福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

ブログ

9月1日 vs.ガンバ大阪U-23戦!!

2019年08月31日 (土)

明日は、ガンバ大阪U-23戦!

 

 

2週間の中断期間を経て、いよいよリーグ戦再開!!

 

 

 

さて、本日のブログは

ここまでの振り返りとガンバ戦へ向けて、

松田監督・阪田選手・橋本選手・田村選手のコメントをお届けいたします!!

 

 

—————————————————————————

 

◆ 松田岳夫 監督 コメント

 

 

Q:2週間のトレーニングで意識させたことは?

A:新たなことを、と言うより、本来自分たちがやるべきことを再徹底する機会にしました。

(中断期間前まで)ずっと張り詰めてやっていたのでバーベキューをやって気分転換になりましたし、

新たな気持ちで臨める良い期間でした。

 

 

 

Q:中断期間に補強したチームもある中、残りのリーグ戦での戦いのポイントは?

A:自分たちがやるべきことを本当に明確にできたならば、これからの相手は2回目の対戦なので、

1回目の課題を修正しながら、自分たちのオリジナリティを出す、という展開になっていければと思います。

 

 

 

Q:G大23の印象と戦いのポイントは?

A:相手のメンバーが不確定なので、印象は分かりませんが、

基本的にはボールを動かしますし、キープ力もありますし、

ゴールへの迫力や意外性、守備での積極性もあります。

ゲームを握られたくありませんし、自分たちが主導権を持てる展開に持ち込めれば良いと思います。

 

A12X7945

 

—————————————————————————

 

◆阪田章裕選手(DF/3)  コメント 

 

 

Q:2週間の中断期間、トレーニングで意識したことは?

A:岩手戦でできなかったことを中心的にやったと思います。

岩手戦は裏のスペースを使えなかったので、そこを練習でやりました。

オフは3日だけでしたが、実家には帰らず盛岡にいてリフレッシュできました。

 

 

Q:残りのリーグ戦でどんなサッカーを見せていきたいか?

A:後ろからしっかりつなぐサッカーを今まで通りやっていきたいのと、

うまく自分たちのサッカーができている時ほど勝てておらず、

パス数が多くても岩手戦のように勝てなかったり、パス数が少なくても勝った試合があったので、

しっかりつないで相手を動かして、その中で点を取って勝てるようなサッカーを今以上にやっていきたいです。

 

 

Q:G大23戦への意気込みは?

A:後半戦でどれくらい勝てるかで順位が上になるか下になるか変わってきますし、

中断明け1試合目で勝つか負けるかで違ってきます。

G大23はすごくボールをつなぐチームで、プレッシャーも速いので、

それをうまく利用できれば勝てる試合だと思います。

個人で勝つよりチームで勝てるように良い準備をしていきたいです。

 

SPHT7319

 

 

—————————————————————————

 

◆橋本拓門選手(MF/10)  コメント 

 

 

Q:2週間の中断期間、トレーニングで意識したことは?

A:オフでリフレッシュはできました。

トレーニングでは積極的にボールに関わることを意識しました。

 

 

 

Q:残りのリーグ戦でどんなサッカーを見せていきたいか?

A:今まで積み上げてきたことを、よりピッチで表現できれば良いかなと思います。

個人的には常に思っていることですが、ゴールに関わるところを出せれば良いと思います。

 

 

Q:G大23戦への意気込みは?

A:縦に速いチームの方が守備で少し行けば蹴ってくれるのでやりやすいですが、

G大23のようにボールを持てるチームには動かされる可能性がありますので、

自分たちがボールを持てないと体力的にきつくなると思います。

相手は技術があって、難しい試合になると思いますが、

相手以上に自分たちでボールを保持して、いっぱいゴールを取って勝てれば良いと思います。

 

SPHT8075

 

 

 

—————————————————————————

 

◆田村亮介選手(MF/23)  コメント

 

 

Q:2週間の中断期間、トレーニングで意識したことは?

A:前に進むということを意識して、その中で間を取ったり裏に抜けたり、

スピードアップする場面しない場面を分かるということを意識して練習していました。

 

Q:残りのリーグ戦でどんなサッカーを見せていきたいか?

A:自分たちとしてはボールを常に持って、どれだけゴールを目指せるか、

という目指すところがあるので、相手より多くボールを持って、

多くチャンスを作って、常にゴールを狙って、

自分を含めた誰かが点を取って勝たなければいけないと思います。

 

 

Q:G大23戦への意気込みは?

