福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

試合

【6/17 相模原戦】試合後記者会見 田坂監督コメント

2018年06月17日 (日)

【試合後記者会見 田坂和昭監督コメント】
■総括
なんとか逆転してサポーターの皆さんと喜びたかったです。前節は勝ち点3を逃してしまった試合で、今回はなんとか選手たちの頑張りで勝ち点1をもぎ取ったという印象です。内容も観て分かるように、良い時悪い時の差が激しすぎました。もちろん選手は一丸となって戦っていますが、これは正直私の選択ミスです。ずっと出続けている選手の中で疲労感がある選手を今日もあえて使いました。それは私から思えば、ここをなんとか乗り越えなければいけないというところで話をしました。先発で行くのかサブで行くのか、自分の中で考えに考えた末、前回と同じメンバーで臨みました。案の定、試合に入ってみてパフォーマンスが低かったというところで、これは選手がというよりは私の判断ミスだと思います。その中でプランを作ってトレーニングをしていましたが、特に後半は圧倒的に我々のサッカーで押し込むことが出来ましたし、相手のシュートも0に抑えています。そういうところで代わった選手がフレッシュで、良い力を出してくれたなと。またチーム内で競争してチーム力を上げていきたいですし、今珍しく4戦連続引き分けなので、次の試合では残り2の勝ち点を取れるように、またトレーニングしていきたいと思います。

■質疑応答
――前節までは3バックで戦っていた相手が4-4-2に変えて臨んできましたが、その影響は前半立ち上がりあったのでしょうか。

A:それは無いです。選手たちにも4バックで来た場合はこういった感じで来るよという話はしていましたので、その影響は無いですし、我々は相手が4バックだろうが3バックだろうが、守備の時の規律だったり攻撃の狙いだったりはやっているので、どちらで来ても選手たちはそんなの不安の無かったと思います。

――立ち上がり1分台での失点ですが、ゲームの入りの失点についは、どのように感じますか。

A:あれは分析済みでした。実は群馬の試合の時に、あのクイックのリスタート1本目で得点していて。だからその映像を出して、1本目のリスタートは早く蹴るから後ろからマークを付かれないように、スプリントをかけて入ってくるから気を付けるように…と話をしていたんですが、結果的にそれでやられてしまいました。これはいつも言うように、言っているだけではダメですし、プレーで出せるようにしてあげなくては、出来ていないのと一緒ですので、それはチームとして修正していかなくてはいけないと思います。警戒はしていましたが、まんまとやられてしまいましたね。
天皇杯とも一緒で1点目を取られた後の2失点目が今のチームの課題だと思います、どうしてもテンションが落ちてしまうし、アウェイのYS横浜戦もそうでした。1失点目の後、まだ修復できるんですけど、どうしてもチームとしてテンションが下がってしまうので、その辺もチームとして克服しなくてはならない点だと感じています。

――2失点目は、ディフェンスラインとボランチの間あたりのミスだったり、相手の谷澤選手に突かれている印象でした。その後選手を入れ替えていましたが、そこの部分のケアが今後上位へ行く為のポイントかと思いますが、いかがでしょうか。

A:もちろん、今までも凌げていた試合もありましたが、どうしても今日は谷澤選手の経験・テクニックの部分、トップ下に入ってやらしいなと。2点目のシュートも彼らしいですし、そこに対してディフェンスが競った後のセカンド、今言われたようにボランチだったり他の選手がケア出来なかったことは痛いです。2点取られても2点返す力はあったので、なんとか3点目を取って逆転する力をこれから後半戦に向けて付けていかなくてはいけませんし、私は出来ると思っています。

――1点返した場面について、武選手がうまくヒールで樋口選手に預けて、その後しっかりFWとしてあそこまで入って決めましたが、彼のスタイルが見えるプレーが増えてきたことについてはいかがでしょうか。

A:沼津戦・盛岡戦で点が取れず、試合後の会見でその解決策はありますか?と聞かれて、その特効薬はありませんという話をしましたが、特効薬はありました。チームでしっかりトレーニングして、前回の試合の得点の形だったり、今日の1点目というのは我々の理想的な形なので、もちろん今日は颯が最後いい形でフィニッシュを決めましたが、それまでの過程はTHE密集だなと。選手の距離感、ポジショニングというのが徐々に今年バージョンで出来始めているのかなと感じています。

――2点を先行されるのはYS横浜戦以来かなと思いますが、そこでパニックにならず、前半のうちに1点を返せて、後半も勢いをつけられたのは精神的な成長かなと思いますが、いかがでしょうか。

A:もちろん、それもあると思います。前半に良い形で1点返せたことは選手たちの自信になったと思いますし、行けるという気持ちが出てきたので勢いづきました。選手の配置を変えることで、今日の試合に関してはだいぶ噛み合い始めていました。そういうところでも、自分たちのサッカーを徹底的にやりながら攻守においてバランス良く攻めたり、守ったりというところが出来始めてきたので、今日の試合は一丸となってやることが重要だという話をしていたので、ビハインドの中から、よく団結して戦ったなと思います。

――本当に理想の形で武選手がゴールして、前節から2試合連続ゴールとなり、彼も自信を付けていると思います。狙っている密集の形でチームとして続けてゴールを奪えたことについての手ごたえは。

A:選手がそういう意図を持って動いている証拠ですし、それをゴールという結果にしっかり繋げたと。パスミスをしないでゴールネットを揺らすことは、今日は颯がフィニッシャーで決めましたが、その中での過程はキーパーから含めて全員で我々はボールを運んでいますので、そこに関わった選手、逆に敢えて遠くに離れた選手も相手のディフェンスを引っ張っているわけで、チーム全員で取った得点だと思っています。

Top