福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

試合結果

2015 明治安田生命 J3 リーグ 第6節

試合会場:とうほう・みんなのスタジアム
試合日時:2015年4月18日(土) 13:00キックオフ

福島ユナイテッドFC 試合終了 ブラウブリッツ秋田
1 0 前半 1 1
1 後半 0
- 延前 -
- 延後 -
- PK -
STARTING LINEUP
シュート 選手 背番号 ポジション 背番号 選手 シュート
0 植村 慶 33 GK 21 松本 拓也 0
1
0
0
0
野田 明弘
戸川 健太
大原 卓丈
星 雄次
3
4
13
18
DF 13
24
43
新里 彰平
山田 尚幸
下田 光平
0
0
0
1
1
1
0
金 功青
岡田 亮太
安東 輝
鴨志田 誉
10
2
24
6
MF 20
4
8
17
7
14
牧内 慶太
島川 俊郎
熊谷 達也
峯 勇斗
前山 恭平
川田 和宏
0
0
0
1
1
0
1
2
横野 純貴
金 弘淵
9
11
FW 9 レオナルド 1
SUB
0 内藤 友康 34 GK 1 浅井 俊光 0
0 杉野 健斗 25 DF 3 江﨑 一仁 0
0
1
石堂 和人
村岡 拓哉
8
15
MF 10
16
熊林 親吾
三好 洋央
0
0
0 齋藤 恵太 29 FW 25 柿本 健太 0
GAME DATA
9 横野 純貴 47分 得点者 45+2分 17 峯 勇斗
8 シュート 3
6 CK 3
10 FK 11
8 直接FK 11
2 間接FK 0
3 オフサイド 0
0 PK 1
10 金 功青 ⇒ 8 石堂 和人
3 野田 明弘 ⇒ 15 村岡 拓哉
9 横野 純貴 ⇒ 29 齋藤 恵太
67分
73分
76分
交代 60分
67分
74分
74分
14 川田 和宏 ⇒ 16 三好 洋央
9 レオナルド ⇒ 25 柿本 健太
7 前山 恭平 ⇒ 10 熊林 親吾
8 熊谷 達也 ⇒ 3 江﨑 一仁
3 野田 明弘
24 安東 輝
18 星 雄次
45+1分
51分
78分
警告
退場
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
 913人 晴、強風 20.1℃ 17% 不良、乾燥 90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
滝 弘之 西山 貴生 山岡 良介 名取 洋典 深堀 祐介 佐久間 慎一

試合後監督記者会見コメント

【試合後記者会見 栗原圭介監督コメント】

■総括
非常に風の強い中での試合となり、前半は風下で押し込まれる時間帯が多くなってしまいました。そんな中でも、選手たちが最後の部分で相手に絶対にやらせないという守備をしてくれたので良かったと思います。ただ、攻撃に関してはほとんど攻めることが出来なかったので、引き続き改善していかなくてはならないと感じています。後半、風上になり少しプレスのタイミング等修正したところで、選手たちが非常に良い対応力で、しっかりと把握しながらプレーできたことでこちらが主導権を握ることが出来ました。最後、勝ち切るチャンスがあり、そこでもう1点とることが出来ていればよかったと思います。ただ後半は、非常に切り替えも早く、前へのパワーを持ってゲームをしてくれたのではないかと思います。



■質疑応答
――3バックは今シーズン初めてでしょうか。

A:そうですね。試合終了間際に何度かやったことはありましたが、スタートからは初めてです。実はそこが新たなトライで、最初は少しタイミング等がなかなか掴むことが出来ない中で、受け身になってしまった部分はありました。しかし、前半の途中から掴み出して後半の途中には理解力も対応力もある中でプレーしてくれたので、今後につながるゲームなったのではないかと思います。

――秋田さんとの相性を考えての3バックなのでしょうか。

A:秋田さんのスタイルはもちろんですが、我々としても大原や横野が今まで良くやってくれている中でチャンスをあげたいと思っていたので、こちらのメンバー等も考慮してこの形にしました。

――その布陣にした最大の理由はなんだったのでしょうか。

A:相手、我々の出場メンバー、それを踏まえて我々が主導権を握り勝つためです。

――前半は風下ということで、どちらかというと守備、点を取られないことを重視した戦術だったのでしょうか。

A:そういうわけではありません。やはりタイミングが掴めないということ、強風の中の風下ということで、見ている以上にプレーしている選手たちはプレッシャーを感じ、押し込まれてしまいました。

――貴重な同点ゴールを決めた横野選手についてはいかがでしょうか。

A:彼はいつも100%の力を出し、常にゴールに向かってプレーする選手です。それを期待していた中できちんと結果を出してくれたので、非常に嬉しく思っています。

――2トップにしたことについて、今日の2人の連繋はいかがでしたでしょうか。

A:気持ちを持ってプレーしてくれたと思いますが、まだまだお互いの関係性を見ながらプレーすることが少なく、もっと連繋を深めていって欲しいと思います。

――風が強かったと思いますが、その風の強さに関して何か指示はあったのでしょうか。

A:状況に応じた判断をしなければいけないと日頃から言っております。前半は風の影響もあり、受けすぎてしまいました。後半は風上になったことでプレッシャーがかけやすくなり、前から連続性を持ってプレスをかけること、選手はそれをしっかり理解しプレーしてくれたと思います。追い付きたい、勝ち越したいという気持ちを見せ、ゴールに向う姿勢を見せプレーしてくれていました。

――4試合負けなしということですが、次節以降の意気込みをお願いします。

A:負けなしですが、ここ2試合は引き分けと勝ちきれていません。やはりそこを勝ちきらないと上位には行けないと思うので、勝つということを目標に良い準備をしていきたいと思います。

 | 

Top