福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

試合

【3/25 秋田戦】試合後記者会見 田坂監督コメント

2018年03月25日 (日)

【試合後記者会見 田坂和昭監督コメント】

■総括
前回のアウェイ鳥取戦で悔しい負け方をしてしまいましたが今日は勝つことができ、サポーターの皆さんの後押しが選手のパワーになっているので、本当に感謝しています。
連戦の最後の試合で、コンディション作りや選手のモチベーション、若手選手や新加入選手はそういうところで初めての経験でしたが、非常に良い準備をしてくれて、今日も非常に良いパフォーマンスが出来ていたと思います。これは先発メンバーだけでなく、サブのメンバーも含めて全員で勝ち取った勝利だと思いますし、今日我々は16人しか秋田に来ていませんが、福島に残っているメンバーも含めて、みんなが良い準備をして、この秋田戦へ向かってくれていました。
具体的に、秋田さんがどうこうと言うよりは、我々は攻守においてしっかり足を動かしながら密集を作ると。そういうところで前節の課題を解消して、とても良い形でチャンスを作れていました。また次の試合が1週間後にありますが、しっかりと我々は我々のスタイルを築いていくと。それを更に上積みしていくというところをしっかりと考えながら次の試合に向かいたいと思います。

■質疑応答
――前半からわりとボールを持てて、良い密集の形が作れていたと思いますが、池田選手を投入したことで更に攻撃の勢いが上がったなと感じましたが、いかがでしょうか。

A:彼は今日の試合のジョーカーとして考えていました。もちろん秋田さんはパワーがありますし、スピードがあるので60分過ぎにどう動いているかとか、どういうサッカーになるかというところで彼は今回の連戦、前節は先発しましたけど、今節はジョーカーとして使ったというのは、やはり彼の突破力であったり、クロスというところを引き出したかったので、そういう意味で起用の期待に応えてくれましたし、よくやってくれていると思います。高校卒業したばかりですが、非常に度胸がすわっているなと。物怖じせず、しっかりとやるべきことをこなせているので、今後、彼の努力はもちろんですが、どれだけ成長していくのか、とても楽しみです。

――東選手が今シーズン初出場で無失点に貢献してくれました。本日の彼の評価はいかがでしょうか。

A:よくやったと思います。前回の試合からメンバーが変わることになって、私の中で非常に迷いました。迷いましたが、隼也にかけようと。それは何故かと言うと、彼は日々のトレーニングやトレーニングマッチ、ひたむきにやってきました。そういうところで信頼がありましたので、彼にかけてみようと。彼は球際の強さがあるんですが、しっかり足元でボールを裁く部分や長いボールを蹴れるというところは今日の試合でも非常に発揮してくれました。彼も先ほど言った昌生同様、どれだけ成長してくれるか楽しみにしています。

 ――今日は秋田のホーム開幕戦ということもあり、1万人近いお客さんが駆け付けましたが、アウェイのチームとしていかがでしたでしょうか。

A:同じサッカー仲間として、今日のような沢山のお客さんに前でプレーすることは選手もやはり嬉しいと思いますし、今日の試合もお互いの良いところを出し合って、勝敗は付きますが、そういうところでファンを一人でも増やしていくというのは、我々がやらなくてはいけない使命ですし、もちろんアウェイで1万人近く入ってくださるということは、本当にありがたい話です。J1J2だけでなくJ3も盛り上がっていければ、日本のサッカー界のことを考えれば、底上げになってくると思いますので、そういうところで今日は本当にフェアで面白い試合をお客さんに観てもらえたんじゃないかなと思います。

 

Top