福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

ニュース

2017ユニフォームスポンサー及び、デザイン決定のお知らせ

2017年01月25日 (水)

【2017ユニフォームスポンサーについて】
2017シーズンのユニフォームスポンサーとして、「東邦銀行」様、「福島民報」様、「福島トヨタ」様にご支援いただくことが決定しましたのでお知らせいたします。

■掲出箇所
・ 胸 → 東邦銀行
・ 左袖 → 福島民報
・ パンツ → 福島トヨタ

<会社概要>
・ 名称      株式会社東邦銀行  http://www.tohobank.co.jp/
・ 代表者      取締役頭取 北村清士 氏
・ 所在地      福島市大町3-25(本店)
・ 事業内容    銀行業

<会社概要>
・ 名称      株式会社福島民報社  http://www.minpo.jp/
・ 代表者    代表取締役社長 高橋雅行 氏
・ 所在地    福島市太田町13-17
・ 事業内容   日刊新聞の発行・書籍の出版、販売・文化的事業

<会社概要>
・ 名称      福島トヨタ自動車株式会社  http://www.fukushima-toyota.info/
・ 代表者    代表取締役社長 佐藤健介 氏
・ 所在地    福島市大平寺字沖高25
・ 事業内容    新車販売・取扱い車のリース・各種中古車販売

———————————————————————

【2017ユニフォームデザインについて】
今シーズンもhummel製(株式会社エスエスケイ)のユニフォームで試合に臨みます。

(更新)2017福島_背中なし

◆デザインコンセプト  「新たなスタート」

新監督 田坂和昭氏をクラブに迎え、2017シーズンをスタートした福島ユナイテッドFC。
2017シーズンの福島ユナイテッドFCの新ユニフォームは、「新たなスタート」をコンセプトに、敢えてプレーンなデザインを採用。
余計なものを省いたミニマルなデザインにすることで、福島ユナイテッドFCのエンブレムがユニフォームの主役となり、存在感を放ちます。
袖には、4連のシェブロンラインを配置。シェブロンには、「勝利への意欲」「チームスピリット」「前進」という意味が込められています。
また右袖には、引き続きFukushimaの文字を刻み、チームが常に福島と共にある、というメッセージに。震災から6年が経過しようという今もなお県外に避難されている方も含め、福島を背負って戦うという意味を込めました。
アウェイユニフォームでは、左胸のエンブレムが中心となるようなクロスデザインを配置。福島ユナイテッドFCを中心に、選手、サポーター、そして福島全体が「Link」するイメージを表現しました。

◆ヒュンメルについて

デンマークのスポーツブランド「hummel(ヒュンメル)」は、世界で初めてスタッド付きスパイクを開発し、1923年に誕生。
革靴でサッカーをしていた当時、真っ平らな靴底にスタッドを付け、グリップ力の飛躍的向上をもたらし、今までできなかったプレーを可能にしました。そこで重過ぎるために理論上飛べないとされるマルハナバチ(ドイツ語でhummel)が努力を重ねて飛べるようになったという逸話を重ね合わせ、ブランドネーム&ロゴに採用。
1999年にはレトロスタイルとスポーツを融合させたファッションラインをスタートさせ、一躍ハリウッドスターなどセレブから注目されるブランドに。90年の歴史を経て、現在は“Change the World Through Sport.” をミッションに、独自のブランドストーリーを展開。アフガニスタンやシエラレオネなど、失われた可能性を取り戻すようなサポートを実施。新しいチャレンジを続けています。

◆Homepage http://hummel.co.jp/
◆Facebook http://www.facebook.com/hummel.JP
◆Twitter https://twitter.com/hummel_JP

Top