福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

ニュース

2018シーズン終了のご挨拶と感謝

2018年12月25日 (火)

日頃から福島ユナイテッドFCの応援を賜り厚くお礼申しあげます。

田坂監督2年目の2018シーズン。
目指すは、昨年のひたむきさに加え、より進化した福島スタイルによる勝利と優勝でした。

3月11日の特別な日に行われたホーム開幕戦の劇的な勝利から前半戦は上位につけ、期待の声が多く寄せられました。しかしながら、後半戦は非常に苦しみ、なかなか勝利をお届けすることができず、結果的に皆様の期待に応えることができませんでした。非常に残念であり、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

福島スタイル(繋がりタオすサッカー)は確実に進化しましたが、引分数が13試合とJ3で一番多い年になりました。来季は負けない福島からどう勝ち切るのかという課題に挑戦するため、しっかりと準備を進めてまいります。

琉球、鹿児島はJ2ライセンスを取得し昇格しました。秋田もライセンスを取得し来季の昇格を目指します。福島にもできないわけがありません。
それには、これまで以上に経営基盤をはじめ練習や試合環境、アカデミーを含めたクラブ環境の向上が不可欠です。ホームタウンの拡大やホームゲームの魅力創出に努め、平均入場者の増大を目指します。「福島の総合力=いわゆる地域力」が必要なのです。是非ともこれまで以上の応援をお願いいたします。

また、福島ユナイテッドFCの農業部では選手自身が桃やりんごの栽培、PR活動、販売をしております。夏には福島県の協力によりクラブ初のタイ遠征における桃のPRを行うことができました。今シーズンからは田んぼを購入して米の収穫と販売も行っております。これからも風評払拭活動をはじめ社会との連携活動「シャレン」にも積極的に取り組んで参ります。

最後になりますが、支えて頂いている皆様のご支援と熱いご声援に心から感謝申し上げると共に、来シーズンの福島ユナイテッドFCの活躍をお誓い申し上げ、ご挨拶といたします。

2018シーズンの応援、誠にありがとうございました。

福島ユナイテッドFC 代表 鈴木勇人

Top