福島ユナイテッドFC 公式Webサイト

|news|クラブについて|試合日程・結果|試合観戦|トップチーム|クラブユナイテッド|アカデミー|スポンサー|

ブログ

週末はアウェー鳥取戦

2017年05月26日 (金)

 

 

こんにちは!

 

 

先週末から暑い日が続きましたが、

昨日と今日は雨模様で少し肌寒いですね・・・(*_*)

 

 

 

さて、日曜日はチュウブYAJINスタジアムにてガイナーレ鳥取と対戦します。

 

 

 

現在、連敗中ではありますが

前向きに良い雰囲気で日々のトレーニングに取り組めています!

 

 

今週末こそは勝利を掴み、来週のホームゲームを迎えたいと思います!

 

 

試合当日の詳細はガイナーレ鳥取さんのホームページをCHECKです!

 

クリック ⇓ クリック ⇓ クリック ⇓

 

ガイナーレ鳥取 公式サイト

 

 

 

さて、本日のブログは前節の振り返り、

そしてガイナーレ鳥取戦へ向けた監督・選手コメントをお届けします。

 

 

—————————————————————————

 

◆田坂 和昭監督コメント

 

 

Q:オフ明けの練習で選手にどういう言葉かけをしたか?

A:「もう一回チームとしてやっていこう。

今、成績的には4勝1分け4敗というところなので、

チームとしてシーズン最初からやってきたことをもう一回やっていこう。

福島の人たちを喜ばせる、元気にさせるのが目標なので、そのためにひたむきに戦おう」と話をしました。

 

 

Q:三橋選手初ゴール、橋本裕選手デビューと好材料も多く、連敗の中でも手応えを感じているか?

A:今年入ってきて、序盤からずっとメンバー外の時や、

メンバーと一緒にやっている時でも自分たちでコツコツやってきたことが、

この間の試合では非常によく出せたと思いますが、まだまだ彼らは始まったばかりなので、

一試合で一喜一憂せずに、今後どこまで成長するか期待したいと思います。

 

 

Q:鳥取の印象と戦いのポイントは?

A:非常にテクニカルな選手が多く、一人、前田俊介という日本有数の天才がいて、

彼が起点でチャンスができています。

彼の能力は大分で一緒にやって十分分かっていますので、彼をどう止めるかが重要です。

非常に拮抗した試合になると思いますが、対策を練って何とか連敗を止めたいと思っています。

 

 

vsRYUKYU_0665

 

 

—————————————————————————

 

◆橋本裕貴選手(MF.18)コメント

 

 

Q:前節初先発出場の感想は?

A:思ったよりも緊張せずに入れたのは良かったのですが、

まだまだやれる部分が多かったので、ほとんど課題しか残りませんでした。

自分の特長である攻撃の部分で、

持ち味のドリブルや決定的なパスがあまりできませんでした。

 

Q:レギュラー定着のために今後何が必要か?

A:得点だったりアシストだったりチームを勝たせることができれば、レギュラー争いに関わっていけると思います。

 

Q:鳥取戦への意気込みは?

A:4勝4敗で田坂監督が言うように「チャラ」になったので、

ここからまた勝ちを積み重ねていければ良いと思います。

そのためにも次の鳥取戦は大事な試合なので勝てるように頑張ります。

 

 

776

 

—————————————————————————

 

◆星広太選手(MF.14)コメント

 

 

Q:連敗中だが内容は悪くない試合が続いている。さらに何を上積みしたいか?

A:ゴール前の攻守両方の質の部分で、

連敗中は守り切れないゴールを奪えないという最後の部分が良くなかったです。

そこを突き詰めながらやって、ゴールもあまり取れていない中、

自分がゴールやアシストで貢献できれば、連勝の時のように試合に勝てると思います。

 

 

Q:昨季アウェイの鳥取戦で2ゴール。良いイメージは持っているか?

A:昨年のことは関係ないと思いますので、

相手関係なく目の前の試合を全力で戦いたいと思います。

 

 

Q:鳥取戦への意気込みは?