A : 実際、彼らはボールを持っていますし、上手いですし、

自分たちがディフェンスをしなければいけない時間帯も来ると思います。

ボールを取った後、どれだけ大事につないで丁寧に攻められるかが鍵になってきます。

カウンターも有効なので使っていきたいと思います。

ナイトゲームは結構好きなので、関西でやることもありますし、みんな来てくれることを期待しています。

SPHT8243_0

 

—————————————————————————

 

2019明治安田生命J3リーグ 第21節
9月1日(日) 19:00キックオフ
ガンバ大阪U-23  vs. 福島ユナイテッドFC
@パナソニック スタジアム吹田

 

—————————————————————————

新設オフィシャルグッズコーナーのご紹介

2019年08月27日 (火)

 

 

こんにちは!グッズ担当です☆

 

 

この度、福島駅前にあるAXCビル3F(通路)に

福島ユナイテッドFCのオフィシャルグッズコーナーが

設置されることとなりましたので、お知らせします!

 

 

S__4235270

 

 

3Fの『moja* 福島店』様にご協力をいただき、グッズ販売をさせていただきます!

 

 

 

こちらのコーナーでは、中合さんやNEWDAYSさんで

お取扱いの無いグッズを中心に販売しております!

 

 

————————————————————–

~現在販売中のグッズ一覧~

・セサミストリートコラボアクリルキーホルダー¥900
・セサミストリートコラボトートバック¥2,500
・キン肉マンコラボリボンマグネット¥1,940
・キン肉マンコラボクリップマグネット¥540
・キャップ(FUFC)¥3,130
・ワークキャップ¥3,020
・シュシュ¥970
・パイルリストバンド¥540
・タオルマフラー¥1,620
・プリントタオルマフラー¥2,160
・ミニフラッグ¥540
・カーサイン¥860
・ノート¥210
・クリアファイル¥540
・アクリルキーホルダー¥540
・リング付キーホルダー¥860

————————————————————–

 

 

お会計はコーナー通路をはさんでお向かいの

『moja* 福島店』様にて対応しております。

 

 

駅周辺にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください☆☆☆

 

 

 

【 moja* 福島店 】

住所 : 〒960-8031 福島県福島市栄町11-25  AXCビル 3F

TEL:024-503-9579

営業時間:10:00~19:30

 

 

S__4235272

 

 

 

今回ご協力いただいている『moja*福島店』様をご紹介します!

 

 

今年の4月にオープンした、レディースアパレルのセレクトショップです。

(郡山市には1号店がございます♪)

 

 

ナチュラル系からカジュアルまでトレンド商品が揃っており

バックやシューズなどの小物類も充実のラインナップ♪

 

 

とってもリーズナブルなお値段なのも魅力的です♡♡

 

 

女性向けのショップではありますが、

男性の方もぜひ、ご家族やご友人などへのプレゼントなど

選んでみるのは、いかがでしょうか?

 

 

◎moja* ホームページはこちら
( https://mojakuwano.thebase.in/

 

 

◎ moja* Facebookはこちら
https://www.facebook.com/2013.moja/

オススメ商品や店員さんのオシャレコーデがCHECKできます!

 

 

 

【 AXCビル 】
http://www.axc-fukushima.jp/

 

 

 

8月14日(水)のダイユーエイトMAXイベントご報告

2019年08月26日 (月)

 

 

みなさん、こんにちは!!

営業部の井上です。

 

8月14日(水)にオフィシャルクラブパートナーである、

ダイユーエイトMAX福島店さんにて、選手参加のイベントを行ってきました。

 

 

参加した選手は下記の通りです♪

★No.15 石堂圭太

★No.19 河西真

★No.39 雪江悠人
オープニングイベントは、MCに藤原カズヒロさんを迎えてトークショー♪
選手は前期の振り返りや後期に向けての意気込みを語ってくれました。

 

MAXイベント①

 

続いて、各選手がダイユーエイトMAX福島店さんの店舗に入って、

それぞれの店舗のおすすめ商品の販売をしました。

 

石堂選手はOne’sMAXでインスタントタピオカドリンクを販売。

商品をしっかり説明していますね~プレー同様熱いですね。

 

MAXイベント2

 

河西選手はFOODMAXで桃を販売♪
いい笑顔ですね~★

この笑顔は試合ではめったに見ることはできません!!笑

 

MAXイベント3

 

雪江選手はDRUGE IGHTMAXにて洗剤をは販売。
気合十分、頑張って販売しておりましたが、思ったような成果が出ませんでした。

 

MAXイベント④

 

最後はダイユーエイトMAX福島店さんのみなさんと一緒に写真撮影。
楽しい機会を作って頂いて誠にありがとうございました!

