福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

ブログ

2週間ぶりのJ3リーグ vs ヴァンラーレ八戸戦!!

2019年04月27日 (土)

皆さん、こんにちは!

 

今節は、2週間ぶりのJ3リーグ!

 

公式戦がなかったここ2週間で、ゴールを奪うという点にフォーカスしTRしてきました。

 

今シーズンJFLから昇格してきたヴァンラーレ八戸戦となります!

 

今節はAWAY戦になりますので、現地へ行けない・・・という方は

 

ぜひDAZNにて応援してください!

 

今節も熱いご声援よろしくお願いします!

 

 

___________________________________________

下記URLからDAZNにお申込みいただくと、ご利用料金の一部がチーム強化費に充てられます!

ぜひ、こちらのURLからご入会ください!

http://prf.hn/click/camref:1100l39ci/creativeref:1011l20497

___________________________________________

 

 

 

 

 

さて、本日のブログは

前節の振り返りとヴァンラーレ八戸戦へ向けての監督・選手コメントをお届けします。

 

 

—————————————————————————

 

◆ 松田岳夫 監督 コメント

 

 

Q:2週間のトレーニングで調整したことは?

A:ベースは崩さず、より攻撃的にというところです。

前節の結果は結果なので受け止めなければいけません。

最後まで戦う姿勢を持つことと、どうやって戦うかをチームで共有すること、

リズムが悪い時ほど自分たちが立ち返るポイントを持つことが大事です。

 

 

Q:ゴール前のプレーの課題がある中、良くなってきた部分は?

A:単純にゴールへの意識を高めるというところでは、

みんながシュートを意識するようになりましたし、

ゴールに向かうパターンも少しずつ増えてきたと思います。

 

 

Q:八戸の印象と戦いのポイントは?

A:力強さのあるチームだと思いますし、

そこに対して技術だけじゃ勝てないのははっきりしています。

ハードワークは当然しなければなりませんし、ゴールを取る部分はどの試合も変わらず、

次の試合もポイントとなってくると思います。

 

C0CC0098-5CF0-44E2-9FD1-28AF248D503A

 

 

 

 

—————————————————————————

 

◆ 岡田亮太選手(DF/5)  コメント 

 

 

Q:YS横浜戦を振り返って

A:相手の方が気持ち的に上回っていたと思います。

3失点とも全部防げる失点だったので、しっかり修正して次に臨みたいと思います。

 

 

Q:守備で改善したい点は?

A:ボールを奪いに行くタイミングです。

チーム全体でどこでボールを奪うかを明確にしたいです。

その中でもピンチもあると思いますので、最後のゴール前のところで体を張って失点を防ぎたいです。

 

 

 

Q:八戸戦への意気込みは?

A:相手がどこであれ、自分たちが100%以上の力を出すことが大事だと思いますので、

それを出せるように練習からやっていきたいと思います。無失点にこだわってやりたいです。

 

SPHT0302

 

 

 

 

—————————————————————————

 

◆ 輪笠祐士選手(MF/6)  コメント

 

 

Q:YS横浜戦を振り返って

A:とにかく不甲斐ない試合をしました。

そこからチームとしても個人としてもしっかり反省をしましたので、それを次につなげるだけだと思います。

 

 

Q:攻撃で改善したい点は?

A:攻撃はチームの課題であるゴールを奪うという部分で、

サイドバックですが、ゴールから逆算したプレーをもっとしていかなければなりません。

今年は結果にこだわっている中、点に関わることが全くできていませんので、

ゴールでもアシストでも得点に関わりたいです。

守備では僕が入りの部分で裏を取られて失点しましたので、

最終ラインとして失点0にできるよう常に責任を持ってプレーしたいです。

 

 

Q:八戸戦への意気込みは?

A : JFLから上がってきたチームで勢いがあると思いますが、

特にどのチームだからという気持ちは無く、

常に100%の準備をして100%のプレーをするだけなので、それをやって絶対勝ちたいと思います。

 

A12X0002

 

 

—————————————————————————

 

◆ 池田昌生選手(FW/27) コメント 

 

Q:YS横浜戦を振り返って

A:シンプルに情けなかったと思いました。

自分自身ゴールを取れるチャンスが何度かありましたので、

決めきれる力を練習からつけたいと思いますし、改善したいと思います。

 

 

Q:攻撃で改善したい点は?