A:勝てていませんが、全力でひたむきに戦うことは変わりませんので、

その中で結果を求めてやっていきたいと思います。

 

 

vsAKITA_0362

 

 

—————————————————————————

 

◆アレックス選手(FW.9)コメント

 

 

Q:前節負傷から復帰。現在のコンディションは?

A:フィジカルコンディションにおいては、

試合のコンディションになるように毎日毎回のトレーニングでより良くなるようにしてきました。

フィジカル的に毎日良くなっているように感じています。

 

 

Q:負傷離脱後チームが連敗中。自身のプレーで状況をどう変えたいか?

A:前でゴールして、試合を決めること!そしてマークでチームを助けること!!

 

 

Q:鳥取戦への意気込みは?

A:いつものようにプレーしたいです。

簡単な試合にはならないと思うので、みんなで知恵を使って、

勝利を求めていきたいと思います。

 

 

vsYSCC_0221

 

 

—————————————————————————

 

 

 

現地観戦が難しい…(;_:)という方は

 

 

Twitter速報、DAZNで試合経過をCHECKして下さい!

 

 

 

 

 

今節も熱い応援をよろしくお願い致します!!

 

 

 

 

 

2017明治安田生命J3リーグ 第10節
5月28日(日) 13:00キックオフ
ガイナーレ鳥取 vs. 福島ユナイテッドFC
@チュウブYAJINスタジアム

 

 

 

 

 

 

 

週末はアウェー栃木戦

2017年05月19日 (金)

 

 

こんにちは!

 

 

あっという間に金曜日ですね!

 

 

さて、日曜日は栃木グリーンスタジアムにて栃木SCと対戦します。

 

 

栃木SCといえば、2015・2016シーズンに福島でプレーした

福岡将太選手が在籍していますね☆☆☆

 

非常に楽しみな対戦ですね♪

 

 

 

当日は、『ふくしマルシェ』ブースも出店させていただいております!

 

ぜひ、お立ち寄り下さい~!

 

 

 

試合当日の詳細は栃木SCさんのホームページをCHECKです!

 

クリック ⇓ クリック ⇓ クリック ⇓

 

栃木SC 公式サイト

 

 

 

さて、本日のブログは前節の振り返り、

そして栃木SC戦へ向けた監督・選手コメントをお届けします。

 

 

—————————————————————————

 

◆田坂 和昭監督コメント

 

 

Q:オフ明けの練習で選手にどういう言葉かけをしたか?

A:「試合をやれば勝った原因負けた原因はあるので、

修正するところはしなければいけないし、課題を克服していかないといけないので、

チームとしても修正するけれども、個人としても少し質を高めることをしてほしい。

それでもピッチでやることなので、ピッチでしっかりトレーニングからやっていこう」と伝えました。

 

 

Q:負傷者が多い中、三橋選手のように成長見せている若手が出てきたことについては?

A:サッカーはケガがつきもので、起きたことは仕方ありません。

出ていない選手はチャンスが来るでしょうし、

若い選手が実際公式戦に出ることによって伸びるという要素はありますので、

期待して見てみたいと思います。

 

 

Q:栃木の印象と戦いのポイントは?

A:栃木は基本的にしっかり守備を構築するチームなので、

ゲーム的には堅いゲームになるかもしれませんが、サッカーは隙を突く方が勝ち、

突かれる方が負けるので、隙を生まないような戦い方で勝機を生み出したいところです。

 

 

vsAKITA_0168

 

 

—————————————————————————

 

◆内藤友康選手(GK.34)コメント

 

 

Q:現状のチームの課題について

A:前節、結果は出ませんでしたが内容的には悪くありませんでした。

ここ数試合、点が取れてないのが課題だと思います。

 

Q:GKとして今後どんなプレーでチームに貢献していきたいか?

A:後ろからのコーチングで守備を安定させ、無失点に抑えたいと思います。

 

Q:栃木戦への意気込みは?