 

 

MAXイベント⑤

 

 

 

 

 

 

8月18日 AWAY GAME vs.岩手戦!!

2019年08月17日 (土)

今週末は、AWAY岩手戦!!

 

今節は、いわぎんスタジアムにて、『福島ユナイテッドFC農業部』が出店いたします!

 

福島県産の果物を使用した「りんごジュース」「フルーツジャム」「フルーツティー」などの6次化商品をはじめ、福島の新鮮野菜も販売いたします!!

 

夏の企画商品として、福島県須賀川市おざわ農園のいちごを使用した、『いちご氷サイダー』も限定販売します!

詳細はこちら ⇒ http://fufc.jp/news_cat/201908016133

 

 

 

前節は、HOMEでJヴィレッジスタジアムにて快勝!!

 

暑さが厳しくなってきてから好調をキープしております♪

 

前回AWAYで雷雨のため延期となっていた第13節を勝利で終えて、

 

上位争いに食い込みたいところです!

 

 

 

さて、本日のブログは

ここまでの振り返りと熊本戦へ向けて、

松田監督・河西選手・吉永選手・武選手のコメントをお届けいたします!!

 

 

—————————————————————————

 

◆ 松田岳夫 監督 コメント

 

 

Q:今週の練習で意識させていることは?

A:特に変わらず、やってきたことを継続してやれるようにしています。

細かな修正はもちろんありますが、大きな流れは変わりません。

暑さによってボールをつなぐことを選手が見直せるなどプラスの効果があって良かったと思います。

 

 

 

Q:5戦負け無しで好調の中、さらに高めていきたいことは?

A:結果はスコアで出ている通りですが、まだまだゲームの進め方であるとか、

サッカー自体高める要素はたくさんありますし、全然満足できる状況ではありません。

やることはたくさんあります。

 

 

 

Q:岩手の印象と戦いのポイントは?

A:何試合か見ると、システムを変えていて、

困っているのか工夫しているのか見えない部分も多いです。

相手どうこうよりも、自分たちのことをもう一回しっかり考えて臨んでいきたいと思います。

 

SPHT7507

 

 

 

—————————————————————————

 

◆河西真選手(DF/19)  コメント 

 

 

Q:藤枝戦を振り返って

A:チームとしてのサッカーは良い方向に向いてきていると思いますが、

無失点で抑えられていないというのは、DFとして変えていかなければいけません。

点を取るまで意識は相手ゴールに向かっていて、ボールも動かせていたのですが、

3点取ってから気持ちに余裕が出て、守りに入ろうという気持ちがちょっとあったと思うので、

それを無くして4点5点取れるチームになれば、守備の隙もできなくなると思います。

 

 

Q:5戦負け無し。好調の要因は?

A:誰が、と言うより、チーム全体が良いですし、攻撃で点も取れていますが、

その中で無失点がありません。DFとしては頑張りどころだと思います。

最初よりは意思統一ができて、やるべきことがハッキリして

しっかりコミュニケーションが取れているので、失点が減ってはいると思います。

 

 

Q:岩手戦への意気込みは?

A:ここ最近負けていないことを気にせず、いつも通りのプレーをして、

しっかり戦ってチームが勝てるよう貢献したいと思います。

 

SPHT7612

 

 

—————————————————————————

 

◆吉永大志選手(MF/29)  コメント 

 

 

Q:3リーグデビューとなった藤枝戦を振り返って

A:少ない時間でしたが、ファーストプレーでピンチを招いてしまったのは、

最初の入り方が悪かったと思います。

その後も自分の特長をそれほど出せなかったので、あまり良いデビュー戦ではありませんでした。

警告を受けた後メンタルのところでマイナスにならずに、

多少は保てたのが良かったと思います。

(JFAアカデミー福島出身で、Jヴィレッジでプレーできた感想は?)

Jヴィレッジスタジアムの裏に自分の住んでいた寮があり、

あそこでやりたいと思ったピッチで試合ができ、良い思い出になりました。

 

 

 

Q:今後出場機会を増やしていくために必要なことは?

