福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

試合

【 10.25 秋田戦】試合後記者会見 栗原監督コメント

2015年10月25日 (日)

【試合後記者会見 栗原圭介監督コメント】
■総括
前半、良い流れでゲームを進めた中で、PKでしたが、しっかり点を決めることができ、前半は良いゲームだったと思います。後半は少し風の影響もあった中で、相手のテンポも上がり、その流れで失点してしまったことで、受けてしまう場面が多くなってしまいました。どうしても一歩先を取られてしまい、相手のペースでゲームが進んでいったと思います。我慢強く守ってくれましたが、そのまま押し返すことが出来ないままゲームが終わってしまいました。非常に残念ではありますが、次に向けて切り替えて、しっかり準備をしていきたいと思います。

■質疑応答
――前節まで6戦負けなしと好調を維持してきましたが、今節は逆転負けという結果になってしまいました。これまでの好調の要因はどんなところにあったのでしょうか。

A:選手たちが、個人でやるべきこと、チームのやるべきことをしっかりと把握しながら、それぞれの判断も非常に良くなっていたことが勝ちに繋がるゲームができていた要因だと思います。
――監督を含め、選手同士の意思疎通は良く出来ているのでしょうか。

A:そうですね。良くなっています。しかし、今日に関しては、秋田さんが後半に入り本当に素晴らしいゲームを展開してきた中で、最後まで押し返すことが出来なかったのは非常に悔しいです。プレスの連動性や攻撃の質の部分で足りなかったこと、そして、私が選手に対応策、良い変化を与えることが出来なかったことが敗因です。
――次節、上位を狙う上では重要な町田戦となっていますが、今シーズンの町田の印象、そして勝つためのポイントを教えて下さい。

A:町田さんは全員がハードワークをして、攻守において規律を守ってチームのやるべきことをやる、非常に手堅い強いチームという印象です。それに対して、まずはハードワークの部分で負けないことを前提に、より相手を上回る質を見せることができるかというところが一番のポイントになるかと思います。
――後半は走り負けていた印象がありますが、選手交代など考えてはいなかったのでしょうか。

A:選手交代に関しては、私が何が出来たか振り返らなくてはならないなと感じています。走り負けていたという部分では、単に運動量だけでなく、様々な要因があると思いますので、しっかり検証して次に繋げていきたいと思います。

Top