A:3連敗中なので、内容よりも結果にこだわっていきたいと思います

 

 

vsAKITA_0115

 

—————————————————————————

 

◆平秀斗選手(MF.15)コメント

 

 

Q:現状のチームの課題について

A:最近負けていますが、やれているサッカーは富山戦も秋田戦も全然悪くありません。

最初勝っていた時よりも内容的には上がっているくらいですが、

細かいところの球際やゴール前の決定機で競り勝つことが課題かと思います。

 

 

Q:ミドルシュートやクロスから決定機を作れているが、さらにどんなプレーを見せたいか?

A:そこでアシストができていません。

DFだから点を取らないというわけでもないので、

自分が点を取れるようにアシストできるように、数字で結果を残せるようにしたいと思います。

 

 

Q:栃木戦への意気込みは?

A:相手はJ2にいたこともあり、選手層も厚く強いチームだと思います。

そういうチームと試合をやることは楽しいので、

そこでいかに自分たちのサッカーができるかが大事だと思いますので、

しっかり出せるように準備していきたいと思います。

 

 

vsAKITA_0198

 

 

—————————————————————————

 

◆三橋 秀平選手(MF.13)コメント

 

 

Q:前節のプレーを振り返って

A:前節は前半アクシデントがあって途中すぐ出ることになりました。

気持ちの準備はずっとしていたので大丈夫でした。

まだ長い時間があったので、最初は慣らしていこうと思って、

気持ちも体も慣れてきた頃には体が動くようになってきました。

そこの面は次につながると思います。

 

 

Q:3試合無得点の中、攻撃面でどういうプレーを見せたいか?

A:起用されるポジションはFWなので、チームにとって一番助かるのはゴールだと思っています。

ゴールだけじゃなくてうまく仲間も使って、

チームが勝つためのより確実な方法でアシストも頭に入れながらプレーしていきたいと思います。

 

 

Q:栃木戦への意気込みは?

A:なかなか勝てていない状況なので、どんな形でも勝点3を取る。

そして出る人出ない人関係なく、全員で一つの方向に向かって行けたら、

自然と勝点3が取れるのではないかと思います。

 

 

vsAKITA_0206

 

 

—————————————————————————

 

 

 

現地観戦が難しい…(;_:)という方は

 

 

Twitter速報、DAZNでCHECKして下さい!

 

 

 

 

 

今節も熱い応援をよろしくお願い致します!!

 

 

 

 

 

2017明治安田生命J3リーグ 第9節
5月21日(日) 13:00キックオフ
栃木SC vs. 福島ユナイテッドFC
@栃木県グリーンスタジアム

 

 

 

 

 

 

 

週末はホームで秋田戦!

2017年05月12日 (金)

 

 

こんにちは!

 

 

昨日は雨も降り、少し肌寒い福島でしたが、今日はとても暑いです・・・!

 

 

さて、日曜日はホーム、とうほう・みんなのスタジアムに

J3首位ブラウブリッツ秋田を迎えての一戦となります!

 

 

当日はイベント盛りだくさん!プレゼントもあり!

 

☆試合情報の詳細はこちら ⇓ ⇓ ⇓

 

http://fufc.jp/news_cat/201705061717

 

 

気になる天気予報は・・・・(;_:)(;_:)(;_:)

 

みんなで、てるてる坊主、作りましょう!

 

 

 

さて、本日のブログは前節の振り返り、

そしてブラウブリッツ秋田戦へ向けた監督・選手コメントをお届けします。

 

 

—————————————————————————

 

◆田坂 和昭監督コメント

 

 

Q:連敗を受けての練習で選手にどういう言葉かけをしたか?

A:前回の試合は前々回の試合よりも確実に良くなっている。

走るスピード、距離、戦う姿勢、我々の目指しているひたむきに戦うところもできていた。

ただ、サッカーは良い試合をしても勝てない、

良くない試合をしても勝つことがあるのが面白くもあり難しくもある。

悲観する必要は無いが、次の相手は首位で力もあるので、

負けた原因をしっかり修正しよう、と話しました。

 

 

Q:富山戦を受けての修正ポイントは?