A:全途中から出してもらっても、たくさんボールを触ってチームのリズムをつくって

パスを前に配給し、積極的に攻撃に参加するという自分の特長を出して、

流れを変えられるようになれば、出場時間が増えてくると思います。

 

 

Q:岩手戦への意気込みは?

A:ここ数試合チーム状況も良いので、自分もいつでも出られる準備をして、

中断期間前最後の試合、勝利したいと思います。

 

A12X8000

 

 

 

—————————————————————————

 

◆武颯選手(FW/9)  コメント

 

 

Q:2ゴールの藤枝戦を振り返って

A:自分たちがボールを持っている時間帯が長くて、やろうとしていることはできた印象ですが、

個人的にはボールをおさめる、シュート回数など攻撃の面で改善点が多く見られました。

前半3点入ったところで、どこかで全体的に一回落ち着こうとしてしまい、

4点目が取れず、藤枝さんの勢いに隙を突かれてやられてしまいました。

何点取っても次の1点と無失点への気持ちを切らさずやることが大事です。

 

Q:チームは好調だが、さらに高めていきたいことは?

A:攻守両方です。守備に関しては今は夏で暑い時期なので、

前からガンガン行ってもボールを奪えないことがあるので、

行くところ引くところのチェンジをチーム全体で共有するのが大事です。

攻撃に関してはポゼッションサッカーをやっているので、

よりミスを少なく質を高めると共に、ゴールを目指す、

奪うことをもっとやっていってバリエーションも増やしたいです。

 

 

Q:岩手戦への意気込みは?

A : 前回雷で中止になりましたが、たくさんのサポーターの皆さんが足を運んでくれました。

藤枝戦の時も「次の岩手戦も行くからね」という声をたくさんかけてもらいました。

遠くて暑いにもかかわらず、スタジアムに足を運んでくれることを考えれば、

自分たちは必ず勝利しなければなりません。

今、好調という状況もありますが、やることは変わらず、

自分たちのやれることを精一杯やって、勝って帰りたいです。

 

A12X8070

 

—————————————————————————

 

2019明治安田生命J3リーグ 第13節(代替)
8月18日(日) 15:00キックオフ
いわてグルージャ盛岡 vs. 福島ユナイテッドFC
@いわぎんスタジアム

 

—————————————————————————

福島ユナイテッドFCのぶどう!摘粒&袋掛け作業

2019年08月15日 (木)

 

 

福島ユナイテッドFCでは今年から、

飯坂町東湯野の「鈴木農園」さんご協力のもと、

『高尾ぶどう』 の生育を行っています!

 

 

★前回の摘穂作業のブログはこちらをCHECK
⇒ http://fufc.jp/topics/201906051040

 

 

 

今回は、摘粒(てきりゅう)作業と袋掛け作業の様子をご紹介いたします!

 

 

 

【摘粒作業】

摘粒=最終的に出来上がる房の形をイメージして、不要な粒を切り落とします。

 

 

 

前回の摘穂のままでは、粒の数が多いため、

色づきの効果を高めるために、1房につきだいたい42~46粒ほど残すように摘粒します。

 

1

 

 

中に入った粒や、上向きの粒も切り、

斜め下向きの状態の粒を生かしながら、切りすぎないように考えます。。

 

2

 

 

 

ちなみに、、、この摘粒作業は選手がそれぞれ自分の房を決めます!

 

担当した選手によって、収穫時にどんな形になったのかわかります!

選手のセンスが出るところですね☆☆

 

 

—————————————————————

 

 ~ 1 日 目 ~ 

 

堀田大暉選手、池田昌生選手、寺前光太選手、石堂圭太選手、河西真選手が参加!

 

鈴木さんからレクチャーを受けて作業開始です!

 

3

 

 

はじめてのぶどうの生育で、

最終的な形が決まる摘粒は特に難しい作業なので緊張感も。。。

 

4

 

 

手や髪で直接触れてしまうと、そこから悪くなってしまうので

頭をぶつけないように注意しながら行います・・・!

 

 

5

 

 

 

多くを切り取ってしまうと、その部分だけ穴が開いてしまうので注意が必要です。。

本当に難しい作業です(゜_゜)

 

6

 

 

房を回すのではなく、自分が回りながら全体的なバランスを見ます!

 

7

 

 

中に入り込んでいる粒もしっかり取ります。

 

8

 

 

この日の摘粒が完了です!

 

9

 

—————————————————————

 

~ 2 日 目 ~

 

武颯選手、雪江悠人選手、田村亮介選手、川中健太選手が参加!

