドFC
0 0 前半 0 1
0 後半 1
- 延前 -
- 延後 -
- PK -
STARTING LINEUP
シュート 選手 背番号 ポジション 背番号 選手 シュート
0 高橋 拓也 1 GK 34 内藤 友康 0
0
0
0
0
渡邉 三城
宗近 慧
松田 康佑
藤川 祐司
2
15
4
13
DF 3
25
2
18
野田 明弘
杉野 健斗
岡田 亮太
星 雄次
0
1
0
0
0
0
0
2
0
小澤 光
平間 直道
山本 真也
吉田 明生
山﨑 正登
6
7
24
10
8
MF 8
6
14
石堂 和人
鴨志田 誉
橋本 拓門
2
1
1
0 友澤 剛気 9 FW 15
11
19
村岡 拓哉
金 弘淵
田村 翔太
1
2
0
SUB
0 浅沼 優瑠 35 GK 33 植村 慶 0
0
0
西山 峻太
中西 規真
25
31
DF 13
28
大原 卓丈
福岡 将太
0
0
0 梅内 和磨 18 MF 17 星 広太 0
0 井上 和馬 11 FW 7 茂木 弘人 0
GAME DATA
得点者 85分 11  金 弘淵
2 シュート 8
3 CK 4
10 FK 21
8 直接FK 18
2 間接FK 3
1 オフサイド 3
0 PK 1
9 友澤 剛気 ⇒ 11 井上 和馬
8 山﨑 正登 ⇒ 18 梅内 和磨
2 渡邉 三城 ⇒ 31 中西 規真
13 藤川 祐司 ⇒ 25 西山 峻太
60分
71分
89分
90分
交代 61分
69分
15 村岡 拓哉 ⇒ 7 茂木 弘人
19 田村 翔太 ⇒ 17 星 広太
13 藤川 祐司
15 宗近 慧
28分
85分
警告
退場
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
871人  晴れ  30.9℃ 55% 全面良芝、乾燥  90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
杉澤 直樹  細尾 基 眞鍋 久大  加藤 正和  江田 修一  吉田 浩昭

試合後監督記者会見コメント

【試合後記者会見 栗原圭介監督コメント】
■総括
非常に気温が高く難しい環境ではありましたが、選手たちは負けずに良い顔をして、主導権をもって戦おうという中でプレーしてくれたと思います。結果1-0で勝利でき、非常に嬉しく思いますし、選手たちに感謝しています。


■質疑応答
――前節から内藤選手や杉野選手など守備陣の入れ替わりがあった中で、今日の試合は10試合ぶりに無失点となりました。守備陣の評価をお願いいたします。

A:非常に良い形で守備を統率してくれていると思います。システム上の差はあるにせよ、新しく入ってきた選手が変わらずにしっかりとプレーしてくれている、失点0という結果として表してくれたこと、非常に嬉しく思います。


――変えたことによって、チームが良い状況になっていると捉えてよいのでしょうか。

A:そうですね。今日も失点0に抑えることが出来ましたし、結果も出ています。ただ、怪我から復帰している選手もいますし、そこで良い競争が生まれ、これからより良くなっていくのではないかなと思っております。


――後半茂木選手を投入して、システムは変えずに最後のところで2トップにしていたと思いますが、そこの判断に至った経緯と、時間帯的にもう少し早くても良かったのではないか、というところについてはいかがでしょうか。

A:茂木に関しては、守備が上手いということで右に置きたいということもありましたし、後半は非常に攻めていたので、無理に形を変えなくても点は取れるのではないかという意識でした。ただ、最後だいぶ押し込むことが出来ていたので、2枚にすることでより前に圧力がかかるのではないかと思い、変えました。得点後、すぐに戻したのは彼の守備力を含め、状況によってプレーを変えることが出来るので、変えました。


――支配しながらもなかなか点が取れないと雑になってしまったりすることがありますが、今日の試合ではそれがなく出来たのではないかと思いますがいかがでしょうか。

A:ありがとうございます。選手たちには、前半シュートがあまり打てていませんでしたので、やっているサッカーは良い、ただ最後の部分の質が低いからシュートを打てていないだけだから、後半は落ち着いて最後のところをより意識して丁寧に大胆にプレーしてくれと送り出しました。ただ、やはりもっと質を上げないと点は取れないという課題は選手たちも感じてくれているので、引き続きやっていきたいと思います。

 | 

Top