A:映像や試合で見る限りペナルティエリアに入る回数が断然少ないです。

ペナルティエリアから26mくらいの所はたぶん秋田より入っていますが、

ペナルティエリアに入る前に個でつぶされています。

人数をかけるとか工夫が無ければ点が取れる雰囲気がないので、修正したいです。

開幕や第2節でカウンターで点が取れていたので、

あとは速効と遅効の使い分けをもう少しやらないといけません。

 

 

Q:秋田の印象と戦いのポイントは?

A:点が取れている要因はベースにしっかりした守備があって、

J3の中で一番スピードとパワーを備えています。

個々をとってもダブルボランチが安定していて運動量が多く、

前の3トップが生きています。あとはリスタートで点が取れているのも非常に大きな要因です。

総合的にまとまった良いチームという印象です。

今のチーム状態を考えれば攻守に辛抱強く戦うことが必要です。

 

 

vsU23GANBA_0425

 

 

—————————————————————————

 

◆木下 高彰選手(DF.30)コメント

 

 

Q:前節のリーグ戦初先発を振り返って?

A:今シーズン初めてチャンスをもらったので、

率直に結果を残したかったのですが非常に残念です。

良さを出せた部分もありますが、課題の方が残ってしまったと思います。

ラインも合わせられていなかったですし、

良さでもある人に強く行くところで逆にギャップを生んでピンチを招きました。

守備の時に全体を見て正しいポジションを取る判断の部分がまだ課題だと思います。

 

Q:今後レギュラー定着のために必要なことは?

A:課題を直さないと安定感が出ないと思います。

僕は守備の選手なので失点ゼロに抑えることを続けて行くことがレギュラーへの近道だと思います。

 

Q:秋田戦への意気込みは?

A:相手もすごく走ってくると聞いていますが、とにかく走り負けない、

1対1で負けないというサッカーの根本的なところで負けたくないです。

そうすれば自ずと結果も良い方向に向いてくるのではないかと思いますし、

できないと難しい試合になります。

お互いに良さの消し合いになると思いますが、そこでどこまでできるかだと思います。

 

 

vsRYUKYU_0099

 

FA869F52-927A-4D38-8447-9684403F8EB5

 

—————————————————————————

 

◆金 功青選手(MF.10)コメント

 

 

Q:前節のリーグ戦初先発を振り返って。

A:ケガ人も出てきた中、先発は今年初めてでしたが、

その前の試合で自分たちがやるべきサッカーができていませんでした。

一回みんなで仕切り直して、うちのベースになっている、

「走る」、「球際」を意識して試合に入ろうと思いました

 

 

Q:連敗中のチームに今、何が必要か?

A:開幕して調子の良かった時期は一人一人走っていて、

走力はうちのチームのテーマでもありますし、戦っていました。

僕たちはチャレンジャーという気持ちで相手に向かっていくところが

ストロングポイントだと思いますので、そこを忘れずにやっていかなければいけないと思います。

 

 

Q:秋田戦への意気込みは?

A:相手も走ってきてアグレッシブな良いチームだと聞いています。

それに対して受けないで、相手の良いところで上回ることを

意識してやれば十分勝てると思います。

ホームですし、同じ東北のチーム相手ということでサポーターも気持ちが入っていると思います。

それに応えるためにも自分たちはもっと強い気持ちで試合に入りたいと思います。

 

 

vsSAGAMIHARA_0547

 

 

—————————————————————————

 

◆田村 翔太選手(FW.11)コメント

 

 

Q:前節の敗戦で出た課題は?

A:結果的に負けたのは悔しいですが、

G大23戦で出た課題を一週間修正して良い準備をして富山戦に向かいました。

改善しようとしていたことをピッチで出せました。

富山戦では課題は細かいところで出ましたが、

ベースの走るところはできていたと思いますので、そんなに悲観することはないと思います。

 

 

Q:ここ4試合ゴールが無く、チームも2試合連続無得点。攻撃をどう改善したいか?

