福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

試合

【4/7 カマタマーレ讃岐戦】試合後記者会見 松田岳夫監督コメント

2019年04月07日 (日)

【試合後記者会見 松田岳夫監督コメント】
■総括
試合を振り返ってみると、ゲーム全体を通してやれることも多かったです。
ただ『ゴールを奪う』『ゴールを守る』という一番大事なところで相手に上回られてしまいました。
これがすべてだと思います。
もっともっと足りないところを積み上げていかなければいけない部分がたくさんあるので、
1ゲームずつしっかりと積み上げて今後の試合に臨んでいきたいと思っています。

■質疑応答
――一番大事なところで相手に上回られてしまったとありましたが、格上の讃岐さん相手に福島のやりたいことはどの程度出来たと感じていますか?

A:相手の早いプレッシャーも想像していましたし、経験のあるチーム・選手がいる中で、自分たちが臆せず周りを見てしっかりとゲームができるか、そこが一番大事なところだったと思います。
試合前も選手達にそういう話をして試合に挑みました。
実際に選手達がグラウンド上で表現したプレーというのは、本当に怖がらずにしっかりと自信を持ってボールを回すことができていたので、そこの部分は非常に良かったと感じています。

――次節ホームに戻りますが、次節に向けての意気込みをお願いします。

A:良いゲームをしているだけでは終われないので、当然勝ちに繋げていきたいですし、『ゴールを奪う』という部分で、もっとアグレッシブにもっと変化をつけて、ゴールへの道をたくさん作ること、そこが目標になってくるので、次節は福島に戻って、福島の皆さんと共に勝利を味わいたいなと思っています。

Top