福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

試合

【10/21 群馬戦】試合後記者会見 田坂和昭監督コメント

2018年10月21日 (日)

【試合後記者会見 田坂和昭監督コメント】
■総括
結果的には勝ち点を取ることができず、また敗戦という形になり、応援に来ていただいたサポーターの皆さんには申し訳ないと思っております。ただ、内容については前回の琉球戦に比べれば、終始我々のサッカーが出来ていましたし、相手も引いて守ってカウンターかリスタートしかなかったので、ほとんど怖さは感じませんでした。その中で、我々もまだ経験であったり、技術・能力であったりが乏しい分、守りを固めているチームに対して点を取ることが出来なかったのは課題です。我々のサッカーは全員がコンパクトに攻守の切り替えが早く、密集の中からゴールを奪いに行くのですが、ここ数試合はゴールが奪えていないので、そういうところも今後やっていかなくてはいけないと思います。全体的には、少しずつ内容が良くなる兆しがありますし、今日の試合に関しては良く戦っていたと思います。次は勝ち点3を取る為に、我々のやり方でしっかりやっていきたいと思います。

■質疑応答
――特に後半になるにつれて、スムーズに群馬のゴールを脅かすようなシーンが増えていたように感じましたが、その辺りについて、前半から後半に向けて何か変えた部分はあったのでしょうか。

A:微調整はハーフタイムに選手同士で話をさせました。前半から良い形でワンツーであったり、密集の中からサイドを崩しているシーンだったりが、少なからずあったので、全体的には悪くないから選手同士の中で微調整をしてくれと。サイドに開くのか中に入るのか、ワンタッチツータッチのタイミングは良いのかというところで、選手たちがよく自分たちのアイディアの中からやった成果だと思います。

 

Top