A:点を取るためにもっとペナルティエリア内に入っていかないといけません。

もう少し柔軟に、密集という自分たちのスタイルの中で個人個人の特長を生かして

ゴールに向かって行ければ開幕戦から続けてたような形で攻撃できると感じています。

自分も含めて、今、難しく考えすぎなのかな、と思います。

 

 

Q:秋田戦への意気込みは?

A:東北勢同士でダービーと言われますので、絶対勝たないといけません。

秋田だからといって今までやってきたことを変えるつもりはありませんし、

自分たちの良さを生かしつつ秋田の良さを消して、

自分たちらしいサッカーができれば良いと思います

 

 

vsRYUKYU_0520

 

 

—————————————————————————

 

 

 

スタジアムへお越しいただけない方は

 

Twitter速報、DAZNでCHECKして下さい(*^_^*)

 

 

また、今節はテレビユー福島さんにて実況生中継いただきます!!

 

 

 

 

今節も熱い応援をよろしくお願い致します!!

 

 

 

 

 

2017明治安田生命J3リーグ 第8節
5月14日(日) 13:00キックオフ
福島ユナイテッドFC vs. ブラウブリッツ秋田
@とうほう・みんなのスタジアム

 

 

nextgame0514

 

 

 

 

 

福島ユナイテッドFC×大野農園 コラボのりんご 第1弾!

2017年05月06日 (土)

 

こんにちは!

 

今年もやります!福島ユナイテッドFCのりんご!

 

 

今年も大野農園さんとのコラボでりんごの木を生育することとなりました。

 

「りんごの木のオーナー制度」でクラブがりんごの木のオーナーとなり、

収穫までの作業を行います!

 

 

今回は、第1弾目の作業として、

平秀斗選手、橋本裕貴選手が参加しての受粉作業を行いました!

 

 

 

まずは、プラカードをしっかり立てます。

 

01

02

 

 

そして、花粉が入った瓶を装着します。

 

 

03

 

 

準備完了ですね(゜-゜)♪

 

04

 

 

 

 

大野農園の浅見さんにやり方を教えていただきます!

 

05

 

 

そして、さっそく受粉させます!

 

06

07

 

 

高いところも長い棒を使って進めていきます!

 

08

 

 

 

花が咲き始めた時期に行う受粉作業は、異なる品種の花粉をめしべにつける作業です。

 

 

ミツバチが運んでくれるだけでは間に合わないので

こうして人の手で1つ1つめしべに花粉をつけていきます。

 

 

これでOKです(^^)/

 

09

 

 

 

最後に、記念撮影です(^^)/パシャリ

(夕陽でまぶしい表情になっています(笑))

 

10

 

 

さて、次は花が果実に変わったところで摘果作業を行います!

6月頃の予定です!引き続きご注目ください!!

 

 

収穫するりんごは、「福島ユナイテッドFCのりんご」として今年も販売します!

 

販売価格や詳細は決まり次第お知らせいたします!

 

 

 

 

 

今週末はアウェイ富山戦!

2017年05月05日 (金)

 

こんにちは!

 

 

ゴールデンウィーク真っ只中!いかがお過ごしですか?

 

 

 

 

さて、本日のブログは前節の振り返り、

そしてカターレ富山戦へ向けた監督・選手コメントをお届けします。

 

 

—————————————————————————

 

◆田坂 和昭監督コメント

 

 

Q:リーグ戦初黒星後の練習で選手にどういう言葉かけをしたか?

A:「負けた原因はしっかりあるので、負けたことをしっかり生かさなければいけない。

なぜ負けたかというとうちが走っていないから。

密集という戦術の前に攻守において走る、

ひたむきに走るということが今季やらなければいけないことで、

そのベースができていないから勝てなかった。

次の試合はそれがないように」という話をしました。

 

 

Q:今後上位争いに残っていくために必要なことは?

