福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

アカデミー

【コメント追記】第31回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)全国大会予選リーグ 第3試合、最終結果のお知らせ

2016年08月18日 (木)

昨日行われた、アカデミーU-15「第31回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)全国大会」予選リーグ第3試合の結果についてお知らせいたします。

——————————————————

■8月17日(水)
第31回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)全国大会
予選リーグ 第3試合

福島ユナイテッドFC U-15 vs コンサドーレ旭川
0 – 0
2 – 0 (得点者:谷口佑太、半沢愛斗)
TOTAL :2 – 0

KIMG0060

また、最終結果は以下の通りです。

■予選リーグ 1勝2敗 3位
勝点:3 
得点:5
失点:8
得失点:-3

沢山のご声援をありがとうございました。

——————————————————

【中村 洵監督コメント】
まず初めに、今大会に参加するにあたり多大なるご支援下さいましたスポンサー企業の皆様、保護者の皆様、サポーターの皆様、OBの皆様、チームスタッフ、応援してくださった皆様にこの場を借りお礼申し上げます。

結果はグループリーグ敗退という悔しい結果になりましたが、選手達は応援してくださった人達の思いを背負い、プレーで感謝の気持ちを表現してくれたように思います。

選手達は3日間を通して、凄く成長してくれました。最後のコンサドーレ旭川との試合はお互いにグループリーグ突破を賭けた試合で、互いに気持ちのこもった素晴らしいゲームでした。

土砂降りの中、足を止めず、声を出し、ゴールを狙い続けながらも身体を張って失点0に抑え2-0で勝った彼等を誇りに思います。

ただグループリーグ突破出来なかった事は事実で、事実を受け止めて成長しようとする事は中学生だろうがプロ選手だろうがサッカー選手である限りは止めてはいけませんし、それは指導者も同じだと思っていますので、僕も選手と共にこれから成長して行きたいと思います。
彼等が福島ユナイテッドFCのトップチームで活躍する事を思い描きながら

最後になりますが、これからも福島ユナイテッドFCアカデミーをサポート頂きますようお願い申し上げて感謝のコメントとさせて頂きます。

——————————————————

【選手コメント】

■前川 龍之介選手コメント
前川龍之助
予選リーグ敗退と言う悔しい結果になりました。僕たちは力の限り全力でプレーし、諦めず声や足を止めず走り続け必死に頑張りましたが、結果決勝トーナメントには進めませんでした。ですが、この大会を通して、チームとしても選手一人一人としても成長できたところもあります。
なので、今の現状をしっかりと受け止め、良いところはさらに良くし、悪いところは改善していき、この悔しい思いを忘れずに改めて、監督、コーチ、選手一同、福島ユナイテッドfamilyとして謙虚に練習から意識を高め成長していき、高円宮杯でまた全国でリベンジできるように頑張っていきたいと思います!
本当に応援ありがとうございました。

■佐藤 陸選手コメント
佐藤陸
チームの目標であった決勝トーナメント進出を達成することができませんでしたが、自分たちの今の実力を知れたいい経験でした。
自分も全国の相手に通用することもあったけど全国のレベルは高いなと改めて思いました。
まだ高円宮杯も残っているので、そこでも全国に行ってクラブユースの結果よりもいい結果で終わりたいです。
また、全国大会に行くにあたり、ご支援や応援をしてくださった関係者の皆様、サーポーター、保護者の皆様、ありがとうございました。

■谷口 裕太 選手コメント
谷口佑太
日本クラブユース選手権U-15大会の感想は、1点の重みを知りました。
予選リーグでは、得点をとることはできましたが、無駄な失点が多く得失点差1で決勝トーナメント進出することが出来ませんでした。
この悔しさを忘れず日々の練習から決定率を上げていきたいです。
個人的にはコーナーから1得点1アシストできて良かったし、楽しむことができました。
これからは高円宮杯や県リーグに向けて努力を続け、全国に互角に戦えるようなチームになっていきたいです。
最後にご支援して下さった関係者の皆さんや激励金を下さったサポーターの皆さん、福島ユナイテッドU-15を応援してくれた皆さん誠にありがとうございました。

Top