A:チームとしてシュートが少ないのが課題としてあって、自分自身も同じ課題があります。

練習から積極的にシュートを打つことと、シュートを打てる場面まで顔を出すことを意識しています。

 

 

Q:八戸戦への意気込みは?

A:JFLから上がってきて勢いもあると思いますし、

舐めてかかったら前節のような結果になりますので、

チャレンジャー精神で自分たちから積極的に仕掛けるイメージを持って戦いたいと思います。

 

SPHT0332

 

2019明治安田生命J3リーグ 第7節
4月28日(日) 13:00キックオフ
福島ユナイテッドFC vs. ヴァンラーレ八戸
@ダイハツスタジアム

 

 

—————————————————————————

福島ユナイテッドFC×安斎果樹園 コラボの桃 第2弾!

2019年04月20日 (土)

今年も安斎果樹園さんご協力のもと、ふくしまの桃を生育しています!

 

 

第2回目の作業として、川中健太選手、河西真選手が参加しての摘花(てきか)作業を行いました!

 

1

 

今年もふくしまの桃を全力でPRしていきます!!!

 

 

 

先月の摘蕾によって取り除いて残った蕾から開花した花を摘み取る作業です。

 

 

桜は散り始めてしまっていますが、桃の花は今がちょうど満開です☆

 

 

2

 

成熟する桃への養分を集中させるために不必要な花をとっていきます。

お二人とももちろん初めての体験です!

 

3 4

 

上向きの花、葉っぱから離れている花を中心に摘花していきます。

 

「皆で作るので収穫が楽しみです!」

 

5

 

今年は前回の摘蕾作業でしっかり蕾を摘み取ったので予定より早く終わりました!
6

 

次は花が果実に変わったところで摘果作業を行います!引き続きご注目ください!!

 

安斎さん本日もありがとうございました!

 

7

 

収穫する桃は、「福島ユナイテッドFCの桃」として販売します!
準備ができましたらご案内いたします。

 

 

 

今週末は、ホームゲーム vs Y.S.C.C.横浜戦!!

2019年04月12日 (金)

皆さん、こんにちは!

 

今節は、2週間ぶりのHOMEGAME!

 

2014シーズンから12回戦って、8勝2分2敗と勝ち越していますが、

 

昨年は2戦2敗の Y.S.C.C. 横浜さんとの対戦となります!

 

 

また、今回はテレビユー福島さんで生中継がございます!

 
会場には行けないけど、試合観戦はしたいという福島にお住まいの皆様は、ぜひTVにてご観戦ください☆

詳細は⇒こちら

 

 

 

今節はHOMEの力で絶対勝ってサポーターさんの皆さんと喜び合う!と選手・スタッフも気合十分!

 

今節も熱いご声援よろしくお願いします!

 

 

 

さて、本日のブログは

前節の振り返りとY.S.C.C.横浜戦へ向けての監督・選手コメントをお届けします。

 

 

—————————————————————————

 

◆ 松田岳夫 監督 コメント

 

 

Q:今週のトレーニングで留意したことは?

A:ゴールを取ることが、今のチームに一番必要なことだと思っています。

 

 

Q:良い形で攻撃できる場面が増えつつある手応えは感じているか?

A:讃岐のプレッシャーをかいくぐりゴールを奪えて、

そういうシーンを増やせたのはチームにとってプラスです。

ただ、そうならなかったシーンも多く、全ての時間でそういうシーンを作り、

ずっとボールを持っていたいと思います。

 

 

Q:YS横浜の印象と戦いのポイントは?

