福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

試合

【11/24 ヴァンラーレ八戸戦】試合後記者会見 松田岳夫監督コメント

2019年11月24日 (日)

【試合後記者会見 松田岳夫監督コメント】

■総括
試合前からグランド状況は水浸しで正直ボールが動くか不安でしたが、実際ゲームが始まると思ったよりボールが動いたと思います。
開始10分〜15分はリスクを犯したくなかったので、シンプルな攻撃を意識するというところを徹底してゲームに入りました。
結果的にそこのイメージから、ボールが動くようになってからシフトチェンジができず、速攻だけに頼りすぎてしまいました。
相手を見てプレーするという自分たちのずっと続けてきたことが、こういう状況の中で出すことができなかったという部分で大きく課題が残りました。
そんな中で先制点を奪えたというのはプラス材料でしたが、失点のところではミスも重なり、悪い流れになってしまいました。
後半はボールを動かすというところでイメージはしていましたが、今度は逆に相手の背後へのプレーというのが少なくなり、人数をかけて守る相手に対してギャップを作ることが出来なかったので、攻撃のところの課題も当然残ります。
最後ゲームが荒れましたが、選手達はそういう中でも戦うという部分では戦っていたと思いますが、少しずつズレが生じてしまいチームとして機能しなかったのがすごく残念でした。

■質疑応答
—後半なかなかチャンスが作れませんでしたが、その辺りはどうお考えですか?

距離感は良くなってきたのですが、裏へのパワーが足りなかったのは事実だと思います。自分たちがボールを持ってアクションを起こすというよりは、ボールを持って考える時間が長く、どちらかというと持たされている、そういう印象が残りました。

—次節、累積で3人出れませんが、残り2試合どう乗り越えていきますか?

年間通してチームはブレずにここまできたと思っています。当然結果云々はありますが、今日出場できなかった選手、メンバーに入れなかった選手含め、チームがやるべきことというのはみんな理解していると思っています。
3人メンバーは変わりますが、やるサッカーを変えるわけではなく、チームがやるべきことを出た選手達が表現してくれると思って闘っていきたいと思います。

—今日武選手がゴールを決めてこれで15ゴール目ですが、監督から武選手への期待を教えてください。

彼の得点への意識であるとか、ゴールに向かうプレーであるとか、ここまで点をとっていることを考えると非常に良いものを出してくれていると思っています。
ただチームとして、当然ゴール前にいる選手ですから、それは彼が特別なわけではなく、彼は彼の役割の中でチームとして戦い、最終的にゴールを決める。
本当に特別どうこうではなくて、いつも通りにプレーすれば、彼の良さというのは出ると思っています。変に意識して空回りするよりは、体に染み付いたことをストレートにゲームで出してほしいと思っています。

Top