 

10

 

 

 

田村選手は前回の摘穂からのぶどうの成長を感じながら♪

 

11

 

 

本当に集中力が必要な作業のため真剣に取り組みます。

 

12

 

 

中に入り込んでいる粒は取っておかないと割れてしまうので、

色々な角度から覗き込みます!

 

13

 

 

粒の数を数えるのも大変です。多すぎても少なすぎてもNGです(>_<)

 

14

 

 

2日目のメンバーも無事に終了しました!

 

15

 

 

—————————————————————

 

~ 3 日 目 part①~

 

 

3日目は、阪田章裕選手、宇佐美宏和選手、樋口寛規選手、

小牟田洋佑選手、星広太選手、橋本拓門選手のベテラン組6選手が参加しました!

 

16

 

 

枝がクロスした粒もどちらかを取らないとお互いに大きくなってしまうので切り取ります。

 

17

 

 

鈴木さんにも全体のバランスを確認いただきます。

 

18

 

 

この摘粒で仕上がりが決まるので、部長もいつも以上に真剣に丁寧に行います!

 

19

 

 

ビニールハウスの中は外よりも非常に暑かったです。。

 

20

 

 

 

背の高い小牟田選手にとっては、姿勢の維持が非常に大変でした・・。

 

21

 

 

 

隣あった粒同士が近すぎると、

大きくなった時にぶつかって割れてしまうので注意しながら進めます。

 

22

 

 

無事に終了しました!

 

23

 

 

—————————————————————

 

~ 3 日 目 part②~

 

 

この日は2部制で行いました!
岡田亮太選手、イ ユノ選手、キム ミンジュン選手が参加しました!

 

 

岡田選手も高身長なので頭を出せるところにある房をチョイス!

 

24

 

 

この粒を数える作業が地味に大変なんです。。。

ハサミを置きながら数えないとわからなくなってしまい、、最初から数え直しです(^_^;)

 

25

 

 

自分で形を決めて摘粒して出来上がるのが楽しみです☆

 

26

 

 

こちらも無事に完了です!

 

27

 

—————————————————————

 

~ 4 日 目 ~

 

 

摘粒最終日は、吉永大志選手、輪笠祐士選手で行いました!

 

28

 

 

少し時間があいてしまったので、

粒がさらに大きくなっていてハサミを入れるのが大変でした、、、!

 

29

 

 

これだけ膨らんでいると、隙間を突く器用さも求められますね!

 

30

 

 

お疲れ様でした!

 

31

 

—————————————————————

 

 

摘粒したぶどうは、枝に付箋を付けて誰が担当したものか分かるようにしておきます!

 

32

 

 

 

【袋掛け】
害虫から守るためにぶどうに袋をかけていきます。

 

 

袋掛けには、樋口選手、池田選手、雪江選手が参加してくれました!

 

33

34

35

 

 

他の選手が担当したぶどうもしっかり袋をかけていきます。

 

36

37

38

 

 

 

こちらの作業も無事に終了です!

 

 

39

 

 

 

『福島ユナイテッドFCのぶどう』 収穫前の作業はこれで完了です!
鈴木さんありがとうございました!

 

 

限定数で予約販売も行います!詳細が決まり次第お知らせいたします。

 

引き続き、農業部の活動にもご注目ください♪♪

 

 

 

 

8月10日 HOME GAME vs.藤枝戦!!

2019年08月09日 (金)

今週末は、久しぶりのホームゲーム!!

今シーズン初の公式戦開催、Jヴィレッジスタジアムでの試合となります★

 

Jヴィレッジは2011年3月11日の東日本大震災以降、

福島第一原子力発電所事故の復旧作業における最前線基地としての役割を担い、

トレーニングセンターの機能を停止しておりました。

 

【震災後】スタジアム

 

震災後のスタジアムの様子。

DSC_0041

 

天然芝の美しいピッチも駐車場として使用されていました。

 

たくさんの方々のご協力により、

ついに、昨年の2018年7月にJヴィレッジはトレーニングセンターとして7年ぶりに再始動いたしました。

サッカーだけでなく、福島県のスポーツ文化の復興においてもこれほど喜ばしいことはありません。

 

DCIM102MEDIADJI_0509.JPG 20180911162949

 

S__4079626

 

こちらは、今年のキャンプ時の様子です♪

その節は、大変お世話になりました!

