福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

試合結果

2015 明治安田生命 J3 リーグ 第3節

試合会場:ニッパツ三ツ沢球技場
試合日時:2015年3月29日(日) 13:00キックオフ

Y.S.C.C.横浜 試合終了 福島ユナイテッドFC
0 0 前半 1 1
0 後半 0
- 延前 -
- 延後 -
- PK -
STARTING LINEUP
シュート 選手 背番号 ポジション 背番号 選手 シュート
高橋 拓也 1 GK 33 植村 慶
青田 翔
宗近 慧
中西 規真
小澤 光
22
15
31
6
DF 3
4
2
18
野田 明弘
戸川 健太
岡田 亮太
星 雄次
山﨑 正登
三浦 雄介
友澤 剛気
吉田 明生
梅内 和磨
8
17
9
10
18
MF 14
24
10
橋本 拓門
安東 輝
金 功青
エルサムニー オサマ 33 FW 8
11
19
石堂 和人
金 弘淵
田村 翔太
SUB
守山 健二 30 GK 34 内藤 友康
服部 大樹 5 DF 13 大原 卓丈
山本 真也
工藤 由夢
24
28
MF 15 村岡 拓哉
佐々木 雅人 20 FW 29
9
齋藤 恵太
横野 純貴
GAME DATA
得点者 22分 18 星 雄次
12 シュート 7
4 CK 2
14 FK 20
12 直接FK 14
2 間接FK 6
2 オフサイド 6
0 PK 0
18 梅内 和磨 ⇒ 20 佐々木 雅人
17 三浦 雄介 ⇒ 5 服部 大樹
79分
90分
交代 65分
74分
90+1分
90+3分
8 石堂 和人 ⇒ 9 横野 純貴
19 田村 翔太 ⇒ 29 齋藤 恵太
10 金 功青 ⇒ 13 大原 卓丈
3 野田 明弘 ⇒ 15 村岡 拓哉
8 山崎 正登
33 エルサムニ― オサマ
35分
82分
警告 39分
73分
78分
8 石堂 和人
24 安東 輝
33 植村 慶
退場
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
 803人  20.3℃  56% 全面良芝、乾燥  90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
 山田 等  日高 晴樹  篠藤 巧  宇治原 拓也 若松 亮 吉田 浩昭

試合後監督記者会見コメント

【試合後記者会見 栗原圭介監督コメント】
■総括
1-0での勝利ということで、2連勝することができ非常に嬉しく思います。前半は私たちのやろうとしているサッカーができ、いい形で得点することが出来ました。しかし、後半に関してはY.S.C.C.さんに素晴らしいゲームをされてしまい、私どもが守勢にまわることが多く、こちらのリズムに戻すことが出来ずに内容的には完敗でした。ただ、最後の部分でしっかり守り切って勝利することができたと思います。

■質疑応答
――星選手がルーキーながら決勝点を決めましたが、本日の星選手の働きについて評価をお願いいたします。

A:攻守においてしっかりと自分の役割を果たしてくれて、非常に素晴らしいプレーをしてくれたと思います。攻撃についても前に行く力というのは彼の特徴なので外で行くだけでなく、今日のように中に入ってシュートまで打つことをやってくれたら本当にこれからチームの力になってくるのではないかと思います。


――相手にボールを持たれる時間が長かったと思いますが、それはプラン通りだったのでしょうか。

A:前半は私たちも持つ時間がありましたが、Y.S.C.C.さんが非常に良いポゼッションからの崩しというところで素晴らしい組み立てをしてきたので、行けないところは無理していかない、行けるところは行こうと、そこは選手たちの判断に任せて送り出しました。ただ、予想以上に私どもが前から行けない状況を作られてしまったので、そこは受け身になってしまった印象です。ただ、割りきって最後まで守り切ったというところに関しては評価できる部分ではないかと思います。


――途中で2トップに変えた意図はどういったところでしょうか。

A:一つは押し込まれているので、その後に2枚前にいたほうが起点になるというところと、2枚で送り出したところで、間をつかれないような状況を作りたかったというところで変えました。


――前節は戸川選手が決めて、今節は星選手と新しい選手が2試合連続で得点しているわけですが、縦への意識が見えるようになってきたと感じますが、3試合を振り返ってみて成長した部分はありますでしょうか。

A:2人とも結果として出してくれていて、そこは素晴らしいと思います。ただ、2人だけではなく、チームとして機能しているからこその勝利だと思いますし、今日は逆に機能しない中でもしっかり割り切って勝ちに徹してくれての勝利でしたので、勝負強さという部分は昨年にはなかった部分なので、評価できると思います。ただ、内容的には残念でした。


――内容的には押される試合でしたが、アウェイで勝ち点3をとれたということはチームにとってどんなプラスがあるのでしょうか。

A:勝ち点3をとるということは、チームの自信にもなりますし、もちろん内容が伴えば素晴らしいですが、最後の部分守り切って、選手たちが我慢して割り切って出来るメンタリティも必要ですし、そこの強さも見せてくれたので、非常に嬉しく思います。シーズンを戦っていく中でもこれからにつながる勝利だったと思います。

 | 

Top