A:チームとしてしっかりしています。

成績は出ていませんが、何が起きるかわからないという意味では、

自分たちができることを100%やり尽くさないと勝利は手に入りません。

相手どうこうより自分たちが大事というのは今までと変わりません。

自分たちのサッカーをやっていきたいです。

松田監督 ブログ リサイズ

 

 

 

 

—————————————————————————

 

◆ 阪田章裕選手(DF/3)  コメント 

 

 

Q:讃岐戦を振り返って

A:試合を通して、ここ5試合やった中で一番自分たちのサッカーができた手応えがありましたが、

結果につながらなかったという試合でした。

得点シーンも後ろからつないでの得点だったので、練習の成果が出たと思います。

 

 

Q:守備で改善したい点は?

A:失点シーンは自分たちのミスからなので、ミスを少なくして、

難しいかもしれませんがミスが0になるように集中してやっていくしかありません。

守備の人間からすると、無失点で終われる試合が理想です。

 

 

 

 

Q:YS横浜戦への意気込みは?

A:昨年連敗しているチームなので、しっかり勝たないといけませんし、

ホームということもあります。理想のサッカーをして失点0になるようチーム一丸となって頑張ります。

阪田 リサイズ

 

 

 

 

—————————————————————————

 

◆ 田村亮介選手(MF/23)  コメント

 

 

Q:1ゴールの讃岐戦を振り返って

A:ゴールに関しては、思い切ってシュートを打って入ったのは良かったと思います。

全員がボールをつないであそこまで来たので良い展開でした。

しかし前半のうちに決められる場面が何度かありましたので、決められないとああいう結果になります。

 

Q:攻撃で改善したい点は?

A:ゴール前までここ数試合は運べていますので、シュートや最後の崩しの精度、

ゴールが近づいても焦らずもう一度やり直す勇気も必要です。

もっとシュートのところを求めていきたいと思います。

 

Q:YS横浜戦への意気込みは?

A : 絶対に勝つという気持ちをもっと前面に出していかないと勝てないと思います。

ただつなぐだけでも試合は動きませんので、どれだけゴールに向かっていけるか、

ゴールを守れるか、気持ちの面も大事だと思うので、気持ちを出してやっていきたいと思います。

 

田村 リサイズ

 

 

—————————————————————————

 

◆ 諸岡裕人選手(MF/17) コメント 

 

 

Q:讃岐戦を振り返って

A:チームとしては監督も言った通り悪い内容ではありませんが、結果的に負けてしまいました。

勝たないと、良いゲームだったとは言えないので、

次の試合は内容も良くて勝ちもついてくる試合で終わりたいと思います。

 

 

Q:攻守それぞれで改善したい点は?

A:シンプルにゴールを奪うところです。

前半の良い流れで点を取れないと後半相手も盛り返して厳しい戦いになります。

取れるところを取って決定力を上げないといけません。

守備の面はだいぶプレスのかけ方も監督が求めていることが分かり始めていますが、毎試合失点しています。

失点しなければ負けないので、もっと突き詰めて失点0で終わることを意識して取り組みたいと思います。

 

 

Q:YS横浜戦への意気込みは?

A:今節終わると2週間空くので、中断前しっかりホームで勝ちたいです。

今、負け越しているので五分の星に戻して、内容も結果もこだわって勝って終わりたいと思います。

 

諸岡 リサイズ

 

2019明治安田生命J3リーグ 第6節
4月14日(日) 14:00キックオフ
福島ユナイテッドFC vs. Y.S.C.C.横浜
@とうほう・みんなのスタジアム

 

 

—————————————————————————

2連勝に向けて、週末はアウェイvs.カマタマーレ讃岐戦!

2019年04月05日 (金)

 

 

 

皆さん、こんにちは!

 

 

今節は、アウェイGAME!

 

昨シーズンまでJ2リーグに所属していた カマタマーレ讃岐 さんとの対戦となります☆☆

 

 

 

前節は、HOMEで初勝利!

 

今節勝って、2連勝でHOMEに帰ってくると選手たちも気合十分!

今節も熱いご声援よろしくお願いします!

 

 

 

さて、本日のブログは

前節の振り返りとカマタマーレ讃岐戦へ向けての監督・選手コメントをお届けします。

 

 

—————————————————————————

 

◆ 松田岳夫 監督 コメント

 

 

Q:今週のトレーニングで留意したことは?

