福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

試合

【5.7 富山戦】試合後記者会見 田坂監督コメント

2017年05月07日 (日)

【試合後記者会見 田坂和昭監督コメント】

■総括
負けという結果に関して、遠くまで来て応援していただいたサポーターの皆様に申し訳ない気持ちと、終了後に叱咤激励の言葉をかけていただいたので、次節ホームでサポーターの皆さんを喜ばせることができるように、また頑張っていきたいと思います。
前回の試合に比べれば内容的には決して悪くありませんし、選手はベースの部分でよく走っていましたし、ひたむきに戦っていましたし、球際の部分もファイトしました。そういうところで先制点を取られた後に我々のやりたいサッカーが、前回よりは数多く出ていたと思います。一つひとつですがチームが成長しているのではないかと感じています。もちろんサッカーは点を取る、取られるスポーツですから最後の個の部分のパワーがまだ足りないのは正直否めません。最後点を取る時のパワー、ゴールを守る時のパワーはやはりカターレさんの方が上回っていました。ただ、先ほども言ったようにチームは今少しずつ成長していますし、色んなことを学びながら育っていくチームなので。だからと言って「パワーがないから勝てない」と片づけるのではなく、我々のスタイルを継承しながら勝つ為に何が必要かを次節の秋田戦まで準備していきたいと思います。

■質疑応答
――前半、風上にたったカターレが背後をとる攻撃で抜け出していたように見えましたが、そこに対するディフェンスラインの対応はいかがでしょうか。

A:前回の試合はどうしてもラインが深く中盤が間延びしてしまっていて、もちろん今日もカターレが長いボールを入れてくるのは分かっていましたし、アンラッキーなことに失点の時は風下になって相手の風上のボールが伸びてしまって、これは個人のミスなのであまり言いたくはありませんが、そういった部分が失点に繋がってしまっているので、背後を狙ってくるボールの対応は我々は練習してきましたし、かといって特別何かを変えたわけでもありませんし、しっかりラインコントロールをして絞りながらやろうと話はしていましたし。

――個人のミスからという事でしたが、チームとしてはその点いかがでしたでしょうか。

A:その後はほぼやられていないので、もちろん危ないシーンはありましたけど…。だからこそサッカーっていうスポーツ、1人のミスを他の人で守れるチームスポーツであって。けど1失点目のようにクロスを上げられた時のアプローチがどうだったか、逆に守備のポジショニングがどうだったかというのは数秒遅れれば致命的になりますので、そういう部分もまだまだやらなくてはいけないなと思います。

――得点0に抑えられた原因は何だと思いますか。

A:先ほども言ったように、最後の部分のクオリティやパワーというのはどうしても足りないというのが否めません。なぜかと言うとシュートを打つスピード、チャンスを作り出すスピードがどうしてもカターレに潰されてしまっているので。ただ、中盤で突破したシーンもありましたし、十分崩せる雰囲気もあったので、ハーフタイムもこのまま戦おうという話はしました。相手がどうこうよりは我々が最後の質を高めていくということをやっていかなくてはいけないと思います。

――今節はこれまでのメンバーから少し変えて臨みましたが、フィニッシュにいくシーンが少なかったように感じます。今日のメンバーで上手くいったかという部分と次節首位の秋田戦に向けて意気込みをお聞かせください。

A:まずメンバーについて、いつも言っているようにチームは生き物なので、今までずっと同じメンバー、特に先発メンバーは変わっていませんでしたが、刺激を入れるためにメンバーを変えました。代わって入ったメンバーは非常に戦っていましたし、前回の試合よりも足が動いていましたので、そういった部分では評価できます。ただサッカーというのはそれだけで勝てるスポーツではありませんので、クオリティをチームとして追及していかなくてはいけないと思います。次の無敗で首位の秋田を迎えるにあたって、今までの試合を見ましたが、パワーは非常に持っていますし、走力・スピードの部分はあります。我々が開幕から勝てていた要因というのはチームとして相手の嫌なところを突いていくというのが出来ていましたし、負けた原因も必ずありますので、そういった部分しっかり見直して、ホームでなんとしても勝てるように準備していきたいと思います。

――川上選手が前半はトップで後半もボランチの部分で走っていたと思いますが。

A:彼はもともとボランチの選手です。開幕からずっとボランチで起用していて、中盤の中心になってやってくれていました。どうしても今日はアレックスというFWがトラブルで出ることができない状況になったので、我々が持っている中でどのように戦うか試行錯誤しながら今週トレーニングをしてきました。川上は非常に走力があり、前からのプレッシャーもかけられるので、そういったところでプレッシャーかけてくれればラインが上がるだろうというところで試しました。前回の試合を考えれば、前からプレッシャーかけることが必要だと感じたので試しましたが、逆に今度彼がいなくなって攻撃でボールが収まらなかったので先制された後、戻しました。それは、私の采配ミスであって、今いる選手の中でどのようにメンバーを生かしていくかという中で、これは私自身の反省材料にしなくてはいけないと思っています。

 

Top