A:もちろん目の前の敵を倒すために何をしなければならない、

というのはありますが、我々はチームとして成長しなければなりませんので

走る・戦うというベースの中、我々のサッカーを上位陣にしっかりぶつけていきたいです。

その中で駆け引きもあるかもしれませんが、

上位陣は今まで以上に難しくなるので、チーム力で上位と戦いたいと思います。

 

 

Q:富山の印象と戦いのポイントは?

A:映像を見る中で、前線の選手にスピード、技術、個性のある選手が多いです。

J1・J2でやってきた選手もいて、攻撃の迫力があります。

もちろん彼らも我々に最大限の力を出してくると思いますが、

その力以上を出さなければ簡単に勝てる相手ではないと思います。

 

 

vsRYUKYU_0268

 

 

—————————————————————————

 

◆岡田亮太選手(DF.2)コメント

 

 

Q:前節の敗戦で出た課題は?

A:監督が言っている通り、僕らはひたむきに戦うことが大前提なので、

振り返ってみるとそれが全然足りなかったと思います。

 

Q:現状の守備の課題をどう修正していきたいか?

A:密集をやっていく中で、攻守において、まずひたむきに走ることが大事で、

どうコンパクトにしてどこから取りに行くかを突き詰めてやっていくかだと思います。

前にかかるタイミングや、それに対する後ろの押し上げ、

蹴られた後の帰陣、全て徹底できれば大丈夫だと思います。

 

Q:富山戦への意気込みは?

A:まずはひたむきに走らないといけないので、走ることを大前提として、

その中で密集をどう作っていくか、どう守備のスイッチを入れていくかを

うまく徹底できれば勝てると思いますので、練習から突き詰めてやっていきたいです。

 

 

vsU23GANBA_0407

 

 

—————————————————————————

 

◆杉野 健斗 選手(DF.25)コメント

 

 

Q:前節のリーグ戦初先発を振り返って。

A:まず試合に勝つことができれば良かったのですが、負けてしまって悔しいです。

試合はそんなに緊張せずに入れたのですが、映像で見たらもっと走れたし、

もっとリスクを冒してできたかな、と思います。

まず走る、球際というところをもっと出していきたかったです。

 

 

Q:今後レギュラー定着のために必要なことは?

A:走力の部分や戦うところをもっとやっていかないといけませんし、

持ち味の前に出すボールなどをどんどん見せられれば良いと思います。

 

 

Q:富山戦への意気込みは?

A:まず試合に出られるようにしっかり1週間準備します。

リーグ戦は長いので負けることはあります。

負けが続かないようにしっかり切り替えて、勝てるようにもう1回自分たちが

やるべきひたむきさを出して試合に臨みたいと思います。

 

 

vsU23GANBA_0249

 

 

—————————————————————————

 

◆橋本拓門選手(MF.27)コメント

 

 

Q:前節の敗戦で出た課題は?

A:単純に密集の形、自分たちの形ができていなかったのと、

できていない中で最初の頃はできていた切り替えの部分や運動量も少なくて、

スピード感も最初に比べて全然無かったことが課題です。

運動量が足りなかったのは自分たち自身の気持ちの問題がありました。

首位ということでどこかで慢心があったのかもしれません。

 

 

Q:今後得点を増やすために必要なことは?

A:まず最初の頃できていた密集の形を作って、スピード感を上げること。

そしてまずはゴールを目指すことをやっていくのが必要だと思います。

 

 

Q:富山戦への意気込みは?

A:どの試合も大事だと思いますが、負けた後の試合はもっと大事になると思います。

富山にはなかなか勝っていないイメージがありますので、

自分たちの密集の形をどんどん出していきたいと思います。

 

 

vsU23GANBA_0281

 

 

—————————————————————————

 

 

 

富山まで行けない・・・!という方

 

Twitter速報、DAZNでCHECKして下さい(*^_^*)

 

 

 

今節も熱い応援をよろしくお願い致します!!

 

 

 

2017明治安田生命J3リーグ 第7節
5月7日(日) 13:00キックオフ
カターレ富山 vs. 福島ユナイテッドFC
@富山県総合運動公園陸上競技場

 

 

 

 

 

 

1/11
Top