 

 

 

前節、AWAYで沼津相手に大量4得点で勝利!

 

夏の中断期間を前に、ここ4戦負けなしと好調をキープしております。

 

今回の相手は、現在暫定首位の藤枝MYFCさんとの戦い!!

 

開幕戦では残念ながら敗戦した相手・・・

 

今回はホームの力で必ず勝利をもぎ取ります!

 

 

さて、本日のブログは

ここまでの振り返りと熊本戦へ向けて、

松田監督・阪田選手・星選手・小牟田選手のコメントをお届けいたします!!

 

 

—————————————————————————

 

◆ 松田岳夫 監督 コメント

 

 

Q:今週の練習で意識させていることは?

A:基本的にいつもと変わりませんが、暑さが試合に影響しますので、

先日のゲームの課題修正に意識を高く持って行っています。

相手に合わせるのではなく、自分たちがイニシアチブを持ってプレーできたので、

きつかったとは思いますが、気持ち良く動けたと思いますし、嫌なきつさではなかったと思います。

 

 

 

Q:藤枝の印象と戦いのポイントは?

A:守備で人数をかけて全員で守る意識が高く、

攻撃は森島(康仁)が起点となっていて得点力があり、

最後はそこをどう抑えるかが勝負になってきますので、注意を払いたいです。

 

 

 

Q:Jヴィレッジで試合を行うことについて思うことは?

また、Jヴィレッジでの思い出があれば教えてください。

A:福島のチームである以上、福島を背負って戦わなくてはいけません。

チームの存在意義を忘れずに試合に挑みたいと思います。

サッカーの聖地でまた試合ができることに喜びを持って、全力を尽くしたいと思います。

Jヴィレッジの思い出は、日本クラブユースサッカー選手権(U-18・U-15)大会です。

Jヴィレッジと言ったらクラブユースでしょう。指導者のライセンスもここで取りました。

 

JFA05083_189

こちらは、日テレ時代の松田監督です!

 

Jヴィレッジでは、なでしこリーグ時代にマリーゼと対戦した際によくJヴィレッジに訪れていたそうです!

 

 

 

—————————————————————————

 

◆阪田章裕選手(DF/3)  コメント 

 

 

Q:沼津戦を振り返って。

A:気温が高い状況の試合で、うまく先制点を決められたのですが、

取って取られてという状況になり、うまく3~4点目を決められたのが大きかったと思います。

失点シーンはこちらのミスからで、今シーズン結構多い形なので、

そこはやり続けるしかありませんし、暑い中でも集中力を持たないとまたやられてしまいますから、

次の試合でもしっかりやっていきたいです。

相手陣内でやりきれないなら、相手陣地でボールを動かし、

相手を疲れさせ隙を見てスピードを上げるプレーを増やさないと苦しくなります。

 

 

Q:ここのところ4戦負け無し。好調の要因は?

A:4試合とも先制点を取っていますので、そこが重要になってきます。

前線から良い守備をしてくれているのも大きいです。

 

 

Q:藤枝戦への意気込みは?Jヴィレッジでの思い出は?

A:ホームなのでしっかり勝たないといけませんし、連勝すると上の順位に行けますので、

首位相手ですが、自分たちのサッカーをして勝てるように良い準備をしていきます。

Jヴィレッジの思い出は、Jリーグの新人研修が思い出です。

 

CO07_010

新人研修を終え、初のプロ生活を迎えたセレッソ大阪時代の阪田選手です!

JL08102_157

若いですが、トレードマークのおひげはこの頃から変わっていないようです。笑

 

 

 

 

 

—————————————————————————

 

◆星広太選手(MF/14)  コメント 

 

 

Q:1ゴールの沼津戦を振り返って。

A:結果的に自分が決められましたが、チーム全員で戦った結果なので、勝てて嬉しく思います。

サイドバックだと前を向いてフリーでボールを受けられるので、自分が違いを出すことを意識しています。

 

 

 

Q:4戦負け無し。好調の要因は?

A:全員がハードワークして同じ方向を向いて戦えているのが結果につながっています。

監督も求めているので、もっと質を高めていきたいと思います。

 

 

Q:藤枝戦への意気込みは?Jヴィレッジでの思い出は?

A:数少ないJヴィレッジでの試合なので、チーム全員で勝てるように頑張るので

サポーターの皆さん、応援よろしくお願いいたします!

