福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

試合

【5.14 秋田戦】試合後記者会見 田坂監督コメント

2017年05月14日 (日)

【試合後記者会見 田坂和昭監督コメント】

■総括
アンラッキーな形での敗戦となりましたが、内容的な部分で言うと今週のトレーニングでやってきたことを選手たちがしっかりやってくれました。相手のストロングポイントを80%~90%は消してくれたと思いますし、本当に結果さえついてくればというところではありますが、それも含めてのサッカーなので。判定に関しては敢えて触れませんが、しっかり前を向いてやっていきたいなと思います。悔しい結果に終わった後でも、サポーターの皆さんが非常に多くの拍手をして下さいました。もちろん今後への期待もあると思いますし、選手がよく戦ったというところもあると思います。今連敗している中ですが、サポーターの為にも、なんとか連敗から脱出できるように、次に向けてまた頑張っていきたいと思います。

■質疑応答
――田村選手のアクシデントで三橋選手を投入し、前の組み合わせを少し変えたと思いますが、その意図を教えて下さい。

A:ミツ(三橋)はトレーニングからトップをやっていたので、そのまま入れました。彼はどちらかというと背後を狙うタイプなので、非常に動きも良かったですし、シュートを打てそうな場面はいくつか作れていましたので、続けていって欲しいと思います。

――鴨志田選手に代えて投入された杉野選手は本職ではないポジションだったと思いますが。

A:カモ(鴨志田)は今までの戦いの中からも、どうしてもサイドで攻撃の所はアクセントになりますが、今日の状況だと、古田選手の左足のインスイングのクロスと追加点を取られるのが怖かったので。あとはスギ(杉野)がリスタートに入ればというところで、トレーニングでスギの高さを生かして得点をとるシーンがあったので、そういうところで入れました。最後の広太に関しては、前からのプレッシャーがかからなくなり、ビハインドの状態でフレッシュな選手を入れた方が良いという判断で、拓門か広太かというところで広太の方が少しばて気味だったので、変えました。

――内容がすごく良いのになかなか勝てないという試合が続く中、選手のメンタルコントロールをどのように行っていくのでしょうか。

A:これはサッカーをやっている中でずっとあることですし、良い内容だったけど勝てなかったねとか、逆に相手チームには申し訳ないですけど、この内容で勝てた、と。今日はシステムを変えましたが「密集」をみんなが継続してやってくれましたし、我々のスタイルのひたむきに走ることも体現してくれていましたので、そういう部分は選手を称えなくてはいけませんし、何が足りなかったのかをトレーニングでしっかり取り組んでいかなくてはいけません。やはりトレーニングをしなければ自信はつきませんので、トレーニングでなるべく多くの成功例を出して、自信をつけさせてあげたいと思います。いつも厳しいトレーニングをみんな耐えてやってくれていますけど、それがもう少しのところで結果に結びついていませんが、気持ちを切らさずに、今やっていることは間違いではないよと選手たちに伝えたいと思います。

――3バックにした狙いと、やってみた結果いかがでしょうか。

A:非常に良かったと思います。相手のストロングが3トップで単純に背後を狙ってくるというところで、背後を拾っての攻撃が今までの秋田の形で、彼らの得点というのはほぼリスタートの部分。リスタートのセカンドボールを拾う、ロングスローの後の攻守の部分から拾って背後を狙ってくるので、そういうところを踏まえて3バックにして後ろのスペースを抑えたかったと。そこは非常によく頑張ってくれましたし、今まで秋田の目立っていた選手が今日はどこにいるか分からないぐらいうちの選手は抑えてくれていたので、先ほども言ったように、トレーニングから言ってきたことをピッチでしっかり出してくれたと感じています。

――「密集」スタイル+スペースへのパスの意識がいつもより多いなと感じましたが、そのあたりの攻撃の部分はいかがでしょうか。

A:そこに関しては、システム関係なしに2節前ぐらいから選手たちに話をしていて、やはり相手は研究してきていますので、少し揺さぶるようなサイドチェンジとか背後のスペースに行ってそこから人数をかけるとか。今日もクロスで何回かチャンスはありましたが、シンプルにクロスを上げるというような3節までには無かったようなことを、少しずつトライしています。「密集」をベースに少しずつ変化は起こしています。

――そのあたりの手ごたえはありましたか。

A:前節の富山戦も今日の試合も密集を作って相手を崩す場面までは行っていて、今日は前回の試合よりもペナルティエリアに入る回数は多かったと思います。あとはエリア内での成功率が現状は低いので、精度や人数という部分はやっていかなくてはいけないと思っています。これは1人のターゲットと1人のストライカーがいれば解消できる問題ですが、我々はそれを目指しているわけではないので。しっかりといる選手の中で、精度やパワー、エリア内の質は永遠のテーマなので、やっていきたいと思います。

――次節に向けての課題はやはりペナルティエリア内の質という部分になるのでしょうか。

A:そうですね。ここ数試合は点がとれていませんので、やはり良い崩しがあっても最後のところでゴールを割れなかったら、サッカーは勝てませんので。かといって守っているだけ、蹴っているだけというのはしたくないので、密集を作りながらボールを動かして、最後どうするかで完結する話なので、プロセスは良いにしても最後の結末がまだ完成できていないので、これは日々トレーニングしていくしかないです。最後のボックス内での個の質が足りないのであれば、人数をかけていくとか、変化をつけるとか、トレーニングで取り組んでいきたいと思います。

――ここにきて怪我人が増えてきている中で、今後どのように戦っていくのでしょうか。

A:怪我は付き物ですし、この時期はどうしても怪我人が多くなってしまうのは分かっていたことです。怪我人が多い中でも、いる選手の中でやりくりしていくしかないですし、今回みたいに出る選手の中でシステムを変えながら我々の色を消さないようにやっていかなくてはいけないので、この材料でどう料理するかは我々が考えていかなくてはいけないです。これが無いから、あれが無いからと言っている場合ではないので、あるもので何ができるかを考えて、残っている選手の中でしっかりとチームを作っていきたいと思います。

Top