福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

試合結果

2015 明治安田生命 J3 リーグ 第10節

試合会場:町田市立陸上競技場
試合日時:2015年5月6日(水) 16:00キックオフ

FC町田ゼルビア 試合終了 福島ユナイテッドFC
1 0 前半 0 1
1 後半 1
- 延前 -
- 延後 -
- PK -
STARTING LINEUP
シュート 選手 背番号 ポジション 背番号 選手 シュート
0 髙原 寿康 21 GK 33 植村 慶 0
0
0
0
0
星野 悟
増田 繁人
平 智広
松本 怜大
2
15
4
19
DF 2
4
13
岡田 亮太
戸川 健太
大原 卓丈
0
0
0
1
3
1
0
李 漢宰
大竹 隆人
鈴木 崇文
遠藤 敬佑
6
13
17
8
MF 3
8
14
24
18
野田 明弘
石堂 和人
橋本 拓門
安東 輝
星 雄次
0
1
0
3
0
2
4
久木野 聡
鈴木 孝司
38
9
FW 11
17
金 弘淵
星 広太
3
3
SUB
0 内藤 圭佑 1 GK 34 内藤 友康 0
0 深津 康太 5 DF 28 福岡 将太 0
0 土岐田 洸平 10 MF 15
20
村岡 拓哉
前田 尚輝
0
0
0
3
中村 祐也
重松 健太郎
11
39
FW 29 齋藤 恵太 1
GAME DATA
9 鈴木 孝司 70分 得点者 76分 24 安東 輝
14 シュート 11
11 CK 3
13 FK 17
10 直接FK 12
3 間接FK 5
3 オフサイド 5
0 PK 0
8 遠藤 敬佑 ⇒ 39 重松 健太郎
38 久木野 聡 ⇒ 11 中村 祐也
2 星野 悟 ⇒ 10 土岐田 洸平
13 大竹 隆人 ⇒ 5 深津 康太
46分
78分
86分
90分
交代 73分
82分
87分
11 金 弘淵 ⇒ 29 齋藤 恵太
4 戸川 健太 ⇒ 28 福岡 将太
3 野田 明弘 ⇒ 15 村岡 拓哉
8 遠藤 敬佑
15 増田 繁人
19分
67分
警告 31分
78分
3  野田 明弘
14 橋本 拓門
退場
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
2,802人 曇り、中風  21.1℃  55%  全面良芝 90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
 山田 等  山岡 良介  西山 貴生  手代木 直美 土屋 政隆  河合 純一

試合後監督記者会見コメント

【試合後記者会見 栗原圭介監督コメント】

■総括
前節の相模原戦では、自分たちのサッカーが出来ずに非常に悔しい思いをしました。そんな中で、どのように改善していこうかいというところで、選手ミーティングをしながら自分たちで修正・改善をし、今日の試合ではそれを実践してくれました。自分たちのやろうとしたことに関して、チーム全員が一つになって戦ってくれて、良いプレーを見せてくれたので非常に嬉しく思います。今回、関東での2連戦ということで、クラブには平塚に宿泊をさせてもらい、トレーニング会場や、先ほど言ったような選手ミーティングの時間を設けることができ、非常に良い環境を整えてくれたことも良いサッカーに繋がったと思います。そして、その間にも選手の入れ替わりがあり、横野純貴がメンバーに帯同しながらも、今日はベンチ外だったのですが、彼がロッカールームでチームのために選手に声をかけてくれたり、なかなか悔しい思いを持った中でそこまで行動できる選手はいないなと。そういった彼の姿勢もチームが良いプレーが出来た要因の一つではないかと感じ、非常に嬉しく思います。
ただ、あれだけチャンスを作りながらも点が取れないという部分は改善しなくてはなりませんし、もちろん強い町田さんを相手に良い戦いが出来たことは嬉しく思いますが、我々がこの先、上位を狙うという中では、勝ちきることによりこだわってやっていかなくてはならいないと改めて感じました。


■質疑応答
――前節の敗戦をうけて具体的にどのようなところを修正しようと心掛けたのでしょうか。

A:前節の試合を選手だけで見て、感じたことを修正してくれました。いくつかあるのですが、そのひとつに攻撃に関してのポジショニングを修正していこうというところで、彼らの考えたものがあったので、それを今日の試合でトライしてくれと伝えました。


――システムを変えて4試合目、主導権を握るためにシステムを変えたと仰っていましたが、手応えはいかがでしょうか。

A:試合を重ねるごとに良くなってきていると思います。しかし、攻撃に関してはまだまだ機能しておらず、改善の余地は多々あるなという中で進んできましたが、今日に関しては選手たちがこうしていこうと修正して、良い形を作ってくれたと思います。引き続き質を高めていって欲しいなと思います。


――後半に安東選手が同点ゴールを決めましたが、チームにとってどのような影響を与えたのでしょうか。

A:セットプレーのコーナーキックからの素晴らしい得点でした。チームにとっても同点に追いつく非常に価値のあるゴールでした。安東の動きも素晴らしかったのですが、キッカーの質、他の選手の質、全てがそろってのゴールだったと思います。

 | 

Top