中高の全国大会(日本クラブユースサッカー選手権大会)がJヴィレッジであったので、

そこで試合をできて嬉しいです。

広太 マリノス

こちらはマリノスユース時代の星選手♪ 若いですね~!!

A12X1835

福島を引っ張るプレーに期待です!!

 

 

 

 

 

 

—————————————————————————

 

◆小牟田洋佑選手(FW/18)  コメント

 

 

Q:2アシストの沼津戦を振り返って。

A:チームも調子が上向きだったので、

リズムを変えないように勝ちにこだわってやることを意識していました。

自分としても点を取るのが一番ですが、とにかくゴールに絡めれば良いと思ったので、

アシストという形がついて良かったと思います。

 

Q:FWの競争が激しい中、どんなプレーを心掛けたいか?

A:やっぱりFWの一番の仕事、点を取ることがまず一番です。

シュートチャンスがあったらどんどん打っていきたいです。

自分が監督に求められているのはポストプレーなので、

そこでミスを少なくすればチームの勝利につながると思うので心掛けていきたいです。

 

 

Q:藤枝戦への意気込みは?Jヴィレッジでの思い出は?

A : 相手は首位で波に乗っていると思いますが、

そのチームを倒せば僕らももっと上の順位に行けると思います。

一桁順位に行けるかもしれないので、次勝って波に乗りたいと思います。

Jヴィレッジはキャンプで今年行ったのが初めてでした。

設備も整っていますし、すごく快適にキャンプ生活を送ることができました!

今年のプレシーズンではいわきFCに敗れてしまったので、良い思い出に書き換えたいです。

 

SPHT5785

 

A12X1848

 

 

 

—————————————————————————

 

JFA08131_d19

 

こちらは震災前、Jヴィレッジをホームスタジアムとしていた

東京電力女子サッカー部マリーゼさんの写真です。

 

JFA07175_008

 

震災後、原発の影響によりチームは解散となりました。

福島県で活動するJクラブとして、サッカーができずにチームを離れた選手やスタッフ、

関係者の方々の思いを胸に

『ひたむきに全力で戦う』

サッカーを通じて、福島の皆さんに元気と笑顔を届けられるよう頑張ります!!

 

 

 

—————————————————————————

 

2019明治安田生命J3リーグ 第20節
8月10日(土) 16:00キックオフ
福島ユナイテッドFC vs. 藤枝MYFC
@Jヴィレッジスタジアム

 

—————————————————————————

8月4日 AWAY vs.沼津戦!!

2019年08月02日 (金)

週末は、AWAY沼津戦!!

 

前節は思うようにボールを回せず、前半は特に苦しい時間帯の多いゲームとなりました。

しかし、アウェイの地で貴重な勝ち点1をもぎ取り、ここ3戦は負けなし!

 

そして、今節はホーム開幕戦で残念ながら敗戦となった、アスルクラロ沼津との対戦になります!

 

前回の雪辱を果たすべく、アウェイの地へ乗り込みます!

 

全国的に暑さの続いている今日この頃・・・

沼津戦も暑さの残る15時キックオフですが、

サポーターの皆さんもこまめな水分補給を心掛け、一緒に戦ってください!!

 

______________________________________________________

 

そして、週末の沼津戦には、福島ユナイテッドFC農業部のブースがお邪魔いたしますm(__)m

 

福島のおいしいもの取り揃えておりますので、ぜひお立ちよりください★

http://fufc.jp/news_cat/201908021556

 

ブース1

 

 

 

今節も熱いご声援よろしくお願いします!!!

 

 

さて、本日のブログは

ここまでの振り返りと熊本戦へ向けて、

松田監督・輪笠選手・星選手・田村選手のコメントをお届けいたします!!

 

 

—————————————————————————

 

◆ 松田岳夫 監督 コメント

 

 

Q:今週の練習で意識させていることは?

A:攻撃でもっとボールを持って意図的にゴールを目指したいです。

暑さの中では、攻撃の時間を長くすることで守備の時間を短くできます。

ゴールを目指すことは当然必要で、前節のようにカウンターも戦術の一つなのでやりますが、

全部速い攻撃だと全体が間延びしてこちらもカウンターを受け雑な展開になりがちなので、

スピードをコントロールして時には速く、時にはゆっくりが大事です。

 

 

 

Q:暑さが厳しくなってきた中、注意すべき点は?

A:攻撃に意識を持っていきたいので、簡単に失わない。

チャレンジは良いですが無謀なプレーをしない。その使い分けだと思います。

 

 

 

Q:沼津の印象と戦いのポイントは?