A:いつもと変わりません。

プレー一つ一つの精度を上げることが大事ですし、相手がプレッシャーに強く来た時、

ミスが多いのも事実ですし、攻撃の部分は足りないところだらけなので、やることがたくさんあります。

 

 

 

Q:さらに上位を狙うため改善していきたいことは?

A:たった4試合なので順位は気にしていません。

ゴールに向かうところは足りないところがたくさんあり、

改善と言うよりもっとゴールへの執念、そのためのプレー、

全てにおいて増やさないといけないと感じています。

 

 

Q:讃岐の印象と戦いのポイントは?

A:ずっとJ2でやってきたチームなので、技術もスピードもパワーもあります。

そういうチーム相手に力負けしないように、相手の逆を取ってプレーできるようにしていきたいです。

怖がらずに自信を持ってプレーすることが大事です。

 

松田監督 ブログ

 

 

 

—————————————————————————

 

◆ 宇佐美宏和選手(DF/4)  コメント 

 

 

Q:F東23戦を振り返って

A:相手にボールを持たれる時間が多くて我慢する時間帯もありましたが、

前半ポンポンと2点入ったのはすごく大きくて、良い時間帯だったので、

自分たちの時間も作れて楽に試合を運べました。

後半は2点取ったこともあって、下がってしまい猛攻を受けましたが、

1失点に抑えられたのは良かったです。

 

 

Q:新監督の戦術が浸透している手応えを感じるか?

A:みんな監督に言われたことをやろうとしていて、

できていない部分もできている部分もあります。

続けていけばもっと良くなると思います。

 

 

 

Q:讃岐戦への意気込みは?

A:讃岐もJ2に1年で帰りたいと思っているでしょうし、

うちもそれくらい負けない気持ちを持って戦わないと勝点3が取れません。

全員で勝つということを意識して、

綺麗なサッカーだけじゃなく泥臭いこともやっていかないといけないと思います。

 

宇佐美 ブログ

 

 

 

—————————————————————————

 

◆ 星広太選手(MF/14)  コメント

 

 

Q:今季初先発のF東23戦を振り返って

A:チームとして勝てたことは良かったですが、

チームとしてやりたいことができたかと言うと、

ボールを握れなかった時間帯もあったので、次に反省して生かしていきたいです。

個人的には自分のプレーをほとんど出せずあまり良くなかったので、

練習から自分の良さを出せるように日々やっていくだけです。

次に生かせるように頑張ります。

 

Q:新監督の戦術が浸透している手応えを感じるか?

A:チームとしてやりたいことはみんな持っていると思います。

試合でそれをどう出すかが今後すごく大事になっていきます。

それが出せれば自然と結果もついてくると思いますので、日々の練習からやっていくだけです。

毎回の練習でいろんなことを言ってくれていて、

最初の頃の新鮮さを忘れさせない指導もしてくれるので、

それをうまく自分の中で消化して日々成長できたら、と思います。

 

Q:讃岐戦への意気込みは?

A : アウェイですが、ホームで勝てた勢いを続けて、

連勝してホームに帰って来られれば良いと思います。

 

星 ブログ

 

 

—————————————————————————

 

◆ 樋口寛規選手(FW/40) コメント 

 

 

Q:2ゴールのF東23戦を振り返って

A:まずは2点取れて良かったです。

1点目も(武)颯の後ろに立っていて、2点目も颯がサイドに出たスペースに入れました。

前で起点を増やすように松田監督が言っていたので、それを意識して、

より前に行こうという意識を持って臨めました。

 

 

Q:新監督の戦術が浸透している手応えを感じるか?

A:公式戦をやるごとに練習試合の時より成長度合いが上がっています。

もっとこちらがやりたいことをやって勝てるようにしたいです。

 

 

Q:讃岐戦への意気込みは?

A:讃岐は調子が良いと思いますが、

負けないようにこちらも連勝して波に乗っていけるように、

強い相手を倒していきたいと思います。

 

樋口 ブログ

 

2019明治安田生命J3リーグ 第5節
4月7日(日) 13:00キックオフ
カマタマーレ讃岐 vs. 福島ユナイテッドFC
@Pikaraスタジアム

 

 

—————————————————————————

1/11
Top