A:球際が厳しく、積極的にシンプルにゴールを目指すチームです。

暑さの中どうするか分かりませんが、そうした相手に対しもっとボールを動かして相手を疲れさせ、

自分たちが意図的にゴールを目指すサッカーを実現したいです。

 

SPHT2787

 

 

 

 

 

—————————————————————————

 

◆輪笠祐士選手(MF/6)  コメント 

 

 

Q:相模原戦を振り返って。

A:アウェイでしたが勝てた試合でした。

暑さはありましたが、自分たちはつなぐサッカーなので、

そこを突き詰めればもっと楽に試合を行えました。

ゴールに向かう姿勢は良いのですが、相手陣内でスピードが上がり過ぎていて、

そこで取られてカウンターも多いです。

相手陣内でやりきれないなら、相手陣地でボールを動かし、

相手を疲れさせ隙を見てスピードを上げるプレーを増やさないと苦しくなります。

 

 

 

Q:暑さが厳しくなってきた中、注意すべき点は?

A:試合ではスピードを上げすぎると取られて厳しいので、

ボールをロストしないようにしながら、どこかでリスクを冒すことを自分は意識してやっていました。

暑さ関係なく自分たちのボール保持の時間を長くすれば、

守備の時間は減るとシーズン当初から言っている中、突き詰められていません。

夏はそこがより大事なってくるので、もっと突き詰めたいと思います。

 

 

Q:沼津戦への意気込みは?

A:まずプレッシャーが速いですが、そこで蹴るだけにならず、

何個か相手を剥がす部分を作れれば、相手もプレッシャーかけられなくなります。

相手を剥がしながらスピードを上げすぎず、ボールを長く持つ自分たちのサッカーをして、

ゴールに向かう姿勢も出したいです。

前節失点したので、次は無失点でいきたいです。

無失点でボールを保持すればチャンスは絶対あるので良い攻撃を何本かして勝ちたいと思います。

 

 

A12X1335

 

 

 

 

 

 

 

—————————————————————————

 

◆星広太選手(DF/14)  コメント 

 

 

Q:相模原戦を振り返って。

A:先制したのは良かったですが、暑さもあったので

自分たちの時間帯を増やさないと追いつかれる展開になります。

もっと練習でやっていることを出せたらもっと良い試合にできたと思います。

一人一人が相手の圧にちょっと焦って、一人でも剥がせれば状況は違ったのですが、

それができなかったのが苦戦の要因でした。

 

 

 

Q:暑さが厳しくなってきた中、注意すべき点は?

A:日頃から練習以外でもしっかり水分を摂って、

食事して休むという当たり前のことを当たり前にやれるよう心掛けています。。

 

 

Q:沼津戦への意気込みは?

A:この前の試合は全く良さを出せずに終わったので、自分の良さを出してチームに貢献したいです。

もっと積極的にボールに絡み、ゴール前に顔を出せれば自分もチームも結果がついてくると思います。

やれることをもっと増やしたいです。

 

A12X1236

 

 

 

 

 

—————————————————————————

 

◆田村亮介選手(MF/23)  コメント

 

 

Q:1ゴールの相模原戦を振り返って。

A:相手にボールを持たれる時間が長かったですし、自分たちはカウンターばかりでした。

もっとボールを持つ部分を追求しなければなりませんが、

個人としてはドリブルからシュートで得点を取れて良かったです。

(星)広太くんが横を走ってくれて、相手と2対1になって、相手DFが広太くんに食いついて、

GKも前に出てきていなかったので、前に行ってゴールへ向かおうとして良い形で終われました。

 

Q:暑さが厳しくなってきた中、注意すべき点は?

A:こまめに水分補給することと飯です。

食べづらいですが、頑張って食べています。

根菜を多めにして、自炊してます。

 

 

Q:沼津戦への意気込みは?

A : 15時キックオフで暑くて、相手のプレッシャーも厳しいですが、

どれだけ自分たちでボールを持ってゲームをコントロールできるかが大事です。

できるだけマイボールの時間を長くして、細かいところで上手く攻めてゴールまで行きたいです。

 

A12X1817

 

 

 

 

—————————————————————————

 

2019明治安田生命J3リーグ 第19節
8月4日(日) 15:00キックオフ
アスルクラロ沼津 vs. 福島ユナイテッドFC
@愛鷹広域公園多目的競技場

 

—————————————————————————

1/11
Top